スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crying Blood 「Animae Damnatae」

2010.03.28.Sun.09:51
2009年 Spain

Key入り5人編成Symphonic Black Metalバンドの3rdアルバム。全13曲53:18。
たき火の音? と女性の悲鳴のSEのみの#1に続く実質1曲目の#2はVoの絶叫&Melodic Deathを思わせるリフからスタートする。荘厳KeyをバックにBlast爆走!! その後はしばらくミドルが続く。VoはDani Filthを思わせる線の細い高音絶叫Grim Voice。ミドルに爆走を絡めた曲構成という感じか。
#3のイントロはやはりCOFを彷彿とさせる美しいシンフォKeyから始まる。0:48のメロディックGt疾走はなかなかエキサイティング!! 4:24あたりのキラキラKeyも美しい!! それに続く若干イモ臭い(笑)Gtソロも微笑ましくて良い!!
#5も実に美しいシンフォKeyソロから始まるが、続くシンフォニック爆走がまたドラマティック!! 堪らん!!
#7はアコギから始まり、へヴィなリフに不穏で狂気をはらんだ美しいヴァイオリンが絡む。どこかイタリアン・プログレ的でもある。おお、これは劇的神曲になる予感!? と思ったら1:30で終了(汗)。インターミッション的インスト曲ですた。
#9はシンフォニック2ビート疾走イントロがカッコイイ!! 美しく疾走!! 

前作は音は好みであるものの若干地味?な印象があったのだが、今作は曲のクオリティが上がっている印象だ。
悶絶級に「凄え!!」という曲はないが、Symphonic系が好きであれば満足のいく佳曲ぞろいのアルバムになっていると思う。
この調子で頑張って欲しい正統Symphonic Black!!


794.jpg
official
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。