スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEINRICHREICH 「Druid」

2010.03.20.Sat.12:58
2009年 Ireland

Jörg Heinrich氏によるひとりFolk/Black Metalプロジェクトの1stアルバム。全10曲34:20。
Heinrich氏は現在アイルランド在住だが、生まれはスロヴァキアらしい。
ひとりプロジェクトではあるものの、本作にはゲストミュージシャンが2名参加している(ホイッスルやパイプなどはゲストによるもののようだ)。
全体的に本作で繰り広げられているのはIrish Folk色濃厚なBlack Metalであり、のどかなFolkメロディと激烈Black Metalパートのコントラストが魅力的なアルバムとなっている。
いかにもFolkishなイントロダクション#1に続く#2はまさにそれを具現化した曲であり、アグレッシヴ2ビート疾走と邪悪Grim Voice、のどかなFolkメロディの融合が見事に果たされている。曲の後半はFolk色が消え、純BM度が高くなる。なかなかこの後半疾走パートはドラマティックかつエキサイティング!! ただいきなり曲が終わるのと、トータルが短めなのが残念か。
続く#3は静寂なイントロからメロウかつPrimitiveなGtが疾走!! カッコイイ!! この曲はFolk色がほとんどない。
行進曲のようなDrパターンから美しい Keyメロディが2ビート疾走する#5はかなりイムパクト大の名曲!! 0:42から切り込んでくるメロウなGtフレーズがまた抜群にカッコイイ!! 
#7はFolk色薄めのPrimitive Black……というよりはOld School Black色が濃厚な曲。VENOMとかBATHORYあたりを思わせる。なんだかこのアルバムの中では浮いているような気が(笑)。
#8は宗次郎みたいな(笑)霧立ち込める渓谷を思わせる美しいインスト曲。#7の後だけにより美しさが引き立つな(笑)。
#9は美しいイントロから汚いGtリフ(笑)に移行する序盤がかなり印象的(笑)。序盤は珍しくミドルテンポが続くが、中盤からアップテンポに。をっ4:16でBlast爆走!! リズム転換の妙が堪能できる曲だ。
ラスト#10も美しいインストをバックにアグレッシヴ2ビート疾走するカッコイイ曲!!

やはりこのアルバムでのBMパートというのは90年代以降のBMではなく、80年代のOld Black/Thrashがベースとなっているようだ。基本的にOld Black/Thrashはあまり好物でない俺だが、美しいインスト/Folkishパートによって巧みに味付けされている為、Melodic Blackとして高品質なものに仕上がっている。
大半の曲が2?3分台の長さとコンパクトすぎるのがなんか勿体ない気もするが(構成次第でより曲のスケールやドラマ性がデカくなるように思えるのだが)、まあダラダラと長いだけのつまらん曲よりは全然イイわな(笑)。
美と醜のコントラストが堪能できるハイクオリティIrish Folk/Black!!


792.jpg
official
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。