スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACHERONTAS 「Tat Tvam Asi (Universal Omniscience)」

2010.03.13.Sat.12:04
2007年 Greece

Key入り5人編成(GtのひとりがVo兼任)Black Metalバンドの1stアルバム。全8曲47:40。
このGt兼Voの名前がAcherontass氏なので、彼が中心メンバーと思われる(sの数が1つ違うが)。
ちなみにこのバンド、初期(1996?97)はWORSHIP、1997?2007年はSTUTTHOFと名乗っていた(STUTTHOFは以前当Blogで紹介済み)。
ヴァイオリンがフィーチュアされたクラシカルで荘厳なイントロダクション#1で本作は幕を開ける。イイ! しかしなんかこの時点でSTUTTHOFとはだいぶ印象が違うな(笑)。
しかし#2では邪悪で凶暴な、それでいてメロディもしっかりあるBlack Metalを聴かせてくれる。この辺ギリシャ産らしくてイイ!! スネアの音がほとんど聴こえないのが難点だが(苦笑)。うおっつ4:46からのGtメロディが激ドラマティックでイイ!! さらにこのメロが5:11からBlast爆走!! 堪らん!! じょばばばばばーーーーーーーっっっ!!!(久々に失禁)
#4では中盤でオリエンタルなKeyメロが疾走!! これはなかなかのイムパクト!!
#5は美しく叙情的なピアノによるインスト曲。
#6はアグレッシヴなシンフォニック爆走チューン!! ピアノ曲の後だけにことさらカッコよく聴こえるな。この曲配置は見事!! 途中から心が洗われるようなシンセパートが入り、そのまま最後まで(笑)。
#7はチャーチオルガンチックKey乱舞から始まるBlast爆走Symphonic Blackチューン!! 何故かアルバム後半曲でKeyが目立っているような?(笑)そして極めつけなのが1:55!!大仰クサ勇壮Gtメロディが大放出!!!! ここ堪らん!! オオッ!! イク!! イクウウウううううううーーーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!!!! びゅるっ!! びゅるびゅるびゅるうううううううーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!! 終わり方も荘厳でクラシカルだ。
ラスト#8はシンセによるアウトロ的インスト曲。

Keyメンバーがいながらも基本はあくまでGtメインのBlack Metalなのだが、STUTTHOFと比べるとだいぶメロディック&ドラマティックな音になっているという印象を受けた。とにかく#7が最高!!!
この調子で素晴らしい作品を聴かせ続けて欲しい!!


img788.jpg
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。