スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BEEROTH 「Himnos De Ceremonia Funebre」

2009.11.23.Mon.08:56
2007年 Mexico

HORTORにも在籍しているAzmaveth氏(Vo & All Instruments)とAdunamyさん(Female Vo)による2人編成 'Black' Metal(クリスチャンBM)バンドの1st Demo。全6曲26:52。本作にはAdunamyさんのクレジットはなく、本編中にも女性Voは入っていないようだ。この頃はまだAdunamyさんは加入していないと思われる。まあ実質上はAzmaveth氏の1人プロジェクトなんだろう。ちなみに俺が所持しているのは再発盤で、オリジナルは03年リリースらしい。
音はHORTORとほとんど変わらない、Keyをフィーチュアした、しかし音質極悪のSympho系……Raw Symphonic Blackとでも呼ぶべきだろうか?
Azmaveth氏のVoはかなり邪悪度満点の金切り声&唱法で、なかなか迫力がある。これは音質の悪さがプラスに働いていると思う(笑)。
#2や3などはKeyの良さを活かしたイントロがドラマティックで実に素晴らしい!! しかしやはりこの音楽性でいくのならもっと音質を良くするべきではないか? と俺などは思ってしまうのだが……(苦笑)。
#3、4あたりはHORTORの音源でも聴いた覚えがある曲だ。ヴァージョンは違うが。……しかし#3がブツ切れで終わってしまうというのは何とかならなかったのか!?(血涙)
#5序盤の爆走パートなどは、かなりPrimitiveな味わい&破壊力がある。それでいてKeyが大々的にフィーチュアされているというのが個性といえば個性かも。
ラスト#6もKeyのソロパートがかなり荘厳で印象的だ。音の悪さが70年代Progressive Rock 的な味わいを醸し出しているのが面白い(笑)。

09年に1stフルもリリースされている。俺もいずれ入手したいと思う。
この1st、ジャケは美麗で素晴らしいのだが、音は極悪なままなのだろうか? 非常に気になる(笑)。


img766.jpg
myspace
コメント
Beerothの1st、やっぱり音は恐ろしくプリですよwww
それにオペラティック女性Vo.とかが絡んだりするのですから、ある意味狂気の世界ですねwww

ちなみに、Slechtvalkのカヴァーしてるのですが、
わたしの大好きな From Behind fhe Treesを演奏してくれてるので、
かなり嬉しくなってしまいましたwww
ちなみに、この曲、音が極悪プリなこと以外は原作に忠実なので、勿論女性Vo.入りですw
>マリアくん
をを、やはり君は既に入手しておったか(笑)。
やはり1stからAdunamyさんが参加してるっぽいね~。
Keyは入ってるのかな?

Slechtvalkのカヴァーってのがまたマニアックなww
クリスチャンBM同士だっけね?
Key、勿論入ってますよ!
ただ、アングラ感漂う音質なので、
私はTriumphatorの③のイントロみたいな印象を受けましたw

Slechtvalkは、確かにChristian Blackですよねw
やっぱり普通のBMはカヴァーしたくないのでしょうかwww
>マリアくん
↑でも書いてるけど俺なんかはシンフォならもっと音良くしろよとか思うんだけど、逆にシンフォをあまり好まないBMラーの中には「この極悪音ならおK」という人もいるかも知れんよね。

やっぱ普通のBMカヴァーだとポリシーに反するんだろうね(笑)。
本家HORTORも今年新譜をリリースしてるし、この調子でアングラシーンを盛り上げていって欲しいものです!

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。