スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORNIAS 「Death Bringer」

2009.08.08.Sat.11:32
2007年 Sweden

ん?地味なジャケだ(笑)。
個人的にこのテのジャケにはあまり惹かれないのだが、試聴してみたら悪くなかったのと、安かった($6USDくらいだったか)ので購入。
トリオ編成(GtとDrがそれぞれBa兼任)Black Metalバンドの1stアルバム。全10曲36:02。現在はVoが脱退して2人編成となっている(GtがVo兼任)。
盤を取り出すとトレイ下に死体? の写真があって引いた(汗)。ただ顔に血が付いている程度でGoregrind系のようなグログロ写真ではないのでひと安心(笑)。
ジャケの印象からはBrutalなFast Blackを想像させるが実際の音はそんなことはなく、薄っぺらいリフを主軸に据えた、随所でメロウなGtが堪能できる正統的SwedishスタイルのBlack Metalであった。
#2のメロディックBlast爆走パートを聴いて予想以上に自分好みの音で安心した。
Voはかなり迫力ある化鳥系絶望絶叫Grim Voice。このVoが脱退してしまったのは残念だな……。
#3スローパートでのメロディアスなGtフレーズも良いな。
序盤スローテンポから突如メロディック爆走に雪崩れ込む#4もカッコイイ!!
#6、7あたりはSwedish特有の浮遊しているようなメロウなGtフレーズが印象的だ。
#9の叙情的でメロディアスなイントロはひときわ耳に残る。しっかりBlast爆走パートもありますよ。
ラスト#10はクリーンGtによるミドル?スローのインスト曲。アウトロ的な曲かな。

ちなみにマイスぺでは新曲が聴ける。音もクオリティも変わってないようでひと安心。
禍々しさとメロウさが同居する正統Swedish Black!!


img759.jpg
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。