スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KIRCHENBRAND 「Abgründe」

2009.04.26.Sun.19:43
2008年 Austria

Thy NemesisのメンバーでもあるChristcrusher氏(Vo、 Gt、Ba)とPercht氏(Dr)による2人組Black Metalユニットの1stアルバム。全8曲40:58。ちなみに同名Black Metalバンドがドイツにもいる。
RawでPrimitiveだがメロウなGtリフ、エコーの効いた邪悪で荒々しいVoが特徴か。Thy NemesisよりもPrimitive度、ポンコツ度が強く感じられる(笑)。
しかし#1の中間部あたりで聴けるような、流れていくような感じの疾走Gtメロディには欧州産バンドならではの魅力を感じ取ることができる。リズムに関しては基本的に爆走チューンが多いが、やや単調な感じがするのとスネアの音が迫力に欠けるのが難点か。
#3はミドルパートに於ける哀愁Gtメロディが妙にキャッチー(笑)で耳に残る。
#4はクリーンGtが部分的に使われていて、RawなGtリフとの対比が効果的だ。
#6も爆走チューンだが、終盤近く5:03からの薄メロディック爆走がカッコイイ!!
#7も荒涼感溢れる爆走チューン!! ミドルパート3:40あたりのメロがまた妙にキャッチー(笑)。
ラスト#8も爆走しまくり激エキサイティング!!

邪悪でありながらキャッチーさもあるMelodic Primitive Black!!


img727.jpg
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。