スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MORPHEUS 「Extermination Of The Dominant Species」

2009.04.22.Wed.22:16
2007年 Greece

ん?実に買う気が起こらんジャケだ(爆)。
しかしコレがなかなかイイ!!
Key入りツインGt6人編成Symphonic Black/Death Metalバンドの1stアルバム。全12曲59:39。ちなみに同名バンドが他に9つほど存在する(汗)。
#1は大仰かつ壮大なKeyオーケストレーションによるクラシカル・シンフォニックなイントロダクション。女性コーラスが入るところなど初期COF的だ。期待に胸が高まる!!
続く#2はDeath Metal的アグレッシヴなへヴィ・リフ&爆走&Low Growlが襲いかかる!! それでいてバックでは壮大なKeyが鳴り響いている。途中から絶叫Black Grim Voiceも入ってくる。かなりピコピコいうKeyが好き嫌いを分けるかも知れないが、俺は曲がカッコイイのでさほど気にならない。曲がいったん静止して3:12あたりから入るKeyソロパートもひたすら壮大でイイ!! そして再びアグレッシヴ&シンフォニックに攻め立てる!! 4:42からシンフォニックBlast爆走!!
#3になるとDeath色よりもSymphonic Black色のほうが強くなる。よりCOFっぽいか? しかしKeyの使い方はCOFより派手かもな。イントロや間奏でピアノが大活躍している。4:25からのKeyパートは80年代以降のProgressive Rock的な(分かりづらいか? 汗)夢幻的な魅力がある。
#4はけたたましいシンフォニック爆走イントロがイムパクト大!! 今度は序盤はへヴィ・リフ&Low Growlから始まる。Death Metal的Brutal爆走の後、今度はCOF風に絶叫&2ビート疾走!! いやいや目まぐるしい展開だ(笑)。飽きさせんわ。3:11からのシンフォニックKeyもイイ!!
#6はチェロ&アコギ&男女ノーマルVoによる小曲。実に厳かでイイ!! Gothic Metalファンにもアピールしそうな曲だ。
#8はBlast爆走しまくりハイテンションアグレッシヴチューン!! 特に後半3:06からの爆走パートはかなりエキサイティング!! 当然シンフォKeyや泣きのGtもありますよ。
#10は2:00ジャストからの男女コーラス&爆走パートがかなりCOFっぽい(笑)。まあ気にしなければかなりドラマティックでカッコイイ!!
#11も劇的シンフォアグレッシヴハイテンションチューン!! 3:00からのGtソロが聴かせる!! さらにチェロがちょこっと再登場!! クラシカル堪らん!! じょばばばばばばーーーーーーーーーっっっ!!!! その後はひたすらアグレッシヴに疾走&爆走!! Low Growlと絶叫Grim Voiceのバトル!! 激エキサイティング!!
ラスト#12はアウトロっぽいKeyとGtメインのインスト。

シンフォニック&クラシカルなKeyとBlack Metal、Death Metalのアグレッションがハイテンションかつ見事な融合を果たしている。初期COFにDeath Metalの攻撃性を導入したような音をイメージして頂ければよいかと思う。マルタのMARTYRIUMにも近いかな(つっても分からんね笑)。しかしギリシャ産でシンフォって珍しいな(笑)。
美しくも暴虐的なSymphonic Black/Death!!


img728.jpg
official
myspace


コメント
おお、こりゃまたなかなか高品質なシンフォブラックですねー!
マイスペ聴いた限りだとちょっとデジタルな感じのシンセも入ってますよね♪

ギリシャというと、Septicfleshと、あとアトモスフェリックブラックのNocternityぐらいっすかねw
>KENさん
そうですね、デジタルな感じは個人的には好まんのですが、これだけカッコイイ音に仕上がってれば文句ナシでしょう!
いやいいバンドだ(笑)。

NOCTERNITYとはマニアックな(笑)
今も頑張ってるのかな?

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。