スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HELVETE 「Warmasters」

2009.04.01.Wed.22:10
2008年 Mexico

ここんとこ白黒ジャケのアルバムが続いております(笑)。白黒ジャケというと大抵はPrimitive/True BlackかDepressive系というイメージが強く、ウチでここ最近紹介したアルバム群もどちらかというとTrue Black寄りの音だった。が……このアルバムは違う。
このジャケでSymphonic Blackなのだ(爆)。
Key入りツインGt6人編成Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。全8曲36:33。うち4名は以前ウチで紹介したBlack Abominationのメンバーでもある。このHELVETE、同名バンドが他に5つほど存在する。まあありがちなバンド名ではあるな(笑)。
ひたすら大仰で荘厳なイントロダクション#1から幕を開け、#2は剣を打ち鳴らすBattleなSE&絶叫&勇壮さも感じさせるシンフォニック2ビート疾走から始まる。さらにBlast爆走!! カッコイイ!! しかし音は良くないな(汗)。Drもあまり上手くないかも(汗)。しかしイタリアンシンフォ系を思わせる中世チックKeyが味わい深くて◎。ピアノも美しくドラマティックに活躍してます。後半部?終盤のKeyは北欧風の寒々しさがあってイイ!!
#4は序盤でPagan/Viking系を思わせる雄叫びがあったりしてちょっと新鮮。終盤のシンフォニック疾走&爆走もかなりエキサイティング!! 
#5はちょっとCOFのパクリくさい疾走パートがあったりもするが(苦笑)、そこさえ気にしなければかなり劇的&アグレッシヴな本作中のハイライトチューンだと思う。
#7のかなりチープ感溢れるKeyも微笑ましいな(笑)。

音質の悪さも含め、俺は何となくイタリアのNAZGULを思い出した。まああそこまで徹底したクサ大仰サウンドではないが。
メキシコ産としては珍しい? 劇的爆走Symphonic Black!!
プリ好きでシンフォ嫌いな人はジャケに騙されないよう注意!


img710.jpg
myspace
audiostreet
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。