スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nox Mortar 「Between Heresy, Blasphemy And Hate」

2009.03.29.Sun.21:30
2008年 Mexico

ツインGt5人編成Black Metalバンドの1stアルバム。全7曲40:11。
基本的にWar Black系のRawなGtリフで突っ走るViolentなスタイルだが、部分的に聴かせるメロウなパートもある。アウトロの#7を除く全曲が6分?7分台のプチ大作志向。
#1はミドルパート5:05からの妙にキャッチーなコーラスパートが不気味(笑)。
#2は2:23で爆走から突如叙情的パートに突入したりと、意外に工夫が凝らされている。Voは基本絶叫Grim Voiceだが、この曲では後半部分的にLow Growlが入ったりもする。
うおっ#3序盤のメロディック疾走は哀愁Gtがなかなかカッコイイ!! 2:18からのMaidenを思わせるメロディック疾走もPower Metallicでイイな。2:49からの展開も狂おしいGtフレーズの乱舞がドラマティックで堪らない!! 3:59からのややネオクラ寄りGtソロも聴かせる!! この曲はかなり聴かせどころ満載だ。
#4は序盤のへヴィなリフ&ミドルテンポがThrash的で異色な印象を残す。しかし後半4:32からのメロディック爆走がまたカッコイイ!!
#5は序盤でややPaganチック? な漢臭い詠唱がちょっとだけ聴ける。この曲もリフはDeath/Thrash的だな。VoはBMなんだが。しばらく2ビート疾走の後2:58から突如ネオクラGt乱入!! イイ!!
#6はスローパートと爆走パートの対比が印象的な曲。前半地味な感もあるが、後半スローパート5:27あたりからのGtソロがドラマティック!! クライマックスに相応しい展開だ。
ラスト#7はアウトロ的小曲。

一見地味なようでいて、いろいろ工夫が凝らされている点が好印象だ。
なかなか良質なBlack/Death!!


img718.jpg
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。