スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ethereal Sin 「..The Abyss will also gaze into thee」

2009.03.08.Sun.13:01
2009年 Japan

元Eternal Forest?SHADOWのYama Darkblaze氏(Gt)率いる女性Key、女性Grim Vo入りツインGt6人編成Elegiac Black Metalバンドの待望1stアルバム!!
#1は荘厳で大仰なシンセによるイントロダクション。聴き手の期待を煽る出だしだ。チャーチオルガンチックKeyと語りが神秘的な味わいを出している。
続く#2は荒涼感に満ちたややPrimitive寄りかつメロウなGtリフ疾走から始まる。ドラマティック!! Keyがキャッチーな味付けをしているな。0:57から絶叫&悶絶メロディック爆走!! ここ堪らん!! 憎しみを吐き捨てるような邪悪さ満点の女性Grim Voがイムパクト大!! それと対照的なオペラチック男性&女性ノーマルVoもイイ!! 後半のピアノからのメロウなGt+疾走&Blast爆走パートひたすらカッコイイ!! 
#3は欧州Melodic Metalを思わせるキャッチーでメロディアスなGt&Keyから始まる。即2ビート疾走!! 大仰なKeyの味付けがドラマティック!! 特に1:08あたりで疾走リズムに絡むKeyはスリリングだ。中盤で聴ける女性ソプラノVoも美しい。その後の正統HMチックGtがクサくていいぞ!! ややショボめではあるが(笑)。BM度は低めで、Grim VoによるSymphonic Power Metalといった感じの曲だ。
#5は序盤のダークでミステリアスなGtリフ&Blast爆走がカッコイイ!! 邪悪な女性Grim Voと幽玄な女性ソプラノVoとのコントラストがいい味を出している。2:07からの爆走パートでの荘厳なKeyもイイな。この曲はBMとしての暗さ、荘厳さ、シリアスさを持つ佳曲だと思う。
#6はシンフォニック爆走パートが荘厳かつ攻撃的でイイ!! この曲も#5同様BMの暗黒性が前面に出た曲だ。
荘厳シンフォニックKeyと語りによるインターミッション#7に続く#8は、イントロでの彼らにしてはややへヴィなリフがなんか新鮮(笑)。オオオッ1:08からのシンフォニックBlast爆走が壮大激エキサイティング!! しかしなんかこの曲だけDrが他の曲よりタイトに聴こえるのは気のせいか? 
#9はクリーンGtと美しい女性Voによるアウトロ的な曲。
#10、11は98年リリースDemoの曲をボートラとして収録。
Gtの音がペラいが、Primitive Black的な味だと思えば大した問題ではないだろう。やっぱ哀愁メロディックGtから絶叫&Blast爆走に雪崩れ込むイントロが素晴らしい#11「Time When My Requiem Blow The Mourning Winds」は名曲ですな!!

German Metalの影響を受けているだけあって、リズムは2ビート疾走が多いのが特徴か。個人的にはBlast爆走をもっと増やして欲しい気もするが。あとGtメロにもう少しインパクトが欲しかったかな。
サウンドプロダクションに若干のショボさを感じるものの、曲はよく練られていると思うのでMelodic/Symphonic Black Metalが好きであればまず満足できるアルバムだろう。あとBMの邪悪性、暗黒性に抵抗がなければMelodic Deathファンもイケると思う。
今後も頑張って欲しい日本では貴重な欧州志向Melodic/Symphonic Black!!


227650.jpg
official
myspace
コメント

昼間ゆっくり聴く時間がなかったから、おふとんに入ってからイヤホンで聴いたんだけど、
曲にコーフンして眠れなくなってしまいました。←ちょっと予想してた(笑)。
メロディがたまらんデス……。待っていた甲斐がありました……。

朝の通勤時に聴くと、気合いが入っていいかもしれないなぁ。

>YUMIKAさん
寝不足ですか?(笑)
期待通りの素晴らしいアルバムでしたね! 俺は特にKeyやコーラスが印象深かったですね~。
ESには「こういうBMもあるんだぞ!」という感じで頑張って欲しいものです!

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。