スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scars of Chaos 「Daemonic Alchemy」

2008.12.30.Tue.23:14
2005年 France

このロゴはBlackよりもPower Metal系が似合いそうな感じですな?。裸女ジャケということで、大きく見られるようにしました(爆)。
Key入り5人編成Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。全9曲43:44。本作収録時はKey入りツインGtの6人編成だった模様。以前はDaemonic Alchemy、さらにその前はPLAGUEと名乗っていたらしい。
音はAnorexia Nervosa辺りをお手本にしているんだろうな、と思わせるSymphonic Black。シンフォニックでありながら暴虐性もしっかり備えているBlack Metalだ。
#1は思わず引き込まれそうなスぺーシーでファンタスティックなKeyイントロから、割とへヴィなGtリフがなだれ込む。Voは正統Black Grim Voiceだが、部分的にLow Growl寄りのVoも入る。Keyは出しゃばり過ぎず引っ込み過ぎずという感じで、適度なシンフォニックさを保っている。基本ミドルチューンだが、2:25で短めの2ビート疾走が入る。ここカッコイイ!!
#2はアップテンポの序盤がなかなかスリリング!! 爆走パートもあり、荘厳さと暴虐性の二面性がよく表れた曲だ。
#3はblast爆走が部分的にだが頻繁に入り、暴虐度高めな印象。終盤のシンフォニック爆走はエキサイティング!!
#4はアコギソロから入る異色? な曲。しっとりとした叙情性。……アコギちと長いな(汗)。1:39からやっと本編に入る。この曲はLow Growlの出番が多いかな。
#5はProgressive Rock的な味わいのKeyワークが中盤で堪能できる。この曲はKeyが主役と言っていいかも。
後半も同様に殺傷力を秘めたシンフォニックサウンドが炸裂していく。後半曲のほうがやや暴虐度高めかな? blast爆走多めな印象。

決して全編爆走しまくるタイプのバンドではないのだが充分アグレッシヴな印象を残すのは、恐らくGtリフがBMとしてはややへヴィでストロングスタイルのものだからだろう。Low Growlを織り交ぜたVoやタイトなDrプレイも暴虐性のキープに貢献していると思う。
Anorexia Nervosaが好きなら充分楽しめるであろうSymphonic Black!!
なお、07年に既に2ndアルバムをリリースしている。


img679.jpg
official
myspace
コメント
Scars Of Chaosはアノレクタイプのシンフォブラですよねー♪このアルバムはオルガンの音が活躍してますよね↑

2ndは更にクオリティ上がってますよー↑Anorexia Nervosaにかなり近づいた感じですw
>KENさん
おお、既に2ndもお持ちですか!
流石ですな(笑)。

EMPERORでもDimmuでもCOFでもなくアノレクタイプという微妙なさじ加減がこだわりを感じさせますね(笑)。

俺もそのうち買わんと(汗)。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。