スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOLKVANG 「On the Wings of Destiny」

2008.11.04.Tue.22:15
2005年 Belarus

Wind氏によるひとりPagan Black Metalプロジェクトの2ndアルバム。全5曲45:48。大作志向で、最も短い#3で6:37、最も長い#5は13:21ある(汗)。
#1はスローテンポにメランコリックなGtメロで始まる。このメロ哀愁でイイ!!2:13から寒々しくblast爆走!!Gtリフはプリ寄りですかな。Voは結構邪悪ヴォイス(笑)。ミドルパート3:16あたりから入る何処かメルヘンチック(笑)なほのぼのしたKeyアレンジ&アコギがまたいいッス!!4分過ぎあたりで再びblast爆走!!ここのリフ、薄メロ&勇壮系で血を高揚させる!!終盤疾走パートは薄メロプリ系のリフだ。
#2序盤はスローテンポにプリなリフ。ん?退屈かなと思ってたら2:00ジャストからメロディックblast爆走!!カッコイイ!!これでスネアの音に迫力があれば最高なんだが……。
#3もメロプリ爆走パートがカッコイイ!!
#4は叙情的クリーンGt?ミドルテンポメランコリックディストーションGtによる序盤が印象的。1:36からメロディック爆走!!ミドルパート4:48からの叙情Gtも感動的!!
ラスト超大作#5は叙情的なピアノから始まる……と思ったら、13:21最後まで延々ずうっとコレだった(爆)。長すぎだろ!!

まあラスト曲が長尺すぎる点を除けば、なかなかカッコイイMelodic Primitive Pagan Blackアルバムと言えるだろう!!


img617.jpg
official
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。