スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASTAARTH 「Gloria Burgundia」

2008.09.28.Sun.19:37
2007年 France

Lord L. Moloch氏(Vo)とLord Gondebaud氏(All instruments)による2人組Black Metalユニットの2ndアルバム。全7曲57:02。10分前後の曲が多数ある大作志向だ。
#1は小鳥の囀り?荘厳なKeyの音?剣を打ち鳴らすWar BattleなSEから始まる!!血が騒ぐ!!3分ほどして本編が始まる。バグパイプの音と共に爆走!!ドラマティック!!しかしスネアの音がショボいのが残念か。バックのKeyも壮大感アップでイイ!!ヴァイオリンなんかも入りますよ!!爆走&疾走リズムに荘厳シンフォニックなKey、そして時折入るどこか宗教音楽的な低音詠唱Voも印象的だ。疾走のさなかいきなり9:49で静止してどこかで聴いたことあるトラッド民謡の歌メロが乱入!!ここ素晴らしい!!!
#2は初期Dimmu Borgirや初期Limbonic Artを思わせる劇シンフォKeyによるイントロがミステリアス。即2ビート疾走?blast爆走!!堪らん!!1:30からアコーディオンが入りFolkish疾走!!女性Voも入りますよ!!ちなみにこの女性Voやヴァイオリン、バグパイプ、アコーディオン、フルートといったFolk系楽器の多くはゲスト・ミュージシャンによるものらしい。ノーマルVoパートの歌メロも覚えやすく印象的だ。
#3も後半部で聴ける女性VoやFolkish爆走パートが素晴らすい!!
#5の5:28から入るヴァイオリンがまたイイ!!聴きほれちゃいますよ。その後のシンフォニック疾走+詠唱パートもドラマティック!!この曲も終盤で民謡チックな合唱が入るぞ!!
#6は正統Symphonic Black爆走チューン!!このオーソドックスさが逆に新鮮だ(笑)。でもやっぱしバグパイプとか入るんだけどね(笑)。うおっ3:06から入る疾走ヴァイオリンが実にスリリング!!
ラスト#7は純Folkなアウトロ的インスト曲。

全体的に初期DimmuやBal-SagothのようなKeyまみれSymphonic Blackに、Folk要素を多量にプラスした音をイメージして頂くとよいだろうか(いや、Folk Blackにシンフォ要素を加えた音と言うべきか?)。意外とこういうバンドっていなかったかも?ええ、Gtの存在はえらく地味です(爆)。
荘厳ドラマティックさと牧歌性が同居するSymphonic Folk Black!!!




ちなみに俺、Folk楽器はあんま詳しくないのでどこのパートがどの楽器とか、記述が間違ってるかも知れんのであんま信用しないように(爆)。


img629.jpg
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。