スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRAMARY 「Suffocation」

2008.07.25.Fri.22:13
2006年 Finland

GAMMA RAYではありません(笑)。
Key(Shape of Despairのメンバー)入り4人編成(GtがVo兼任)Black Metalバンドの1stアルバム。全7曲40:08。現在はKeyが脱退してGtがひとり加入し、ツインGt4人編成となっている。
音はいかにも北欧風のFast Melodic Blackなのだが、blast爆走パートなどかなり気合が入っていて(特に#2などは激エキサイティング!!)暴虐性も充分に備えている。Voは高音絶叫化鳥系で、泣き喚いているようにも聴こえる(笑)。
北欧産らしい寒々しいKeyが楽曲のドラマ性を高めている。このKeyが脱退してしまったのは実に残念だ。次作では音が変わってしまう恐れがあるな……。また、アコギ(Baが兼任)も優れた演出効果に一役買っている。
Gtもなかなか頑張っていて、#5中盤3:05からのメロディック2ビート疾走はどっかで聴いた感もあるが(汗)、それを気にしなければ実にカッコよくエキサイティング!!
ラスト#7はアコギのみのインスト兼アウトロ。美しい!!

実に寒々しくドラマティックな北欧Cold Black!!


img610.jpg
official
myspace
コメント
ほうほう、myspaceで試聴してみましたが、初期のEmperorやDimmu Borgirっぽいところもありますねー。
流石北欧ですね↑
>KENさん
確かにEMPERORとDimmuを足して2で割ったような感じもありますね~。
所謂フィンランド産からイメージされるメロ系とはちょっと違うのが意外というか新鮮というか。

「高音絶叫化鳥系」って!(笑) 初めて見ましたが、確かに……。

私はコレ系のVo.は人が助けを求めているようにも思えます。
「救助要請泣き喚き絶叫系」?←なんだコレは……。

>YUMIKAさん
確かに助けを求めているような悲痛な叫び声ですよね(笑)。

>「救助要請泣き喚き絶叫系」?
こっちのほうが分かりやすいかも(笑)。


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。