スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FARSOT 「IIII」

2008.06.01.Sun.22:38
2007年 Germany

ん?実に購買意欲をそそらないジャケだ(爆)。
しかし試聴してみたところ、なかなか自分の好みっぽい感じだったので購入。
Key入りツインGt5人編成(BaがKey兼任)Black Metalバンドの1stアルバム。全7曲42:35。
メンバー全員が3818.wだのPi: 1T 5rだの、変な記号のような名前を持っている。
#1は独逸産にしてはやや乾いたGtリフと爆走リズムで幕を開ける。しかしすぐに独逸らしいメロウなGtフレーズが絡みつく!うん、ばっちりメロディック爆走していてカッコイイ!!VoはLow Growlというほどではないが、低音域中心のGrim Vo。初期Dark Fortressにも近いスタイルだな?と感じたのだが、どうやらD.FのV. Santura氏がミックス&マスタリングを手掛けているらしい。道理でな(笑)。
#2はよく分からん1分強のSE。
#3も爆走チューン!!イントロからメロディック爆走!!うぶおっコレかなりカッコイイ!!さらに0:27からのメロ展開に悶絶!!ウキイイイイイーーーっっ!!!しかし中盤はミドル?スローな展開に。それでも聴かせるパートはしっかりとあり、ダレることはないが。後半再びメロディック爆走!!
#4もよく分からんSE(笑)。曲間にこういう音を挟みこむアルバム構成のようだ。
#5はクリーントーンGtを絡めたスローテンポで始まるが、哀愁Gtメロがしっかりあるので退屈しない。2:14から爆走!!さらにメロディックGtが絡みつく!!イイ!!クリーントーンスローパートとメロディック爆走を上手く交互に配した曲構成となっている。
#6も例によってインターミッションだが、今度は美しいアカペラ女性Voによるものだ。
ラスト#7は爆走あり、ミドル?スローパートあり、美しいピアノ・ソロパートありと、場面転換の多い聴き応えのある曲だ。なんと20:40の超大作!!しかし長いなりに考えられた曲構成になっていると思う。ミドルパート8:37あたりから除々にテンポが速くなり、疾走?blast爆走になるパートなどは実にスリリング!!

マイスぺにはBlack Metal/Progressiveとあるが、個人的にはあまりプログレっぽさは感じなかった(大作#7が強いて言えばプログレ的か)。
普通にGerman Fast Melodic Blackと呼んでも差し支えない音だと思う。


img141.jpg
official
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。