スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ur Falc'h/Heretic Blood 「Sur Le Chemin De La Noirceur」

2008.05.24.Sat.00:16
2006年 Canada

Brume d'Automneでも活動しているAthros氏&Nordet氏による2人組NS Pagan Black MetalユニットUr Falc'h(以前はNORDMENという名で活動していた。2003年発表のDemoがCD化されている)と、Moribond氏&Arcannos氏による2人組Black MetalユニットHeretic BloodのSplit盤。全12曲64:20。
#1?6がUr Falc'h。ロゴかっこいい!
#1は軍歌っぽいリズムと「オ?オ?オ?」という勇壮詠唱によるイントロダクション。
#2はRaw Primitiveでありながらもメロウなリフと笛の哀愁メロディが印象的な曲。マウスハープも使用されている。リズムはスローテンポと爆走を交互に織り交ぜた構成。この曲でも「オ?オ?オ?」が聴ける(笑)。
#4もスローテンポに哀愁笛メロが心に染みる曲!!もの悲しいわ?。しかしその後即爆走!!哀愁と爆走の場面転換の妙が素晴らしい!!哀しみと怒り!これぞBlack Metal!!笛だけでなくGtもなかなか哀愁メロを聴かせてくれますよ♪
#5もイントロの哀愁メロと、それに続くいかにもPagan/Folkチックな田舎臭い(笑)メロがいい感じのスローチューン。
#7?12がHeretic Blood。
#7はKeyのみによるアンビエント調イントロダクション。
#8はUr Falc'hよりやや重いリフとスローテンポで始まり、徐々に疾走?爆走パートへと移っていく。3:50あたりでGtも泣きだし、メロディック疾走が堪能できる。しかしスネアの音が重いせいで、やや疾走感が殺がれてしまうのが残念!
こちらのHeretic Bloodは、リフ主体のTrue Blackという印象か。笛等は使用されず、あくまでGtオリエンテッドのスタイルといえる。薄メロではあるが随所にメロウなパートもあり、しっかりドラマ性も感じ取れる。個性こそないものの好感の持てる正統派だ。
ラスト#12もアンビエント調のアウトロ。

Ur Falc'hはこのSplitの後2007年に1stフルをリリースしているが未聴。
こちらもいずれ入手したい!!


img068.jpg
Ur Falc'h official
Ur Falc'h myspace
Heretic Blood myspace
コメント
私も少し前にこれ入手しましたが、Ur Falc'hは中々良い感じでした。
Heretic Bloodも良いんですけど、前者の方が個人的に好みでしたね。

私もNordmenのCDは持っているので
いずれUr Falc'hの1stも入手したいですねー。
>黒助さん
Splitってメンバーが被ってるか、音が近いバンド同士というパターンが多いと思うんだけど、コレはそのどちらでもないという珍しいケースですかね?
Ur Falc'hのほうが即効性が高くてファンも増えそうなタイプでしょうか。
私はどちらもなかなか頑張ってるなと感じましたが。

実はUr Falc'h=NORDMENという事実は昨日初めて知りました(爆)。
>SHADOWLORDさん
そういえばそうですね。
あんまり音楽的にも似てるわけじゃないですし、メンバーも被ってませんね。仲がいいんですかね?w

やっぱ個人的に笛とかが入ってる方が好きなんですよw
Heretic Bloodの方も勿論良いんですけど

Ur Falc'h=NORDMENはNORDMEN買って調べた時に知ったんですが、結構音楽性違いますよねー。


>黒助さん
きっと仲良しなんでしょうね~(笑)。
カナダ産で笛系ってなんか珍しいような?気が。

Ur Falc'h=NORDMENはリンクさせて頂いてる燕龍茶さんのブログにも書いてありました(汗)。
NORDMENのほうがTrue Blackな音だったような気が?
>SHADOWLORDさん
カナダ産で笛系ってなんか珍しいような?気が>確かにそうかもしれないですね。
私のイメージとしてはウォーブラック系が多いような印象ですね。
Sorcier Des Glaces とかUnexpectとか
Magister Dixitみたいな私好みのバンドも多いですがw

NORDMENはそうですね、ノルウェージャンブラック直系な感じの音ですかね。


>黒助さん
カナダってそんなに思い入れはないんですが(笑)最近はアタリのバンドが多くて「おお、こんなに好みのバンドがいたんだな~」なんて今更ながら思ってます。

Magister Dixitは2007年の新譜をつい最近やっとオーダーしました(汗)。
UNEXPECTは2ndのプログレッシヴでテクニカルな音がやたら評価高いみたいですが、私は1stの分かりやすい音が好きだったなぁ……。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。