スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMENOPHIS 「Chapter II - The Element of Torture」

2008.03.29.Sat.10:32
2005年 Canada

Key入りツインGt6人編成Melodic Black Metalバンドの1stアルバム。全13曲44:56。ちなみにUKに同名のDeath/Black Metalバンドがいた(現在既に解散)。残念なことにこちらのカナダ産AMENOPHISも既に解散してしまっている。
このバンド名はどうも日本語で言うところの「アメンホテップ(古代エジプトの王)」を意味しているようで、歌詞もエジプト神話あたりを素材にとっているようだ。ジャケもそんなんだしね(笑)。1stなのにタイトルが「Chapter II」だが、実はこれの前にリリースされた4曲入りミニが「Chapter I: Winds of Lethal Essences」というタイトルだったそうな。
#1はKeyによるいかにもオリエンタルでエジプタンな(笑)イントロから始まる。Dani Filthばりの高音絶叫喚きVoが入り、即2ビート疾走!!その後blast爆走もあり!!部分的にLow Growlも入る。後半スローパート3:25からのメロディアスGtが聴かせる!!うん、ドラマティックでなかなかカッコイイBlack Metalチューン!!
そして最高級悶絶キラーチューンが#4!!
叙情的で壮大なKeyのイントロから入り、序盤はまあ普通なんだが(笑)2:25からシンフォニック爆走!!そして2:42から必殺悶絶メロディックGtフレーズ乱入!!狂おしくメロディック爆走!!ここ堪らん!!堪らなすぎる!!うゥン、イイっ、イイわっ!!
オオッ!イクっ、イクううううーーーーーーっっ!!!!!(爆)
#6の2:18からのKey&Gtによる劇的&叙情的な間奏も堪らん!!イイ!!!

Keyの活躍は主にイントロで、Symphonic Blackと呼ぶほど全編で活躍しているわけではなく(そう呼んでも差し支えない音だとは思うが)曲本編のメロディ/ドラマ性の描出に於いてはあくまでGtが主役という感じだ。ほぼ全編爆走する曲調も好み(笑)。
前述のようにVoはDani Filthタイプで、音のほうもCradle of Filthに近いといえば近いのだが、フォロワーというほど似ているわけではなく、しっかりオリジナリティは持っていると思う。
これ1枚のフルで消えてしまったのが惜しまれる。
高品質Dramatic Fast Melodic Black!!!


img101.jpg
コメント
どうでもいいけど、とりあえず落ち着けや。
>YUMIKAさん
皆さんドン引きされてますかね?(爆)
ちょいちょい壊れ気味なとこがグゥ!です(笑)
>シロウさん
思わず壊れてしまうほど良かったんですよね~(笑)。
オフィもマイスぺもないのが残念です。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。