スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOLKEARTH 「FATHER OF VICTORY」

2008.03.25.Tue.23:21
2008年 Worldwide

うぬうっっ実に熱いViking Victoryな素晴らしいジャケ!!
さしずめタイトルは
「Battle Warrior of Pagan Steel」ってとこか?(爆)
え?違うのか?そうですか。

いろんな国から大勢ミュージシャンを集めたFolk/Viking Metalプロジェクトの4thアルバム。全12曲51:24。前作は国内盤も出たのですっかりメジャーバンドですね。
今作は総勢20名で、イギリス1名、フランス4名、ギリシャ4名、イタリア4名、リトアニア1名、USA5名、ウェールズ1名。いつになくUSAの割合が高いが、音にUSっぽさは全く反映されておりませんのでご安心を(笑)。
俺は正直言って前作は、疾走度の低いかなりまったりした作風になっていたため個人的満足度は低かった。「次は買うのよそうかな……」と思ったほどだ。しかし今作はジャケがあまりにも素晴らしいので(笑)購入してみることにした。
Folk Metalファンならば今作も期待を裏切られることのない濃厚な田舎くさい(笑)Folk Metalに満ちたアルバムとなっている。今回は女性Voとヴァイオリンのフィーチュア度が高いかな?という印象を受けた。笛は言うまでもない(爆)。特に#3における笛の活躍は素晴らしい!!
そして!嬉しいことに今作は疾走パートの割合が高い!!特に#2の1:22からヴァイオリン&邪悪なGrim Voと共に爆走するパート、#8(個人的キラーチューン!!)の序盤でのやはりヴァイオリン&Grim Vo&blast爆走パート、#9前半の女性Vo&blast爆走パート、#10の1:13からの男性詠唱Vo&2ビート疾走パートなどは特にカッコイイ!!うおっ3:04からはGrim Voと共に疾走!!#11も短め爆走あり!!
#11序盤でのヴァイオリンも素晴らしい!!
しかし曲のクオリティとは関係なく、どうも前作よりB級度、ヘタレ感が増してるように思えるのは俺の気のせいか?(笑)前面に出ている男女Voの印象(ヘタではないんだが)と、Gtのバッキングが弱いせいでそう感じるのかも知れない。そういう意味では1stに近い印象を受けた。

いやしかし、今作も流石の高品質Folk/Viking Metal!!
とにかく疾走パートが増えたのが嬉しい!!←疾走バカ


img115.jpg

official
myspace
↑ しかし何故南極大陸?(爆)
コメント
こっ、このジャケ格好良すぎです!!!
たまらんですね~まさにBattle Warrior of Pagan Steel!!!(爆)
もしくは「Viking Steel of the Mighty Warriors」って感じですか?(?)

あっ、お久し振りです(爆)
>chihaさん
堪らんですよね~Viking Metal Headsは全員ジャケ買いですよね(笑)。
内容的にもかなりイイですよ!個人的には今作が最高傑作って感じですね♪

>Viking Steel of the Mighty Warriors
それも素晴らしい(爆)。
まさにViking Glory by the Steel!!(爆)
しっかし南極とは?まさにウケ狙いっすな(笑)
いっそ南極でLIVEやってみれば面白いかも・・・客はペンギンのみか?ペンギンのモッシュ&ダイヴか・・・プッ・・ってか寒くてギターとか指が動かない・・
多分オレも買うと思う・・・・・・
>GENさん
なぜに南極なのか?謎は募るばかりです(笑)。
南極でLive……ペンギンの群衆を相手に、メンバー20人で演奏……。
素晴らしい光景ですね(爆)。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。