スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Abigail Williams 「LEGEND」

2008.02.16.Sat.11:34
2006年 USA

女性Key入りトリプルGt6人編成(GtのひとりがVo兼任)Symphonic Black/Death Metalバンドのミニ。全5曲21:46。現在はDrなしのシングルGt(彼がVo兼任)トリオ編成で、セッションDrとしてENSLAVED、EMPEROR等で有名なTrym Torson氏が参加している。
Melodic Death的な適度な厚みとへヴィネスのあるGtリフに2ビート疾走&blast爆走、リリカルなKey/ピアノ、絶叫Scream Voが特徴といえるか。
全体を通して聴ける2ビート疾走パートはどこかで聴いたような、正直言えばありがちな(笑)メロデス的リフ&リズムなのだが、美しいKey/ピアノやツボを押さえたメロディアスGt、耳に残る印象的なクリーンVoパートなどが楽曲のクオリティを高めている。#1の3:04からのメロディアスGtソロにはハッ!とさせられる。イイ!!終盤のピアノも美しい!!
#2はかなりザクザクしたリフや前面に出てくるLow GrowlなどDeath色の強い曲だが、やはりKeyやメロウなGt、あくまでもメインVoである絶叫Scream等がBlack色も残してくれている。
#4はEMPERORを想起させる荘厳かつ暴虐的なシンフォニックイントロが素晴らしい!!本編に関してもKey/ピアノがかなり大活躍している曲だ。
#5も冷徹で無愛想なリフ&暴虐的なリズムを前面に出した爆走イントロがEMPERORを彷彿とさせる。ただ本編に入るとKey/ピアノが前面に出て、EMPERORよりキャッチー度の高いSymphonic Black絵巻が繰り広げられる。全編疾走&爆走しまくりのハイテンションチューン!!

個人的に少し心配なのが、前述したメロデス的疾走パートがややワンパターン気味なところだ。ミニだからさほど気にならないものの、フルだとどうだろうか……?
とはいえ今作に限って言えば、ハイクオリティなSymphonic Black/Deathに仕上がっていると言えるだろう!!


img081.jpg

myspace
コメント
初めまして。KENといいます。笛宮GENさんの繋がりで、ちょくちょく暇があれば、ここのサイトのバンドを参考にさせて頂いている者です。

Abigail Williams、マイスペで聴いて僕も一気に気に入りましたねぇ~。
もう少しでフルアルバムが出るみたいなので、それが発売されたら買おうかな、と思っているところです。
>KENさん
ここんとこエロスパムコメントが多いので、「この人は大丈夫だろうな?」と警戒してしまいました。失礼しました(苦笑)。

笛宮さんのお知り合いの方ですか?それはどうも初めまして!
今後ともこのへっぽこブログ(笑)を宜しくお願い致します。

Abigail Williams、EMPEROR+Melodic Deathとでもいうべきカッコイイ音を出してますよね~♪
果たしてフルがどんな感じになっているか、楽しみですね!

USAからこういうバンドが出てくるとは、最近のUS Metal界もいい方向に向かっているんでしょうかね……?

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。