スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vreid 「I Krig」

2008.01.05.Sat.15:14
2007年 Norway

ツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Black Metalバンドの3rdアルバム。全9曲45:07。
メイニアには周知のことだが、WINDIRの中心人物Valfar氏の死後、残りのWINDIRメンバーのうち3名+新Gtにより結成されたバンドである。
WINDIRがあまりに偉大すぎたせいか、どうもこのVREIDはWINDIRの脱け殻的扱いを受けているような感があるが(ジャケが地味なのも災いしてるか?)決してそんなことはなく、1stから順調にハイクオリティなアルバムをリリースし続けているバンドである。
#1はクリーントーンGtを用いた叙情的なイントロから始まるミドルチューン。歌いだしでのGrim Voの邪悪な叫びが印象的だ。GtリフはPower Metal的な厚みと重さを持っている。トップを飾る曲としては少々地味な感もあるが、3:59からのGtメロディは素晴らしい!!終盤のGtソロもなかなかだ。
#2は2ビート(やや緩めだが)疾走チューン!!メロウなGtもイイ!!メロパワ的感覚で聴ける曲だ(笑)。
#3はストリングスによるイントロがイイ!!クリーンGtによる叙情スローパートの後、2:11からblast爆走!!叙情と暴虐の落差が見事な曲だ。以降はblast爆走&2ビート疾走の嵐!!エキサイティング!!後半叙情パートで再びストリングスが参加。チェロらしき音も聴ける。8:37の大作だ。
#4以降は適度にメロディックなミドルチューンが続く。#6ではLow Growl寄りなVoも聴ける。
#7もミドルチューンだが、1:03からのメロウでキャッチーなGtフレーズが素晴らしい!!これはなかなかの名曲!!2:47からはPaganチックな漢詠唱パートが入る!!おおっ3:27からblast爆走!!
うぐぽっっ#8の1:47からの哀愁Gtソロ素晴らしい!!!特に2:03のくだり堪らん!!胸が締め付けられるような感動を覚えた!!

全体的にはミドルテンポを主体としたMelodic Blackだろうか(勿論Fastパートもあるが)。
どうしてもWINDIRと比較されてしまう運命にあるバンドだが、そんなことは気にせずにこれからも優れたアルバムをリリースし続けて欲しい!!


img054.jpg

official
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。