スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sorcier Des Glaces 「Moonrise in Total Darkness」

2007.12.31.Mon.12:41
2006年 Canada

MOONLYGHTのメンバーでもあるS.Robitaille氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの1998年の1st以来実に8年振りの2ndアルバム。全8曲37:47。
#1は壮大でスぺーシーな感じのKeyによるイントロダクション。
#2は泣きのGtから始まる。イイ感じ(笑)。1:12からblast爆走!!邪悪なGrim Vo!!スネアの音が軽いのが少々残念か。2:12からメロディックGtがblast爆走!!堪らん!!3:25で小休止してKeyとクリーントーンGtによる叙情的な展開へ。40秒弱でblast爆走!!
#3は初っ端からblast爆走!!うおおっ0:24からのGtメロいい!!勇壮メロが爆走!!もっと前面に出てくれれば悶絶級なんだが……。1:21でクリーンGtによる叙情パートへ。この辺はProgressive/Symphonic Rock的でもあるか。3:20辺りのスローパートは寒々しいKeyが効果を出している。
#4もイントロで寒々しいcold KeyとクリーンGtがスローテンポで活躍している。1:24からblast爆走!!叙情パートと暴虐パートの場面転換の妙を得意とするバンドのようだ。2:22からの爆走Gtメロが勇壮で素晴らしい!!終盤でもこのメロが爆走!!悶絶!!イイ!!個人的にはこの曲が最強キラーチューンだな?。
後半もKey&クリーンGtによる叙情性と、blast爆走暴虐パートの落差が際立つBlack Metalチューンで占められている。#7の終盤の盛り上がりなどもかなり感動的だ。

曲展開のパターンが決まっていて割と先が読めてしまうところが難点だが、Melodic Blackとしては実に高品質なものを創り上げていると思う。
次作はいつになるかわからんが(苦笑)、今後の活躍に期待したい!!


img516.jpg

myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。