スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOLKEARTH 「DRAKKERS IN THE MIST」

2007.07.08.Sun.10:54
2007年 Worldwide

多国籍30人編成(内訳はベルギー2名、クロアチア1名、ドイツ1名、ギリシャ7名、リトアニア1名、イタリア3名、ノルウェー1名、ロシア2名、スペイン7名、スウェーデン3名、USA2名)Folk/Viking Metalプロジェクト、3rdアルバム!!全17曲トータル67:46。今回も詰め込みましたな?(笑)。
このFOLKEARTH、核となる数名のメンバーを除いては毎回メンバーに大きな変動がある。なるべく多くのいろいろな人に参加してもらおう、という意向なのだろうか。ちなみに今作ではなんとPAGAN REIGN(!)のOrei氏とVetrodar氏が参加している。
#1はいかにもFolk/Viking系らしい壮大なメロディのイントロで幕を開ける。重厚なスローテンポで曲が進む。勇壮なコーラスがなかなか。うおっ2:47からメロディック2ビート疾走!!さらに3:09からLow Growl&blast爆走で畳み掛ける!!ここカッコイイイ!!!
#2以降はKey/ピアノやアコギ、女性Vo、笛、詠唱Voなどで彩られた牧歌性溢れるFolk/Vikingな音世界がミドルチューンを中心に繰り広げられていく。
ボートラ#15の0:19で久々の2ビート疾走!!女性Voと共に疾走!!すぐミドルに戻るが、2:03から再び疾走!!Folkyに疾走!!(笑)やっぱコレだよな?。
ラスト#17もGtメロや笛メロがなかなかよい!!

今作はVikingというより純粋なFolk Metalと呼んだほうがいい作風だろうか。
前作もそうだったが、疾走バカの私としては#1のような疾走チューンがほとんどないのが不満なのだが、このプロジェクトはそもそも私のような偏狭な人間のために音楽をクリエイトしているわけではないのだから、これでいいのだろう。
Folk/Viking Metallerなら当然押さえておくべき作品である!!!


img504.jpg

official
myspace
コメント
お久しぶりでございます。

確かにもう少し、というか、もっと疾走ナンバーが欲しいですねぇ。。

ではでは。
>石月さん
どうもお久です~♪

せっかくPAGAN REIGNのメンバーが参加しているのだから、もっとPAGAN REIGN色が反映されていれば最高だったのになーと思いましたね~。

1stなんかは結構疾走パートがあったんですけどね~その代わり音ショボイけど(笑)。
おお!これは珍しい・・珍しい??
いやいやレビューするのが早いですね~まだこっちは未入手で楽しみにしてるんですが・・疾走が緩くなってしまったんですか??
仰せの通り今回PAGAN REIGNが解散しそのメンバーが参加となれば、「期待するな」と言われてもオレには無理ですやっぱり(笑)購入予定リスト内でも優先順位が高いバンドなのでイザ聴いて拍子抜けしないか不安ですが取りあえずは新品で買います。
・・・ちなみにここ最近CD購入の6割以上が「中古」で多くの作品を聴くのが遅れ気味なんですね(笑)それだけ・・「金欠」って訳です。
ハハハハッ・・・
>笛宮さん
PAGAN REIGNの疾走感を期待すると恐らく失望されるのではないかと(汗)。
紹介文にも書きましたが純然たるFolk Metalとしてならハイクオリティなアルバムですよ~。

私も金欠で以前ほどCD爆狩りできてないですね~(涙)。
ユーロ下がらんかなぁ……(溜息)。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。