スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MALNATT 「HAPPY DAYS」

2007.06.09.Sat.23:39
2007年 Italy

Key入り5人編成(現在はGtがもうひとり加入し6人編成)Black Metalバンドの待望3rdアルバム!!
しかし「HAPPY DAYS」とはまたBlack Metalらしからぬふざけたタイトルだな(笑)。この人を食ったセンスはまるでドイツのDie Apokalyptischen Reiterみたいだ……なんて思いながらmyspaceを見ていたら、「影響を受けた音楽」の欄にしっかりダイアポの名が(笑)。やはりイシキしているな?
前作はFolkishなメロディ使いが素晴らしいBlack Metalだったが、今作では意外にもFolk色は全く姿を消している。それでもハイクオリティな内容になっているのは流石だが……。
#1はなんとトランペットを使用した大仰なイントロに驚かされる。ミドルテンポで曲が進み、1:35からblast爆走!!ここは正統Black Metal的だ。2:09から2ビート疾走に。2:21から壮大なトランペットメロディが乱入!!ここイイ!!個人的にラッパ系の楽器はあまり好きではないのだが、それでもこのトランペットは充分にドラマティックで感動的だ。
#2?4はスローチューンでややテンションが下がるが、曲自体は悪くない。アコギ&女性Voをフィーチュアした#2や、#3の2:16から聴ける壮大なメロディは素晴らしい!!ここもトランペットかな?
#5は2ビート疾走から始まり、0:49からblast爆走!!バックで薄っすらと響くKeyが劇的効果を上げている。1:14で2ビートに戻るが、またすぐblast爆走!!ここは正統Fast Melodic Blackしててカッコイイ!!2:03で爆走終了。スロー?ミドルへ。終わり方がやや地味かな。
#7はなんとトランペットを全面的にフィーチュアしたジャズ風の渋い小曲。2分弱。
ラスト2曲#8、9もミドル?スロー曲だが、印象的なメロディを配したなかなかの良曲。

なんとなく「アルバムごとに違うことをやりたいのかな?」と思わせる作風だった。
果たして次作ではどうなるのか、楽しみでもあり不安でもあり(笑)。


img492.jpg

official
myspace
コメント
コレ先週買いました!しかも中古で新品同様とは美味しかったです(笑)1回ザ~~っと聴き流してみましたが直ぐに思いついたのは・・・ハンガリー産・・SEAR BLISSでした。楽曲は違いはあるものの「トランペット」とは前作とは違った志向を凝らしたものだと感心しましたね。もうFolk/Blackとは呼べないでしょう。まだジックリ聴いてないので評価しかねますがこの路線で次作にはいかないような予感がします。
 いっそDie Apoみたいに「変態路線」も期待しちゃいますね~(笑)
1曲目はテンションあがりっぱなしでしたが、後半だんだんダレてきました。
それでも、全体的に質は高いですよね。
それにしても、前作で聞けた女性ボーカルのラ~ラララ~は無くなりましたよね。前作はそれが強く印象に残ったんですよね。後半、立て続けに歌ってるかもしれませんが、聴いた後も頭の中で歌い続けてるんです(笑

確かに、スタイルは変わってますよね。
ポストOpera IXとなるでしょうかねぇ。
>笛宮さん
私も大きな声では言えないんですが実は中古で(笑)。
そうそう、SEAR BLISSも確かトランペットBlackでしたよね~。
トランペットというBlackに縁のない楽器を巧く(無理やり?)Blackに融合させたともいえる#1は素晴らしいですね!!
タイトルやジャケのブックレットを見ても既成のBlack Metalのイメージから逸脱しようとしている姿勢が見てとれます。
音的にもダイアポ同様、どうなるか予測がつきませんね!(笑)
>Nocteさん
私も#1を聴いて「今作も素晴らしい!!」と思ったのですが、全体的には#1を超える曲はなかったですね。
個人的にはもっと疾走曲を増やして欲しいんですが……。
前作の「ラ~ラララ~」は確かにインパクト大でしたね!!前作はアヴァンギャルドでありながらキャッチーでもあるという奇跡的名盤でしたね~。

さて、次はどうなるか……?
7曲目にはびっくりでした。はい。
>YUMIKAさん
アレは渋すぎますよね(笑)。
彼らの音楽的懐の幅の広さを感じますね~。
毎回何かとびっくりさせてくれるバンドです(笑)。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。