スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black Messiah 「OATH OF A WARRIOR」

2007.03.17.Sat.09:50
2005年 Germany

Key入りトリプルGt(収録曲大半の作曲を手がけるリーダーのZagan氏がGt、Vo、ヴァイオリン、マンドリンを兼任)6人編成Symphonic Viking/Black Metalバンドの2ndアルバム。現在はまたメンバーが入れ替わっており、Dr不在の5人編成となっている。
2ビート疾走にクサい泣きのGt、そしてヴァイオリンが音の要となっており、特に#2、3のGtソロ、#3後半のポルカ的(昭和歌謡的?)メロディはあまりにもクサすぎで、「お前ら実は日本人だろ?」と問いつめたくなる(笑)。
#4、7の哀愁クサヴァイオリンソロも素晴らしい!!特に#7の4:30前後のくだりは悶絶級!!!イけます(爆)。
#8はスローチューンだが、この曲ではZagan氏の漢の渋みが効いた歌声が堪能できる。この曲のヴァイオリンソロもイイ!!
#10は全篇blast爆走!!その上なんと女性Vo入り!!爆走Fast Melodic Blackの名曲!!!4:20からのGtソロがまたクサい!!さらにポルカ調パート再登場!!盛りだくさん過ぎ!!(笑)
ラスト#11は古色蒼然たるKeyのイントロが逆に新鮮な曲。序盤スローテンポだが1:40からblast爆走!!

とにかく全篇悶絶クサメロ満載の名作!!


img456.jpg

official
myspace
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。