スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BORNHOLM 「…On The Way Of The Hunting Moon」

2006.12.30.Sat.10:42
2005年 Hungary

Key入り4人編成(Drは不在)Black Metalバンドの1stアルバム。6曲入りトータル35:54という長さだが、まあ1stフルと思っていいだろう。多分(笑)。本作収録時はツインGt4人編成(GtのひとりがBa兼任)で、Keyはゲストミュージシャンによるもの。
#1はしっとりとした叙情的なイントロから始まり、1:37から突如blast爆走!!常套手段ではあるが、やはりカッコイイね。3:32からミドルテンポ。4:02から叙情的しっとりパートへ。語りなんかも入る。4:30からの壮大なGtソロがイイ!!4:59から再びblast爆走!!終盤はミドルで幕を閉じる。
#2はDISSECTIONあたりのSwedish Blackを彷彿させる薄メロblast爆走なイントロ!!うっすらと入っているKeyがドラマティックさを演出している。特に0:49あたりのくだりはイイ!!1:48からのKeyも荘厳で素晴らしい!!2:07から叙情的しっとりパートへ。KeyとGtのコンビネーションが素晴らしい。後半?終盤は再びblast爆走!!
#3はアコギによる叙情的なイントロ。1:11からスローテンポで本編が始まる。1:55からblast爆走!!後半4:23からのミドル&Keyパートはなかなか幽玄で○。4:36からシンフォニックblast爆走!!
#4は異色なヘヴィ&スローチューン。
#5は再びblast爆走チューン!!Swedish風にメロウなGtリフがまたイイ!!Keyも活躍しています!2:21からのシンフォニックKeyパートは激ドラマティック!!そのままシンフォニック爆走!!堪らん!!終盤はミドルで締め。
ラスト#6はしっとりGtによるアウトロ。

全体的にはDISSECTIONやNAGLFARといったSwedish Blackに、うっすらとKeyが入ったスタイルだと思ってもらえばいいだろう。
2007年にニューアルバム「March For Glory And Revenge」がリリースされる予定。素晴らしくMetalな熱いタイトル!!(笑)

img401.jpg

official
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。