スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INSPELL 「ARCADIAN TALES:THE EGREGORE」

2006.11.05.Sun.10:17
2006年 Bulgaria

こりゃまた堪らんじじいジャケ!!しかしMetallerは何故みんなそんなにじじいが好きなのか?(笑)
Nikolay Velev氏(Vo、Gt、Key、Programming)とStancho Georgiev氏(Gt、Ba)による2人組Symphonic Black Metalユニットの2ndアルバム。スリップケース入り限定250枚(!)手書きナンバー入り。ちなみに私のは11番でした。
本作はレコーディング自体は2004年に行われたものらしい。
私は未聴なのだが、前作1stではなんとSTYX(!)のカヴァーなんぞもやっているらしく、個人的に是非とも聴いてみたいと思っている。
#1は壮大でEpic Metalバンドがやりそうな感じのシンフォニックKeyから始まる。Gtが入り、0:24から2ビート疾走!!GtリフはThrash Metal的な割とザクザクした、厚みのあるヘヴィなものだ。ベイエリア・クランチっぽくもある。0:39からシンフォニックblast爆走!!すぐ終わってまたThrashyに2ビート疾走!!その後しばらくミドルテンポ。じっくりヘヴィなリフを聴かせる。1:39からblast爆走!!2:04からGtが引っ込み、Keyメインの間奏に入る。2:24から再びGtが入り、疾走&blast爆走!!
#2のイントロもThrashを思わせる、勢いのあるGtリフをブチかましてくれる。その後はオーソドックスなSympho Black風に。基本的にミドルテンポで坦々と進んでいくが、部分的に爆走パートを挿入し、ダレないようにする工夫が感じ取れる。
#3は美しいピアノ&Keyのイントロでしっとりと始まるが、0:15で即blast爆走!!この美と暴虐性のギャップこそSymphonic Blackの醍醐味!!おっ、この曲はヴァイオリンらしき弦の音もうっすらと入っている。1:42あたりの薄メロ爆走パートがエキサイティング!!後半はほぼ疾走&爆走しまくり!!
#5はスローテンポの導入部だが、ここでも弦の音が堪能できる。0:31からEXODUS調にザクザク疾走!!0:54からメロディックblast爆走!!カッコイイ!!3:13からのメロディックblast爆走がまた鼻血モン!!!
#6は初っ端からThrashyに2ビート疾走だが、0:20から実にイイ感じのメロウなリフを聴かせてくれる。
アルバム後半もKeyの荘厳さとヘヴィ・リフ&blastの暴虐性が際立った楽曲群が続く。#8もかなりの秀曲!!

所謂Sympho Black系と異なるのは、GtリフがThrash的な厚みとヘヴィさを持っているという点だろうか。APOSTASYあたりに近い音だといえそうだ。
メジャー系でいえばDIMMU BORGIR+EXODUS?(笑)


img391.jpg

mp3
コメント

私も「ばばぁ」よりやっぱり「じじい」が好きですが、それが何か?(笑)

このスリップケース、250しか出回ってないんですか?
裏表にじじいがいてステキだし、内容もよかったしで、ゲットできてよかったですね。
私もこのじじいのファンになりました。←「音」じゃなくて?(爆)

>YUMIKAさん
やはりMetalとじじいは切っても切れない仲なのですね(?)。

多分スリップケース入りが限定250枚で、他に通常盤があるのではないかと思いますが、詳細は不明ですね~。

YUMIKAさんならきっと、音も気に入ってくれると思いますよ(笑)。
遂にGetされましたか!多分ですが、950枚リリ-スの内の250枚がスリップケ-ス仕様ではないかと思われます。しかし、良いバンドですね。
>シロウさん
遅レスすみません(汗)。
ええ!Getしましたよ~♪
このジャケのじじいとシンフォニックKeyとヘヴィ・リフにイチコロ(死語)ですよ!!

明日あたりには更新しようと思います(汗爆)。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。