スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cerimonial Sacred 「Our War Is Only Against Hell」

2006.08.25.Fri.23:00
2005年 Brazil

どひょっ凶悪そうなジャケ!!(笑)Melancton Samengalef氏(Vo、Ba)とAbissai Darkaliel氏(Gt、Ba)による2人組Symphonic Black Metalユニットの1stアルバム(ツインBa?笑)。KeyとDrはゲストミュージシャンのようだ。KeyがゲストのSymphonic Blackって(汗)。 
このバンドも歌詞がなんとキリスト教についてだそうだ。こんなに凶悪そうなのに(笑)。実はクリスチャンBlack Metalってけっこういるのね(汗)。余計なお世話だが、真性Black Metalバンドと目が合ったら殺し合いになったりしないのだろうか?(笑)
#1はファンタジー映画やRPGのサントラのような、壮大でドラマティックなイントロダクション。本編への期待が高まる勇壮さだ。
#2はスローテンポでヘヴィな、それでいてKeyのアクセントが利いた曲。悪くないが、ツカミとしては今ひとつか。
雷雨の効果音に続く#3は正統爆走Black!!バックのKeyがいい味付けになっている。おっ2:10でKeyが前面に出てよりドラマティックに!!薄メロGtリフもよい!!2:53からシンフォニック爆走!!後半もかなり爆走しまくってくれます!!
#4は2分弱のピアノのインスト。
#5はスローテンポのシンフォニックな導入部。Voの高音での叫び声はCRADLE OF FILTHのダニ・フィルスを彷彿させる。1:20からKeyを挟みながらblast爆走!!2:21からのスローパートに於けるKeyが実に夢幻的でよい!!
#6もシンフォニック爆走チューン!!2:33からの深遠さを感じさせる展開がよい!!3:03からピアノと共に美しく爆走!!
#7はピアノ&Keyによる壮大なサントラ風の曲。インストかと思ったら、1:25からGrim Vo参加します(笑)。
ラスト#8は激烈blast爆走曲!!バックで鳴るピアノがいい感じの装飾になっている。0:39でスローダウン。1:45あたりで曲は一旦静止し、美しく叙情的なピアノが鳴り響く。2:57からKeyが参加し、盛り上がっていく。4:03からGt&Dr復活!!4:43からblast爆走!!!激エキサイティング!!爆走終了後、叙情的ピアノが静かに鳴り響き、曲は終わる。

高品質ドラマティックSymphonic Black!!
しかし何なんだろうね?クリスチャンBlackって(笑)。


img352.jpg

myspace
コメント
どうもご無沙汰です。

いやいや、このジャケは良いですねぇ。
もし、お店で見つけたら、ジャケ買いしてしまいそうです。
試聴しましたが、サウンドもなかなかかっこええっすね。
また、ブラジルというのも妙に惹かれますな。。

クリスチャンBlack、
例えるなら、♪ギンギラギンにさり気なくー♪ てな感じでしょうか?
ちと違うか。。

ではでは。
>石月さん
お久しです~☆

このジャケはBlack Metallerはジャケ買い必至でしょう!!クリスチャンだけど(笑)。
最近ブラジルはシンフォ系が盛んなんでしょうか?というかメタルは割となんでも盛んというイメージがありますが(笑)。

>ギンギラギンにさり気なくー
多分そんな感じです(爆)。
私もこのバンドと真性ブラックメタル関係の人が出会った時のことが気になりますが、
クリスチャンなのでもしかしたら一方的にやられるばかりかもしれません。
でも、ジャケで手にしているその物騒なものは何なのだ?(笑)

それにしても、やっぱりどう見ても真性ブラックの人達にしか見えないんですけど……。
私の目が悪いのか? それとも私が汚れているのか?
いろいろと、かなり悩んでしまいます。

>YUMIKAさん
私も彼らの思想といでたちのギャップに考え込んでしまう今日この頃です(笑)。

むしろ我々以上に海外のBlack Metallerたちが悩みそうですよね。どう接したらいいのだろう?って(笑)。

YUMIKAさんは言うまでもなく汚れ(自主規制)

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。