スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Divine Symphony 「Reject Darkness」

2006.08.16.Wed.19:44
2004年 Brazil

Key入りツインGt6人編成Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。
#1はメロディックなGtリフにblast爆走と、モロに好みな出だし!!Keyも適度な装飾として活躍している。本編は割とミドル主体だが、曲がドラマティックに徹しているので、全くタルさを感じさせない。3:16から女性コーラスも参加!!4:37からの割と長めの泣きのGtソロも素晴らしい!!
#2は美しいピアノから始まる。一転して1:35からシンフォニックblast爆走!!エキサイティング!!堪らん!!2:36からオペラティック女性Voと男性Grim Voが共にblast爆走!!イイ!!ミドルパート5:16からのGtソロがまたツボ突きまくり!!終盤でもシンフォニック爆走してくれます!!
#3は激エキサイティングな爆走&疾走チューン!!前半Keyは割とバックに徹している。アグレッションが前面に出た曲だが、劇的効果も決して忘れてはいない。3:30での荘厳Keyもよい!!その後アグレッシヴにblast爆走し、4:07からまたKeyがキラキラと様式美的に登場!!その後ミドルパートになり女性Voが前面に。息もつかせぬ曲構成!!
#4も劇的シンフォニックblast爆走なイントロがカッコよすぎ!!本編でミドルになり、女性VoとGrim Voのデュエットで始まる。中盤ミドルテンポ3:05からの女性Voが印象的。後半シンフォニック爆走の後スローテンポになり、男女オペラティックVoの合唱パートに入る。美しいピアノソロと女性Voで幕を閉じる。
#5は壮大なメロGtで始まり、スローテンポのバラードっぽい曲調。1:28からの泣きのGtソロがまたイイ!!小休止的な曲か……と思いきや、3:18からblast爆走!!こうでなくちゃ(笑)。女性Voを挟み、2ビート疾走!!後半7:50からのGtソロもイイ!!終盤でもblast爆走と女性Voが大活躍!!なんと10:04の大作でした(笑)。
#6は叙情的Keyから始まりメロディックGtが入り、0:44からblast爆走!!もうこれだけで一撃必殺のカッコよさ!!Voが入ると同時に2ビート疾走!!2:31から例によって(笑)女性Vo乱入!!Grim Voと仲良くblast爆走!!4:42から悶絶Gtソロが2ビート疾走!!カユいところに手が届くメロ!!ぐほっ5:05からの疾走メロ最高!!さらに5:29からこのメロが泣きながらblast爆走!!!


や、ヤバイ!!!ここ凄すぎ!!!悶絶爆

死Gtソロ!!!

まるでFollowBaneみたい!!

#7は前半やや地味だが、2:58から勇壮EpicなKeyがシンフォニック2ビート疾走!!女性Voも参加して疾走!!5:26からの劇的展開もエキサイティング!!この曲も8:29の大作!!
#8も劇的シンフォニック疾走曲!!2:31からのクラシカルKeyとメロディックGtも聴かせます!!
ラスト#9は勇壮Key&メロディックGt&オペラティック女性Voで静かに美しく始まるが、1:59からシンフォニックblast爆走&2ビート疾走!!全曲爆走がポリシーのようだ(笑)。4:30でKeyがクラシカル様式美チックに鳴り、その直後blast爆走するパートは実にエキサイティング!!終盤での男女オペラティックVoのシンフォニック疾走は、まさに圧巻!!10:06にも及ぶクライマックス大作!!

このバンドの場合、シンフォ系でありながらもKeyのみに頼らず、Gtも優れたメロディー・センスを持っているのが強みだと思う。あと女性Voを正式メンバーにするべきでは?(笑)
全篇まさに美と暴虐性の饗宴!!捨て曲全くナシの全9曲69分!!(#6はマジ死ねます!!)
Symphonic Blackが好きな方には超名盤となるであろうクオリティ!!!…音質は今ひとつだが(汗)。
しかしブラジルからこんな凄いバンドが出現していたとは……。


img353.jpg

official
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。