スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPELL FOREST 「Lucifer Rex」

2006.07.21.Fri.23:03
2005年 Brazil

Cruor CultumのメンバーでもあるLord Mephyr氏(Vo、Gt、Key)らによるKey入りトリプルGt(!)5人編成Fast Symphonic Black Metalバンドの2ndアルバム。現在はGtのひとりとBaが脱退し、トリオ編成となっている。
#1は美しいがどこか不気味さを持つアコギの調べによるイントロ。1:05から凶悪blast爆走!!1:36からGtがかなりドラマティックなメロを奏でる!!アコギとの絡みが素晴らしい!!さらに壮麗シンフォニックKey/ピアノも参加し、かなり劇的に盛り上がる!!2:53からのGtソロがまた…イイ!!
#2は無愛想でヴァイオレントなリフ主体のミドル?fastな導入部。blast爆走パート1:07からバックでKeyが深遠に感動的にドラマティックに鳴り響く!!そして…ぐおおおお1:22から劇的哀愁メロGt乱入!!!涙!!後半3:10から入るKeyも素晴らしい!!brutalなパートとドラマティックなパートのコントラストが魅力ともいえる曲だ。
#3は初っ端からGt&Keyが劇的blast爆走!!南米産なのにこの寒々しいKeyは何!?(笑)1:17からのシンフォニック爆走パートがまた北欧チック!!2:34からのピアノとGtのコンビネーションがまた美と狂気の交錯といった感じでよい!!まさに北欧Symphonic Black!な曲だ。
#4も凶暴fastチューンだが、1:02からのアコギやミドルパート1:32からのGtソロなど、聴かせるパートはしっかりある。2:38で曲は一旦休止し、何故か女性のアエギ声が聞ける。エロメタラー必聴!!(爆)4:42から後半再開。美しく叙情的なアコギからスローテンポ。6:34からGtがなかなかよいメロを奏で、その後blast爆走!!8:30の大作でした。
#6もfast&brutalな導入部に始まり、0:57から荘厳シンフォニックKeyが被さってくる。シンフォニックに爆走!!
#8も#6と同系統の曲だが1:05から入るGtメロが素晴らしく、耳に残る。

暴虐的かつシンフォニックかつドラマティック!!まさに私の求めるBlack Metalの理想郷ともいえる音である。
ブラジルも何気にいいバンド多いんだよね?。


img335.jpg

official
コメント
>SHADOWLORDさん
「女性のアエギ声」というところを読んで、THYRFINGの赤いやつを思い出しました。
なぜだかアレも入っているんですよね……。わりとリアルくさいやつが。

私、別にエロメタラーじゃないんですけどね。




>YUMIKAさん
THYRFINGにもありましたか?
なんか意外ですね~そういうイメージじゃなかったもんで。

エロメタラーじゃない?
ウソはいけませんね~(爆)。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。