スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vaakevandring 「S/T」

2006.07.16.Sun.23:41
2004年 Norway

ANTESTORのメンバー2名(VoとKey&Gt)が在籍していたKey、女性Vo入りツインGt6人編成Symphonic Black Metalバンドの'99年のDemoにボーナストラックを加えCD化したもの。4曲入り。
#1はいかにも北欧チックな寒々しくアトモスフェリックなKeyのイントロから、スローテンポのPaganチックな詠唱で始まる。0:50からGrim Black Vo参加。おっ1:15からPaganチックな牧歌的Keyが入る!!なかなかイイぞ(笑)。3:30からのもの悲しいGtソロが堪らなくイイ!!その後2ビート疾走!!もの悲しく疾走!!またスローテンポ&詠唱に戻る。曲のラストで「四季の歌」(ヴィヴァルディじゃなくて「春を愛する人は?」の方ね)に似たメロディーが聴ける(笑)。
#2は壮大なイントロが美しいミドルチューン。2:01からの間奏のピアノ&Keyがまた実に美しい!!
#3はミドルテンポの序盤?爆走パートに入る様がめちゃくちゃカッコイイ!!ここのGtメロがまた哀愁でイイ!!0:38からさらに哀愁度増強!!一旦ミドルテンポに。1:16のメロもイイ!!いちいち哀愁(笑)。この哀愁Gtメロディーは今は亡きWINDIRあたりに通じるものがあるなぁ?。1:51から再び哀愁爆走!!涙しながらヘッドバンギング!!2:29からミドルテンポ。一旦小休止して、4:16から最後の哀愁爆走!!堪らなすぎる!!これは個人的に超名曲!!!
ラスト#4は荘厳なKeyのイントロが耳に残る。0:25での泣きのGt&叙情的なKeyからシンフォニック爆走パートへ移行する様が寒々しく激ドラマティック!!1:45でのKeyもイイ!!ここでスローテンポに。2:17からのシンフォニックKeyがまた素晴らしい!!

いかにも北欧ならではの哀愁と叙情性が堪能できるSymphonic Black!!
ちなみに現在は既に解散している(涙)。


…あれ?女性Voなんて入ってたかな?(爆)


img348.jpg

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。