スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AZEROTH 「Live in Polygon」

2006.04.23.Sun.12:13
2004年 Russia

Key入りツインGt5人編成(GtのひとりがVo兼任)Symphonic Black MetalバンドのLiveアルバム。ちなみにアルゼンチンに同名のMelodic Power Metalバンドがいる(←日本ではこっちのほうが知られてますね。一時期アルバムが話題になったし)。
詳しくは分からないが、このアルバムは2000年に一度リリースされたものを2004年に新たに再発したものではないかと思われる。
#1はいかにもヨーロピアンな、印象的なメロディーのKeyから始まる。劇的な要素を活かした正統派Symphonic Blackという感じだ。おっ0:52からblast爆走!!カッコイイ!!本編はミドルテンポで、随所にblastパートを挿入したスタイルの曲だ。1:38からのシンフォニック爆走パートがまた激ドラマティック!!
#2はダークなスローパートから始まる曲。ちと地味な曲だな…と思ってたら、1:02から壮麗なKeyが入りシンフォニックに爆走!!後半ミドルパート3:07あたりからのメロウなGtと劇的Keyの絡みも秀逸!!なかなかの佳曲でした(笑)。
#3も#2と同系統の地味なイントロ(笑)。しかし1:16からblast爆走!!続いて2ビート疾走!!ヘッドバンギング!!血が騒ぐ!!中盤で深遠なKeyが鳴り響くミドル?スローパートへ。後半も地味に終わる(笑)。
#4は初っ端からシンフォニック&メロディックにblast爆走!!Gtの寒々しいメロディーがトリハダもんのカッコよさ!!本編ミドルパート1:07からの高揚感溢れるGtメロも良い!!これはSympho Blackとしてかなりの名曲!!
#5は北欧Black的な寒々しいKeyがフィーチュアされたシンフォニック爆走チューン!!2:46で終わる。短かッ!(笑)
#6も劇的Keyが活躍するシンフォニックチューン!!0:40からシンフォニックに美しくblast爆走!!この#4?6あたりはかなりエキサイティングに盛り上がりますですよ!!
#7はイントロのKeyがインパクト大!!'70年代イタリアンロック的な薫りも感じ取れる。
#8以降もKeyの活躍が印象的なSymphonic Blackチューンが続く。#9、10イントロのKeyも美しい!!

全体的にGtも勿論活躍しているが、やはりKeyが主導権を握っているSympho Blackバンドだな…という印象を受けた。
このアルバム以外に'97?'99年に3作のフルを発表しているが、現在は既に解散している。


img299.jpg

コメント
ロシア・・さすがです!オレもこれは好きです!実は他のアルバムも欲しいのですが持ってません。スタジオではどんな仕上がりか気になってますが最初にライヴ聴いてしまうとソレがベストになってしまうのか・・
>笛宮♪さん
私はコレの他に'98年の2nd「DOCTRINE OF DARK FOREST」持ってます。若干音のレベルが低いですが、スタジオ盤も悪くないですよ。
1stと3rdはどうもカセットテープ版のみっぽいんですよね~。私も持ってません。
入手困難でしょうね~(涙)。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。