スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRIMBURG 「Naturherrschaft」

2006.03.31.Fri.22:18
2005年 Germany

Key入りツインGt5人編成(Baは不在)Epic Pagan Symphonic Black Metalバンドの5曲入り1st Demo。
#1は美しいKeyによる、叙情性に満ちた1分強のイントロダクション。心が安らぐ。
#2はイントロのProgressive/Symphonic Rock的なKeyワークでオッ?とさせられる。イタリアンBlack的でもあるな。ミドルテンポで曲が進むが、0:35からいかにもPaganチックな雄々しいVoが入り1:11からシンフォニックにblast爆走!!なかなかカッコイイ!!Keyが全体的にかなり自己主張している。Gtより目立ってるな(笑)。Gtは割とRAWでPrimitiveな感じ。
#3もチェンバロ風クラシカルKeyのイントロで始まるミドルチューン。もひとつ盛り上がりに欠ける感もあるが、このKeyとPaganチックな田舎くさい(笑)詠唱パートが印象的な曲だ。
#4で再び盛り返す(笑)。シンフォニック裏打ち疾走チューン!!1:17からの妙にキャッチーな詠唱パートとKeyが印象に残る。とにかくPaganでシンフォニックでアグレッシヴな曲だ(笑)。
#5はピアノによるアウトロ。
美しくシンフォニックなKeyとPagan的な詠唱、RAWなPrimitive Gtサウンドと、一見バラバラに見える要素が融合されたスタイル。この融合が成功しているかどうかは、聴く人によって意見が分かれると思うが(笑)。
個人的にはKeyの美しさ、ロマンティシズムを活かすのならば、も少し良好な音質のほうが良いのではないかと思った。

曲はイイっすよ(笑)。


img285.jpg

official
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。