スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

De Profvndis Clamavi 「Artes Moriendi」

2005.12.20.Tue.21:45
2003年 Italy

Key入りツインGt6人編成Symphonic Black Metalバンドの1st Demo。5曲入りトータル25:50。
#1は初っ端から怒涛のblastチューンで驚かされるが、しっかりKeyがドラマティック&キャッチーな味つけをしてくれていて、聴きやすいものに仕上がっている。しかしイタリアのバンドって、Keyの使い方上手いよね?。
3:59からのblast+メロディックGtリフパートは、かなりの悶絶モノ!!Melodic Death好きも「オッ?」と反応しそうなGtである。
#3は美しいKeyに続く劇的なミドルテンポのイントロが、Viking Metalっぽくてなかなか良い!!BATHORYの曲でこんな感じの、なかったっけ?
#4はミドルテンポの少々地味な曲かな?と思いきや、3:16で正統HM的Gtフレーズから一気にblast爆走!!いけーっ!いったれ!!(笑)3:54からKeyが入るパートがまた実に荘厳で良い!!
ラスト#5は、ピアノ&Key&囁き声によるアウトロ。しかしこれだけで3分以上もあるのはちと長いな。
シークレットトラックで、喚き声入り。これはいらん(笑)。

全体的にはイタリアらしい、どこかホラー映画的なジメジメした(褒め言葉笑)暗黒美に満ちたSymphonic Black Metalで、なかなか気に入った。
なお、2004年に2nd Demoをリリースしている。


img204.jpg

official
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。