スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Total Negation 「Zeitenwende」

2009.12.27.Sun.12:38
2009年 Germany

Wiedergaenger氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの1stアルバム。全4曲40:24。全曲10分前後の長さという大作志向だ。限定1000枚。
#1は威勢の良い爆走からカマしてくれる。なかなか重量感のあるスネア音だ。途中から薄メロGtも乱入!! エキサイティングにヘッドバンギング!! 1:07から急にスローテンポへ。絶望感満点の悲愴なVoだ。このあたりはDepressive BM的か? 2:00からの悲しげなGtメロが素晴らしい!! そして再び爆走!! おお、このバランスのとれた構成は見事!! 再びスローを挟み、6:33から薄メロ2ビート疾走!! コレがまたカッコイイ!!! ラストはまたデプレ調スローで締める。
#2はミドル&デプレというよりはDoomyなスローテンポで占められた曲。悲愴なGtメロ&Voが耳に残る。
#3は2ビート疾走から始まる。Power Metalチックでエキサイティング!! 怪鳥のようなVoの雄叫びが印象的だ(笑)。しかし予想通り1分半ほどでスローテンポへ(笑)。しかしここでも悲しげな素晴らしいGtメロディを聴かせてくれる。確かに彼の産み出すメロはスローテンポが似合う気がするな。
ラスト#4イントロは高速2ビート疾走!! クリーンGtによる穏やかなメロとスピードの対比がイイ!! で1分ほどでまたスローテンポに。だいたいこのパターンか(笑)。次作でマンネリにならねばよいが……おっっ7:00から再び疾走!! 終盤ミドルでのメロ展開はなかなか胸が熱くなる!!

Depressive調スローパートと爆走Fastパートとのリズム転換の妙、悲しげなGtメロディが活かされた大作志向Black Metal!!


img774.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

DISKARIAL 「Warpath To Eternity」

2009.12.20.Sun.10:57
2009年 France

ん?地味なジャケだ(笑)。
Julien Helwin氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの1stアルバム。全10曲41:33。
ジャケの印象からはプリかデプレかスイサイダルか? といった感じだが、音の方は意外にも正統的なFast Melodic Blackであった。Dark Funeralをもっとメロウにした感じだろうか? Helwin氏がメンバーとして在籍しているOTARGOSの音にも近い感触だ。
#2などはかなりエキサイティングなBlast爆走チューン!! Brutal Deathを思わせるリフ&リズムが緊迫感を煽る。ミドル?スローと爆走を交互に聴かせる曲構成。ミドル?スローパートでのメロディが印象的だ。
#4は薄メロ爆走イントロが最高にカッコイイ!! 堪らん!! ちとありがち感はあるが(笑)。
#5は序盤BrutalなBlast爆走で飛ばしながらもMelodic Death的キャッチーメロGtを絡ませる!! これはじょばばばばばばあーーーーーーっっっ!!! 恍惚ヘッドバンギング!! さらにミドル2:48での正統HMチックやりすぎメロディアスGtに仰天(笑)。
うぐおっ#6のメロディック爆走イントロ最高!!!! ぶ●っぶば●●●●ああ●●●あb?????????????っっっっ!!!!!!!!(脱糞) 悶絶しっぱなし!! これは間違いなく名曲!!!
#8のストリングスを絡めたもの悲しく叙情的な旋律も素晴らしい!! 泣ける!! しかし1:04でいつものBlast爆走に戻る(笑)。
#9終盤のメロディック爆走もイイ!!

これは愛聴盤になりそうだ。
Fastパートはあくまで凶暴にBrutalでありながらも、メロディもしっかり聴かせるという姿勢が非常に嬉しい!!
多くの人に聴いて欲しいFast Melodic Black!!


img772.jpg
myspace

BARBARYAN 「Gram / Das Lied von Blut und Eisen」

2009.12.20.Sun.09:33
2008年 Germany


Runenwolf氏(Gt、Ba)とRaginhar氏(Vo、Dr)によるPagan NS War Black Metalバンド(笑)の1stアルバム。全6曲46:19。
壮大で劇的なイントロダクション#1で幕を開ける。この辺は流石、独逸産という感じだ。しかし4分強とちと長い(汗)。
続く#2は爆走チューン!! Voは低音吐き捨て型。Black MessiahのZagan氏に近いタイプだ。中盤からスローテンポに。Gtリフは全体的に乾いた感じの重みもあるタイプだが、終盤でややメロウなところも聴かせる。
#3はクリーンGtによるしっとりと落ち着いた旋律で始まる。何故か初期GENESISを思い出した(笑)。1:25から爆走開始!! スローテンポを挟んで?爆走?スローを繰り返す。しかしなんか#2と似たような感触だなあ(汗)。
#5におけるミドルパートと交替で聴ける薄メロ爆走はなかなかエキサイティング!!
ラスト#6は13分を超える大作!! ミドル?スローパートが延々と続くところは少々タルいが、爆走パートもあるしハッとさせるメロディも聴ける。中盤のクリーンGtとストリングスによる叙情的パートも聴かせどころだ。

重く乾いたリフ、ミドル?スロー?ファストのリズム転換、吐き捨てVo……
とまあ全体的に似たような感じの曲で占められている。こう書くとすげーつまんなそうだが(笑)、このリフが気に入れば楽しめるのではないかと思う。あのMOONBLOODにも近い雰囲気を感じたな。
個人的にはも少しメロディアスな音が好みだが、これはこれで楽しめた。
アンダーグラウンド色プンプンなGerman Pagan Black!!


img771.jpg
YouTube

ONIRICA 「COSASONORA」

2009.12.12.Sat.22:39
2009年 Italy

90年代に多くいたMelodic Black勢(特にSwedish系?)を思わせるバンド・ロゴがなんか懐かしいな(笑)。
Andrea Donaera氏(作曲、Gt、Ba、Dr Programming)とAlessandro Solidoro氏(Vo、Key)による Anti-Christian Black Metalユニットの恐らく2nd Demo。全8曲35:03。現在はAndrea氏のソロ・プロジェクトになっている模様。ちなみにエクアドルに同名Heavy Metal(Melodic Death?)バンドがいる。
音の方はMelodic Death的泣きのGtメロディを前面にフィーチュアしたMelodic Black。#2の序盤などは思わず初期 In Flamesを連想してしまったほどだ(笑)。しかし悲痛さを感じさせる絶叫系VoはあくまでBlack Metalであることを主張している。
#3の序盤なども悲痛な絶叫Voと爆走DrがしっかりBMらしさを描き出している。
しかし#4のようなミドルテンポ主体の曲だとMelodic Death色がいっそう強く感じられてしまうのは致し方ないか(苦笑)。
#5はかなりドラマティックで良質なGtメロディが耳に残る曲。本作のハイライトチューンといってもよいだろう。
#6はピアノやチェロ? をフィーチュアしたクラシカルな小曲。イタリー産らしいな(笑)。

メロデスファンにも楽しめるであろう良質Melodic Black!!


img773.jpg
myspace

Will of the Ancients 「S/T」

2009.12.12.Sat.12:29
2006年 Canada

Key入りツインGt5人編成 Melodic Black Metalバンドの1stアルバム。全10曲49:00。
現在は若干メンバー交替があり、Key入りツインGt6人編成となっている(このアルバムでのBa/Vo担当がリードVo専任になっている)。
#1は初期チルボドを思わせるフィンランドMelodic Death的キャッチーなKeyからいきなり絶叫&Blast爆走!! これは堪らんカッコよさ!! 本編はミドルテンポで進んでいくが、ここでもKeyのキャッチーな装飾が曲に聴き易さを与えている。1:01の寒々しいKeyを伴ったBlast爆走は北欧BM的だし、2:24あたりの疾走へヴィ・リフにはBrutalな味わいもある。なかなか「美味しいとこどり」な曲だ。後半3:45あたりからのGtメロも哀愁で素晴らしい!! Voはメインは正統BM調Grim Voiceだが、部分的にLow Growlも入る。このGrowlがBa/Voの担当かも知れんな?俺の勝手な推測だが。
うをっ#3は勇壮なイントロGtメロディが最高にドラマティックで熱い!! 堪らん!! この勇壮メロはRunning Wildにも通じるカッコよさだ。ミドルチューンなのが個人的に残念な点か。タルいわけでは決してないのだが。
#4はKeyのどこか牧歌的な……Folk Metalにも通じるメロディまわしと暴虐Blast爆走の組み合わせが見事!! エキサイティング!!
#6終盤スローパートのGtソロはかなりクサい!! 哀愁!! 
#7はどこかMaidenを思わせる明確なGtメロが印象的だ。Paganチック詠唱も入ったりする。4:22からのクサメロ裏打ち爆走がカッコイイ!! ぬおっっ続けてBlast爆走!! これは堪らん!!
#8はかなりFast Black寄りBlast爆走がエキサイティング!!
 
しかしアルバム序盤で活躍していたKeyが後半になるにつれて影をひそめていく気がするのはなんだろう?(笑)
まあ曲のクオリティには影響していないが。
現在はレーベルを探している最中だそうだが、早くいいレーベルと契約して新作を聴かせて欲しいものだ。
まさに正統的ともいえるFast Melodic Black!!


img779.jpg
official
myspace

DRACHENFELS 「Bow Down Before Death」

2009.12.05.Sat.13:06
2008年 France

Julien氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの1stフル……ではなくBestアルバムらしい。全8曲32:18。07年に出た100枚限定のDemo収録曲と大半が被っているが、2曲ほど差し替えられている。
Old Schoolな雰囲気のジャケの印象とは裏腹に、かなりメロディックな疾走Black Metal。Blast爆走よりも2ビート疾走が主体ではあるが。
ところでジャケ裏にあるHail and thanks to……欄(知り合いのバンドとかリスペクトしているバンド名がズラッと並んでいるアレね)を見ると、今は亡きあのHeathen Dawnの名がある。そういえば#2で聴けるGtのメロ使いや疾走っぷりはどことなくHeathen Dawnっぽい。もしや……? と思い調べてみたら

Julien氏はもとHeathen Dawnのメンバーですた。
↑とかデカ字で書いても「おおおおっっ!!」と反応するのは世界で10人もいないだろうな(寂)。

しかし個人的にこれは嬉しい発見だった!! 死滅したと思われていたHeathen Dawnの遺伝子がこのような形で生き残っていたとは!! しかも彼はHeathen Dawnの中心人物っぽい感じだしな。
#3もイントロメロディックGtがスウェディッシュ風でカッコイイ疾走チューン!!
ウホッ#5は序盤?中盤にかけてのBlast爆走がかなりエキサイティングなハイテンションメロディック爆走チューン!! これはかなりイイ!!
うおっ#7もイントロ爆走哀愁メロディックGtがかなりカッコイイ!! これはじょばばばばばばあーーーーーーーーっっっ!!! ミドルパート1:52からのGtメロがまたイイのよ!! 彼のクサメロセンスはまだ尽き果ててはいなかった!!
ああ……ラストのミドルチューン#8で聴けるメロも地味ながらHeathen Dawnを思い出させる……(感涙)。

まああの悶絶必殺クサメロチューン「Heathen Heart」に匹敵するほどの名曲こそなかったものの、これはなかなかのアルバムである!!
今後も活動を続けて、また素晴らしいアルバムを聴かせて欲しい!!!


img780.jpg
myspace
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。