スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AISLING 「Stone Of Light」

2009.07.07.Tue.21:15
2009年 Italy

むむっ!! こりゃまた久々の正統派じじいジャケ!! 堪らんですな!!

Key入りツインGt6人編成Pagan Black Metalバンドの2ndアルバム。全10曲38:00。
#1はブラスやヴァイオリン等をフィーチュアした、交響曲&映画サントラちっくな大仰で劇的なイントロダクション。THERIONとか好きな人には堪らんドラマティックさだ!!
続く#2は哀愁泣きメロGt&Dr連打から始まる。なかなかカッコイイ!! しかし……VoがLow Growlだ。あれ? しかもスローテンポ。1:04から入る美しい女性Vo。ここで入る泣きのGtはイイな。しかしこれは
ほとんどGothic寄りMelodic Deathではないか(汗)。
前作1stは薄っぺらいがメロウなリフが爆走するMelodic Pagan Blackで個人的にかなり気に入っていたのだが……路線変更しちまうとは!!
まあ1stが02年、その後のミニが03年だから音が変わってしまっても不思議ではないが……。
かろうじてVoの絶叫パートとたまに爆走するDr、メロウなGtにBMらしさが残っているといえようか。#3の2:42からのメロディック爆走パートはなかなかエキサイティングだ。この曲でも女性Voやピアノが活躍している。
#5に於ける厚みのあるGtリフなんか完全にPower MetalやMelodic Deathのリフだもんなあ。お? しかし2:01でのGtフレーズはかつてのMelodic Blackらしさを感じさせてくれる。この曲の女性Voも聴きどころだ。
#6の美しいイントロにはハッとさせられる。ピアノ/Keyや女性コーラスが素晴らしいスローテンポのインスト小曲。それに続くように#7が始まる。Gothic Metal調だが、0:48から溜めて溜めて、0:58で一気にBlast爆走!! ここカッコイイ!! 本作中最高にエキサイティングなパートだ。 この曲も少しだけかつてのMelodic Black的メロウなGtが聴ける。#6のイントロが再登場して幕を閉じる。組曲とでもいうべきか?
#8のBlast爆走パートはVoがLow GrowlだけあってBrutal Death的だな。終盤の女性Voの歌メロがしっとりと耳に残る。美と暴虐が共存する佳曲である。
#9はRHAPSODY的というかRPG的というか……そんな感じの劇的なインスト小曲。
続くラスト#10は序盤に於けるLow Growlと女性Voの重唱パートがなかなかスリリング。0:57からのメロウなGtフレーズ&裏打ち爆走はMelodic Blackらしさがちょっぴり。

True Black Metallerには薦めないが、これはこれでなかなか高品質なGothic/Melodic Deathアルバムである!!


img762.jpg
official
myspace
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。