スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black Messiah 「First War of the World」

2009.04.28.Tue.23:58
2009年 Germany

Zagan氏(Vo、Gt、 Violin、Mandolin)率いるKey入りトリプルGt6人編成哀愁クサPagan/Viking/Black Metalバンド、待望4thアルバム!!! 全13曲64:41。前作に輪をかけたようなB級丸出しジャケが素晴らしい!!(爆)
#1はおっさんの語り&SEのみによる3分弱のイントロダクション。MANOWARの「The Warrior's Prayer」みたいなもんだ。日本人にはちとキビシイ始まりだな(苦笑)。コンセプトアルバムのようだが……。
続く#2は激クサドラマティックGtイントロからBlast爆走!! いきなりじょばばばばばーーーーーーーっっっ!!! (大失禁)このクサGtは中期Running Wildを思わせるドラマティシズム!! そう、まさに爆走するRunning Wild!! すなわち究極のMetal!!!(俺にとって)
0:36から2ビート疾走に。0:59からのやや田舎臭いGtメロもイイ!! Zagan氏のムサい中低音吐き捨てVoiceも健在だ。スローパート1:47からのGtメロがまた郷愁を誘う!! 涙!! その後再び疾走!! 2:34からクサメロBlast爆走!! ぶび●●●●●●ーーーーーーーーーっっっ!!!!!! (大脱糞)さらに5:02からドラマティック2ビート疾走!! ぶば●●●●ーーーーーーーーってかこの辺はモロに古き良きGerman Metal!! 堪らん!!
#3は旧作にもあったタイプのクサ哀愁ヴァイオリン鳴りまくりチューン!! ぷう?ん(爆)。Zagan氏がダミ声で歌いまくるFolk色強い曲。笛も入るぞ!! 基本ミドルテンポだが、1:33から劇的勇壮爆走!! 2:03からの哀愁泣きメロがクサすぎるくらいにクサい!! 俺がクサすぎるというのだから相当クサいのだ!! オオッ!! イクッ! イクウウウウウウウーーーーーーーーッッッ!!! びゅるっ! びゅるるるるううううーーーーーーっっ!!! このどこか懐かしいメロディ、やっぱお前ら日本人だろ? うはああああああっっっぷ4:07からのヴァイオリンソロはNew Trollsもビックリなほどクラシカル!! その辺の様式美バンドなど裸足で逃げ出すだろう!!! 終盤で再び勇壮爆走&クサ疾走!! もうニヤニヤが止まらねえよ!!!!
#4は彼らにしては若干ストレートな2ビート疾走チューン。Power Metallicで硬質な印象。しかしやはりクサさを忘れてはいない! 2:50からのクサメロ疾走Gtソロが悶絶級に堪らん!! またイクびゅるるっるるるるうううーーーーーーーっっっ!!!!!
また語りのみの#5に続く#6はミドルテンポから始まる。随所でクサい! アップテンポになる2:22からがまた感動を呼ぶクサ疾走!! 何故このバンドはこんなにも泣けるのか??? うおおおっっ3:19からのメロディック疾走はまさに正統German Metal!!! 
#7は序盤はやや地味めなミドルテンポ。しかし1:21からの勇壮薄メロ爆走がまた堪らん!! この辺はBlack Metal色が強いかもな。スローパート4:33からのヴァイオリンソロがまた哀愁!! 特に5:25からのくだりに感動!! 
#8もモロにMANOWAR「The Warrior's Prayer」なおっさんの語り&SE。てかパロディじゃねーの? というぐらい似てるな。
#9はMaidenを思わせるメロディック裏打ち爆走からスタート!! ミドルパート0:37からのGtメロがまたヒロイックかつ哀愁!! さらに「Keeper?」時HELLOWEENを思わせる疾走!! これもGerman Power Metal色が強い曲だ。てかほとんどがそうだな(笑)。
#10は再びヴァイオリンをフィーチュアしたミドル?スローテンポから始まる。しかしZagan氏のVoが始まると共に疾走!! スローパート2:34から入る詠唱も朗々としていて良いな。その後Zagan氏のGrim絶叫と共にBlast爆走!! バックで鳴るヴァイオリンがまたイイ!!
#11も語り&SE。
#12はヴァイオリン&アコギによるスローバラード調の曲。泣けますな!! 朗々としたノーマルVoが良い。これもZagan氏なのか? 中盤の盛り上がりは感動モノ!! しかしそれだけではない!! 曲が終わるのか? と思わせる6:35からさらに劇的にクラシカルに盛り上がりBlast爆走!!!! た、堪らねえええ恵ええーーーーーーーーーーっっっ!!!! 死ぬううううううううぶぼば●●●●●ーーーーーーーーっっっ!!!!! 
ラスト#13は笛をフィーチュアした牧歌的なイントロから始まるFolk色強い疾走曲。VoはノーマルVoで、野郎複数名で合唱している。1:50からヴァイオリンがクラシカル疾走!! マンドリンも活躍!!
個人的には劇的感動曲#12で締めて欲しかった気もするが、まあこのクオリティを前に細かいことは言うまい。#13はボートラだしな。

作風としては2ndに近い印象を持った。
しかし個人的には彼らのアルバム中でも最高傑作と呼びたい出来映えだ!!
てかもう2009年ベストアルバムはコレに決定!!!!!!


225555.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

KIRCHENBRAND 「Abgründe」

2009.04.26.Sun.19:43
2008年 Austria

Thy NemesisのメンバーでもあるChristcrusher氏(Vo、 Gt、Ba)とPercht氏(Dr)による2人組Black Metalユニットの1stアルバム。全8曲40:58。ちなみに同名Black Metalバンドがドイツにもいる。
RawでPrimitiveだがメロウなGtリフ、エコーの効いた邪悪で荒々しいVoが特徴か。Thy NemesisよりもPrimitive度、ポンコツ度が強く感じられる(笑)。
しかし#1の中間部あたりで聴けるような、流れていくような感じの疾走Gtメロディには欧州産バンドならではの魅力を感じ取ることができる。リズムに関しては基本的に爆走チューンが多いが、やや単調な感じがするのとスネアの音が迫力に欠けるのが難点か。
#3はミドルパートに於ける哀愁Gtメロディが妙にキャッチー(笑)で耳に残る。
#4はクリーンGtが部分的に使われていて、RawなGtリフとの対比が効果的だ。
#6も爆走チューンだが、終盤近く5:03からの薄メロディック爆走がカッコイイ!!
#7も荒涼感溢れる爆走チューン!! ミドルパート3:40あたりのメロがまた妙にキャッチー(笑)。
ラスト#8も爆走しまくり激エキサイティング!!

邪悪でありながらキャッチーさもあるMelodic Primitive Black!!


img727.jpg
myspace

MORPHEUS 「Extermination Of The Dominant Species」

2009.04.22.Wed.22:16
2007年 Greece

ん?実に買う気が起こらんジャケだ(爆)。
しかしコレがなかなかイイ!!
Key入りツインGt6人編成Symphonic Black/Death Metalバンドの1stアルバム。全12曲59:39。ちなみに同名バンドが他に9つほど存在する(汗)。
#1は大仰かつ壮大なKeyオーケストレーションによるクラシカル・シンフォニックなイントロダクション。女性コーラスが入るところなど初期COF的だ。期待に胸が高まる!!
続く#2はDeath Metal的アグレッシヴなへヴィ・リフ&爆走&Low Growlが襲いかかる!! それでいてバックでは壮大なKeyが鳴り響いている。途中から絶叫Black Grim Voiceも入ってくる。かなりピコピコいうKeyが好き嫌いを分けるかも知れないが、俺は曲がカッコイイのでさほど気にならない。曲がいったん静止して3:12あたりから入るKeyソロパートもひたすら壮大でイイ!! そして再びアグレッシヴ&シンフォニックに攻め立てる!! 4:42からシンフォニックBlast爆走!!
#3になるとDeath色よりもSymphonic Black色のほうが強くなる。よりCOFっぽいか? しかしKeyの使い方はCOFより派手かもな。イントロや間奏でピアノが大活躍している。4:25からのKeyパートは80年代以降のProgressive Rock的な(分かりづらいか? 汗)夢幻的な魅力がある。
#4はけたたましいシンフォニック爆走イントロがイムパクト大!! 今度は序盤はへヴィ・リフ&Low Growlから始まる。Death Metal的Brutal爆走の後、今度はCOF風に絶叫&2ビート疾走!! いやいや目まぐるしい展開だ(笑)。飽きさせんわ。3:11からのシンフォニックKeyもイイ!!
#6はチェロ&アコギ&男女ノーマルVoによる小曲。実に厳かでイイ!! Gothic Metalファンにもアピールしそうな曲だ。
#8はBlast爆走しまくりハイテンションアグレッシヴチューン!! 特に後半3:06からの爆走パートはかなりエキサイティング!! 当然シンフォKeyや泣きのGtもありますよ。
#10は2:00ジャストからの男女コーラス&爆走パートがかなりCOFっぽい(笑)。まあ気にしなければかなりドラマティックでカッコイイ!!
#11も劇的シンフォアグレッシヴハイテンションチューン!! 3:00からのGtソロが聴かせる!! さらにチェロがちょこっと再登場!! クラシカル堪らん!! じょばばばばばばーーーーーーーーーっっっ!!!! その後はひたすらアグレッシヴに疾走&爆走!! Low Growlと絶叫Grim Voiceのバトル!! 激エキサイティング!!
ラスト#12はアウトロっぽいKeyとGtメインのインスト。

シンフォニック&クラシカルなKeyとBlack Metal、Death Metalのアグレッションがハイテンションかつ見事な融合を果たしている。初期COFにDeath Metalの攻撃性を導入したような音をイメージして頂ければよいかと思う。マルタのMARTYRIUMにも近いかな(つっても分からんね笑)。しかしギリシャ産でシンフォって珍しいな(笑)。
美しくも暴虐的なSymphonic Black/Death!!


img728.jpg
official
myspace


GRIMNIR 「Kreuzzug in den Tod」

2009.04.19.Sun.21:43
2006年 Austria

トリオ編成(GtがVo兼任)War Black Metalバンドの1stアルバム。全8曲43:21。
War BlackというとFast&Brutalな音をイメージしがちだが、このバンドはそういうタイプではない。
Gtリフはやや厚みがあるが重過ぎず硬過ぎず、適度にメロウで柔らかみがある。Voはカン高い絶叫Grim Voice。やや後ろに引っ込み気味か。リズムはBlast爆走とミドルテンポが半々くらいという印象。
#1ではミドルパートに於ける薄メロがほのかなドラマ性を描出している。
#2は怒涛のBlast爆走から始まり、0:41からのミドルパートでのGtメロが聴かせる。そして再び爆走!! なかなかエキサイティングだ。
#4もミドルパートのGtメロがイイ感じ。このパターン得意だな? 
#5は基本スローチューンで終盤近くになって爆走するのだが、5:18から前面に出て活躍するBaが印象的だ。
#7はメランコリックなメロのスローテンポによる導入部が印象的。本編がやや地味な感があるのが残念か。
ラスト#8は爆走から始まり、ミドルパートと交互に攻めてくるタイプの曲。この曲もミドルパートでのGtメロが印象的だ。

曲構成が似たよったパターンの曲が多いのが難点だが、センスは悪くないと思う。
なかなか聴かせるタイプのWar Black!!


img729.jpg

Ad Nihilium 「W Zgliszczach Przebaczenia」

2009.04.18.Sat.15:38
2008年 Poland

Northrend氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの2nd Demo。全8曲18:46。短けえ(笑)。つかイントロだけみたいな1分に満たない短い曲も1曲にカウントされてるわ(汗)。ちなみに限定100枚だって(爆)。
ジャケの雰囲気から何となく硬質なFast Blackを予想していたのだがそんなことはなく、意外とメロウで聴きやすいサウンド。VoはRawでTrue Blackな絶望系絶叫Grim Voiceだが。Drはスネアの音がよく聴こえない(笑)。故によく聴いてないと、今どういうテンポなのかリズムがよく分からない(爆)。Gtは意外とメランコリックないい味わいを出している。初期BURZUMあたりをお手本にしているのかな? と思わせる。
#6は正統Melodic Blackともいうべき疾走チューン!! これはやや地味ながらもなかなかカッコイイ!! 
ラスト#8はラストに相応しく、叙情的でドラマティックなGtメロが素晴らしいスローチューン。てかこれBESATTのカヴァーだった(汗)。しかしまたマニアックなバンドのカヴァーを……

小粒ながらもなかなか聴かせるメランコリックBlack!!


img731.jpg
myspace

ADUMUS 「Invincible Black Order」

2009.04.12.Sun.12:24
2008年 USA

おお、実に熱いBattle Warriors of Steelなジャケですな!!
ツインGt4人編成(VoがBa兼任)Black Metalバンドの2ndアルバム。
#1は劇的で荘厳なKeyによるイントロダクション。US産とは思えない大仰さが堪らなくドラマティック!!
続く#2はイントロの薄メロディック爆走が堪らなくカッコイイ!! 本編序盤はミドルテンポ。1:10から爆走再開!! ただイントロを超えるインパクトがないのが残念か。
#3もイントロがかなりドラマティック&スリリング!! 即爆走!! 0:40からミドルと爆走を繰り返す。ミドルパート1:21あたりの妙なキャッチーさが良い。
#6は正統Fast Melodic Blackといった感じの曲。ありがち感はあるものの、なかなかカッコイイ!!
#7も同様のFast Melodic Blackスタイルだが、こちらはよりメロディがカッコよくスリリングだ。特に1:25からの疾走Gtメロは堪らん!!! 北欧Melodic Death的な煽情度がある。本アルバム中この曲がいちばん好きだな。
ラスト#9はどこかMaidenを思わせる叙情的でメランコリックなイントロがイイ。その後即Blast爆走!! 俺の好きな静と暴のギャップ!! 堪らん!! 前半はひたすらエキサイティングに爆走!! その後ミドル?アップテンポになり落ち着いた展開になるが、後半も3:39から爆走!! 終盤近くのスローパートではイントロのメロ+鐘の音が入ったりと、なかなか凝った作りとなっている。

いかにも欧州志向のUSバンドといった感じの音で、全体的にはやはり本場欧州産に比べるとメロディのクサみは弱くあくまでも薄メロ系なのだが、適度にRawなGtリフと薄メロのバランスが心地よく、これはこれで俺は楽しめた。
今後も欧州志向を貫いて欲しいEpic Black Metal!!


img741.jpg
official
myspace

ARUM 「Occult Cataclysm - The New Era Rises」

2009.04.11.Sat.00:03
2006年 Brazil

トリオ編成(GtがVo兼任)Black Metalバンドの3rdアルバム。全9曲45:17。ちなみにイタリアに同名Black Metalバンドがいた(現在既に解散)。
南米産らしい無骨な、厚みのあるRawなGtリフを基調としたBlack Metal。Voはかすれ気味の吐き捨てVoiceだ。
#1はミドルチューン。Baが結構活躍している。2:29から美しいアコギが乱入!! 叙情性もしっかりあるのが素晴らしい!! 女性Voもちょっとだけ入る!! 3:36からは古典的HR調Gtメロが聴ける。
#2はキャッチー&哀愁メロディックなイントロがイイ!! 本編はミドルテンポ基調だが、1:28からメロディック爆走!! この曲も古典的HR調Gtフレーズが聴けるな。意外とその辺の影響も大きいのかも? 
#3は前半爆走しまくりだが、後半はミドル?スローパートメインに。4:09からのGtソロが哀愁メランコリックでイイ!! その後久々に爆走!! 堪らんエキサイティング!!
#4はしっとりとアコギソロから始まる。序盤スローテンポ。1:54からのBaラインが印象的。Maidenを彷彿させるな。その後Blast爆走!! その後ピアノ&スローテンポに。再び爆走!! なかなか目まぐるしい展開だ(笑)。4:06からリリカルなピアノと共に爆走!! 爆走とスローテンポを交互に配した曲調だ。
#6もしっとりとアコギから入る曲。アコギ好きだな(笑)。その後ミドル?爆走!! 静と暴のギャップが堪らん!! 
#7もアコギ(笑)。ディストーションGtと絡むインスト曲。1:40からのGtメロがイイ!!
ラスト#9もアコギを絡めた曲。序盤の寂寥感は何とも言えない味がある。その後爆走!! #6と同タイプの曲だな。Baも相変わらず活躍している。

アコギの叙情性、前面に出たBaライン、爆走とミドル?スローの対比が印象的なアグレッシヴBlack!!


img722.jpg
myspace

HELVETE 「Warmasters」

2009.04.01.Wed.22:10
2008年 Mexico

ここんとこ白黒ジャケのアルバムが続いております(笑)。白黒ジャケというと大抵はPrimitive/True BlackかDepressive系というイメージが強く、ウチでここ最近紹介したアルバム群もどちらかというとTrue Black寄りの音だった。が……このアルバムは違う。
このジャケでSymphonic Blackなのだ(爆)。
Key入りツインGt6人編成Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。全8曲36:33。うち4名は以前ウチで紹介したBlack Abominationのメンバーでもある。このHELVETE、同名バンドが他に5つほど存在する。まあありがちなバンド名ではあるな(笑)。
ひたすら大仰で荘厳なイントロダクション#1から幕を開け、#2は剣を打ち鳴らすBattleなSE&絶叫&勇壮さも感じさせるシンフォニック2ビート疾走から始まる。さらにBlast爆走!! カッコイイ!! しかし音は良くないな(汗)。Drもあまり上手くないかも(汗)。しかしイタリアンシンフォ系を思わせる中世チックKeyが味わい深くて◎。ピアノも美しくドラマティックに活躍してます。後半部?終盤のKeyは北欧風の寒々しさがあってイイ!!
#4は序盤でPagan/Viking系を思わせる雄叫びがあったりしてちょっと新鮮。終盤のシンフォニック疾走&爆走もかなりエキサイティング!! 
#5はちょっとCOFのパクリくさい疾走パートがあったりもするが(苦笑)、そこさえ気にしなければかなり劇的&アグレッシヴな本作中のハイライトチューンだと思う。
#7のかなりチープ感溢れるKeyも微笑ましいな(笑)。

音質の悪さも含め、俺は何となくイタリアのNAZGULを思い出した。まああそこまで徹底したクサ大仰サウンドではないが。
メキシコ産としては珍しい? 劇的爆走Symphonic Black!!
プリ好きでシンフォ嫌いな人はジャケに騙されないよう注意!


img710.jpg
myspace
audiostreet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。