スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dark Forest 「Aurora Borealis」

2009.01.31.Sat.14:35
2007年 Canada

David Parks氏によるひとりPagan/Viking/Black Metalプロジェクト(Drのみセッション・ドラマー)の06年リリース1stアルバムに05年のDemo4曲をボートラとして追加収録した再発盤。全12曲76:46。ジャケはKris Verwimp画伯ですな♪ Liveメンバー4人を率いてLiveも行っているようだ。ちなみに同名異バンドが他に4つ存在し(解散したもの含む)、またDARKFORESTというRaw Melodic BlackバンドがUSAに存在していた(現在既に解散)。まあありがちな名前ではあるな(笑)。
荘厳かつ壮大なKeyによるイントロダクション#1から幕を開ける。この辺はWINDIRあたりの影響を感じる。
#2は高速2ビート疾走からスタート!! 意外とTrue Black調だ。しかし40秒ほどで壮大な感じのミドルテンポへ。AtmosphericなKeyが魅力的だ。リフはメロウながらもややPrimitive寄り。詠唱コーラスもありますよ。ずっとミドルだったが、5:59から裏打ち爆走が部分的に入ってくる。
#3は初期COB調のキラキラKeyイントロにビックリ(笑)。即爆走!! キラキラ爆走!!(笑)1:04から壮大に寒々しくシンフォニック爆走!! この辺は北欧Black勢にも負けないカッコよさだ。
ぶはっっ#4の5:39からのシンフォニック爆走も劇的で感動的!! ParksさんKeyメロセンスが素晴らしいよ!!
#7はスローチューンだが、4:07からのGtソロが聴かせる!! やはりWINDIRの影響を感じるな。まあWINDIRほどの悶絶落涙レヴェルではないのだが。その後の「オ?オ?」と入る詠唱もイイですな♪
#8は本来アウトロとなる壮大なインスト曲。この大仰さが堪らん!!
#9?12がDemo収録曲。基本的にはアルバム曲と同じ路線……というか#10、11はアルバム曲#4、5と同じ曲でした(笑)。ヴァージョン違いではあるが。こっちのほうがKeyが前面に出てるな。

欲を言えばGtメロにもっとインパクトが欲しかったが、Keyがそれを補って余りある魅力を持っている。
壮大な引き込まれる力を持つForest Symphonic Viking/Black!!


img696.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

SLAVIGROM 「Kraj Temny」

2009.01.28.Wed.22:14
2008年 Slovakia

トリオ編成(GtがBa兼任)Pagan Black Metalバンドの4曲入りミニCD-R。トータル20:08。限定99枚で手書きナンバー入り。ちなみに俺のは44番。現在はVoが脱退し、Baが新加入。DrがVo兼任のトリオ編成となっているようだ。
音のほうはどこがPaganよ? と言いたくなる(笑)典型的Primitive Black調ジャリジャリGtリフがBlast爆走と共に襲いかかる。まあ歌詞がPaganismなんだろうけどさ。Voは中低音吐き捨てGrim Voice。お? しかし薄っすらとメロディアスなGtパートもある。Gtの音がPrimitiveすぎるせいかBaラインがよく聴きとれる(爆)。
#1のミドルパート2:33あたりではほのかな叙情性も感じさせる。終盤4:07からはFast Melodic Blackばりのメロディック爆走を聴かせてくれる。ここイイ!!
#2のミドルパートでも聴かせる姿勢を感じる。うおおおっっ2:51のメロディック爆走カッチョエエ!! 堪らなくドラマティック!! 
#3は前半地味めのミドルテンポだが、後半でエキサイティング薄メロ爆走してくれる!!
ラスト#4もイントロからドラマティック!! この曲は全編にわたって薄メロGtが堪能できる。

なかなかイイ感じのFast Melodic Primitive Black!!
スロヴァキアも侮れませんな!!


img682.jpg

You Tube(Live・07年のDemo収録曲)

TORMENT 「Without God's Blessing」

2009.01.27.Tue.21:33
2008年 Czech Republic

ツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Medieval Black Metalバンドの2ndアルバム。全11曲41:41。ちなみに同名バンドが……すげーたくさんいる(笑)。調べただけでも20バンド以上(爆)。ロゴはThrash系にありそうなデザインだな。
音のほうはかなりメロディアスで聴きやすい Black Metalをクリエイトしている。Voは絶叫Grim Voiceだが、部分的にLow Growlが絡んだりもする。Gtリフや2ビート疾走パートはPower Metal的だ。
#1の1:35あたりのGtメロはENSIFERUMっぽい勇壮で分かりやすいメロでオッ? と思わせる。ミドルパート2:44から入る低音詠唱なんかもViking Metalっぽい。
#2の2:48では「ヘイ!」の掛け声も入るしな(笑)。うおうそれに続くメロディック2ビート疾走がカッコイイ!!
#4序盤のGtメロなんかもENSIFERUMがやりそうなメロだ(笑)。まあBlast爆走パートなんかもあってBMらしさ皆無というわけではないが。
#6?8もENSIFERUM(以下略)
#10、11はなんとアコギ&ノーマルVoのみによるアコースティックチューン。こういう曲を聴くとやっぱFolk Musicも彼らのルーツのひとつなのかな? と思わせる。しかし2曲続けてやられるとなあ(汗)。

BMらしいのはVoとたまに入るBlast爆走ぐらいで、全体的にはフィンランド産Melodic DeathやViking Metalに近い印象を受けた。むしろその辺が好きな人におススメかもな。それだけでなく欧州HMファンであれば楽しめる音だと思う。個人的にはちと甘口なんだが(笑)。
キャッチーで聴きやすいMelodic Black!!


img684.jpg
official
myspace

SWIATOGOR 「Tym Co Rodzimej Tradycji Wciaz Wierni」

2009.01.25.Sun.10:42
2005年 Poland

長いうえにワケわからんタイトルですな?ポーランド語?(汗)
Key入り4人編成Pagan Black Metalバンドの1stアルバム。全11曲38:20。現在Drは不在らしい。
音のほうは初期Nokturnal Mortumや初期Ashen Lightを彷彿とさせる、独特のKeyを味付けに用いたPagan Blackをクリエイトしている。ややPrimitive寄りのGtリフ、疾走しまくるDr、リリカルで幻想的なKeyワーク、吐き捨てがなりVoが特徴だ。
#2は2ビート疾走Dr+キャッチーなKeyがもろにNMっぽくてイイ!! このKeyは個性的ではないものの、なかなかいいセンスを持っている。 Gtも適度にメロウで、疾走パートはPower Metal的なカッコよさを持っている。
#4は序盤スローパートでのやる気のない(笑)ノーマル詠唱Voが印象的。3:37からBlast爆走!!続いて2ビート疾走!! その後スローパートとやる気なし詠唱(笑)に戻る。この曲でもKeyが活躍している。
#5イントロのKeyメロも引き込まれるような魅力を持っている。素晴らしい!! その後2ビート疾走!! 1:52から薄メロBlast爆走!! ここ堪らなくドラマティック!!! 2:23からKeyも参加し、シンフォニック疾走&爆走!! じょばばばばばばあーーーーーーっっ!!! ウホッ3:04から笛登場!! このリリカルなメロが堪らん!! プピ?♪
#6もノーマル詠唱Voがフィーチュアされている。
#7はアコギと笛のみの2分弱のインスト。叙情的で心癒されます。プピ?♪
#9はまた深遠で壮大なシンフォニックKeyによるインスト。1分半強。
#10はスロー曲、#11はアウトロ。ん?曲としては悪くないんだが、個人的にはやはりラストはハイテンション疾走チューンで盛り上げて欲しかったな。

個人的にGtのペラさが少々気になるが、まあ本人らは意識してこういう音にしてるんだろうな。
リフにもっと厚みがあればHMファン全般におススメできる作品なのだが……。
幻想的なKeyが魅力の疾走Pagan Black!!


img685.jpg
myspace

UTLAGR 「1066 - Blood and Iron in Hastings」

2009.01.24.Sat.22:29
2007年 Canada

またカナダだ(笑)。
トリプルGt5人編成(GtのひとりがVo兼任)Pagan Black Metalバンドの1stアルバム。全10曲49:19。ちなみに現在はGt2人とBaのみのトリオ編成になってしまっているらしい。
音の方はややDeath Metalよりの重低音の効いたGtリフを主軸に据えたへヴィな質感のBlack Metalである。Voは絶叫Grim Voice。やや後ろに引っ込み気味か。Drの音もなかなかパワフルで破壊力がある。Gtは時折メロウなリフを聴かせてくれる。リズムは割とゆったりとしたミドル?スローテンポとBlast爆走の組み合わせが多い。
#2のミドルパートで聴けるほのかに勇壮なGtメロが地味ながらも耳に残る。
#3はDeath Metal的Brutalなリフと爆走で襲いかかるアグレッシヴチューン!! 
うおっぷ#4は正統Fast Melodic Black調のイントロが堪らなくカッコイイ!! 本編はミドルテンポがメインで、部分的にメロディックBlast爆走パートが切り込んでくる。
#6もミドルチューンだが、Melodic Deathを思わせるメロディアスなGtフレーズとキャッチーなリフが新鮮だ。シングル向けだな(爆)。
うおおおおおおっつ#7こそ正統Fast Melodic Blackチューン!! ドラマティックBlast爆走の嵐!! 堪らん!! 鼻血ぶばばっっ!! 痙攣しながらヘッドバンギング!! 本作中最大のキラーチューン!!!

割と似たようなミドル?スローテンポから始まる曲が多く、その辺に工夫を凝らしてもらいたいなと思ったが、どの曲にも要所要所に聴かせどころがあるのは大したものである。
Death Metalファンもイケそうな重量感のあるPagan Black!!


img708.jpg
official
myspace

Black Lotus  「Harvest of Seasons」

2009.01.24.Sat.15:16
2008年 Canada

んん?美しいジャケ&ロゴですな!!
Key入りツインGt6人編成Black Metalバンドの2ndアルバム。全8曲44:00。
ブックレット内のメンバー写真を見てみると一人はDODHEIMSGARD、一人はHELLOWEENのTシャツを着ている。実に幅広い音楽性を内包しているバンドだと期待させるな(爆)。いや、それよりも音楽性の相違というやつでいつバンドが分裂するか分からないという心配のほうが大きかったりするが(汗)。
音の方はクリーンVoを多用したBlack Metalで、バックに薄っすらと流れるKeyパートにはAtmosphericな要素も感じさせる。メインVoはやや中低音域Grim Voice。リズムはミドル主体で、要所要所に爆走パートが挿入されるというスタイルだ。
霧のかかった欧州の渓谷を思わせる音作りやクリーンVo詠唱パートなどは、WINDIRやCor Scorpiiあたりを想起させる。と言っても彼等のような悶絶クサメロGtは聴けないのだが(苦笑)。あと初期VINTERSORGや1stのULVERあたりも思い出した。
#5などで聴ける詠唱+Blast爆走パートはなかなかエキサイティングでカッコイイ!!
オフィやマイスぺを見るとFolkの要素も内包していると謳っているが、所謂昨今のFolk/Pagan/Viking的な要素は希薄であると感じた。笛もバグパイプも入ってないしな。その辺が好きな人は要注意(笑)。
個人的にはも少しGtメロやKeyメロにインパクトが欲しかったが、全体の雰囲気は悪くない。
次作にも期待したいForest Black!!

ちなみにDODHEIMSGARDっぽさもHELLOWEENっぽさも皆無でした(爆)。


img686.jpg
official
myspace

PACTUM 「Desecration is the Cult we Belong」

2009.01.18.Sun.13:10
2007年 Brazil

トリオ編成Satanic Black Metalバンドの3rdアルバム。全7曲31:35。現在Baは不在のようだ。
音はリフ&リズムにOld School Thrashを思わせる雰囲気もあるRawでアグレッシヴな疾走True Black Metalだが、随所でGtがメロウなフレーズを聴かせてくれている。クリーンGtによる叙情パートなどもあったりする。Voは絶叫Grim Voiceだが、高音域がやや苦しそうだ(笑)。
#2の序盤などはFast Melodic Black的なカッコよさも持っている。
#3序盤の疾走パートもかなりスリリングでイイ!! 
#5もOld Thrash色濃厚な曲だが、間奏部のGtメロが聴かせる!!
#6全編を通して聴ける薄メロ爆走も、#2に通じるカッコよさ!! この曲が一番好きかな。
ラスト#7はひたすらヴァイオレントな疾走チューン!! 2:23からメロディックGt乱入!! この後メロディック爆走しまくり!! 堪らん!! 

充分にメロディックなパートがありながらもMelodic Blackと呼び難いのは、やはりリフ&リズムの持つRawなアグレッションによるものだろう。あとジャケやメンバーの放つオーラのせいもあるかな。
ブラジル産らしい熱いTrue Fast Black!!


img688.jpg
myspace

ANTHELION 「Bloodshed Rebefallen」

2009.01.18.Sun.09:23
2007年 Taiwan

Key入り4人編成(KeyがVo兼任)Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。全9曲51:55。ちなみに同名Progressive Metalバンドがイタリアにいた(現在既に解散)。
#1はThrash Metal的なエッジの立ったへヴィなGtリフとLow Growlからスタート!! 即座に絶叫Grim Voice!! 荘厳なシンフォニックKey!! そしてBlast爆走!! 本編では2ビート疾走!! 十分すぎるツカミだ。ここでのリフと疾走リズムはThrash Metalからの影響を窺わせる。ミドルパートでの不気味なKeyも印象的だ。3:36で溜めて溜めて、一気に爆走!! エキサイティング!! 4:53から入るピアノ/シンセパートがまた美しい!! 終盤ミドルパートでの勇壮なGtメロも印象的だ。
#2、3はピアノソロのみの小曲。#3がまた叙情的で泣ける!! 
#4はキャッチーなKeyが印象的なミドルテンポから始まる。なんか初期COBやNORTHERといったフィンランド産Melodic Deathを思わせる曲だ(笑)。0:40からメロディック2ビート疾走!! Gtがクサい!! その後はミドルテンポ。4:10からピアノソロが入り、Blast爆走!! 4:48からの疾走薄メロGtがまたイイ!! ミドルパート5:29から後ろの方でひっそりと聴こえる「ア?ア?アア?」というコーラスが印象的。ここでのGtメロもクサい!! 個人的には前半のKeyがキャッチーすぎるが、いい曲だ。クサメタラーに受けそう。
#5は女性ソプラノVoから始まる。ゲストか? その静寂を突き破るGrim Vo!! スローテンポで曲が進む。Low Growlも入る。荘厳なKeyメロがイイ!! ミドルテンポに移り、2:18からBlast爆走!! このあたりはCOFっぽいな。VoもDani Filthタイプだし。基本的にはミドル?スローチューン。
#6はイントロのDeath Metalチックへヴィ・リフに驚かされる。哀愁クサメロGtを絡めたスローテンポで曲が進む。ここでもひっそりと女性Voが聴けるが……聴き取りづらい。もっと前面に出せばいいのにな? 基本ミドルテンポに部分的に爆走パートが入るという構成。後半GtリフもDeath/Thrash的な厚みを持ったものになる。5:18からの哀愁クサメロディックGtの乱舞は聴きどころ!! 女性Voも参加!! 正統HMの影響も受けてるんだろうなと思わせるパートだ。
#7のリフもThrashyだ。序盤ミドルだが、1:08から爆走!! エキサイティング!! しかしメインはミドル?スローテンポか。うおっぷ4:38からのキャッチーメロディックGtがすげえイイ!! 一発で覚えられるメロだ(笑)。6:31からのGtメロもクサい!!
#8は序盤ちょい溜めてからBlast爆走!! ここでもThrashyリフを聴かせる!! その後メロディックミドルパートへ。女性コーラス参加。3:11から荘厳ドラマティックシンフォニックBlast爆走!! 堪らん!! しかし短め(汗)。
ラスト#9は正統Fast BlackチックBlast爆走からスタート!! その後2ビート疾走!! 乱入するメロディックGt!! ここは皆さんヘッドバンギング!! 例によって女性Voもひっそり聴こえてきます(笑)。その後ミドルに。何故かミドルパートでCOF色を強く感じる(笑)。おっ3:37からフィンランド系キラキラKey参加(笑)。そしてクサメロGt!! 4:32から再びメロディック2ビート疾走!!ヘッドバンギング!! でイキナリ終わる(汗)。ちと唐突か?

台湾産Symphonic BlackということでどうしてもChthoniCと比較されてしまう運命にあるバンドだと思うが、個人的には楽曲の点ではChthoniCに全くひけをとらない……いやむしろ勝ってると思うぞ!!
負けてるのは
Dorisタンのような萌えメンバーがいないという点ぐらいだ(爆)。
特にギタリストのメロディ・センスに非凡なものを感じ取れた!!
ThrashyなリフとクサメロGtが印象的な、ハイクオリティSymphonic Black!!


img680.jpg
myspace

KRADA 「Steps」

2009.01.12.Mon.21:28
2008年 Russia

KRODAではありませんよ(笑)。
詳細は不明だが、恐らくトリオ編成Pagan Black Metalバンドの6曲入りミニ。トータル28:53。現在はYaromir氏(Vo)一人だけになってしまっているらしい?
このバンド、オフィもマイスぺも見当たらず、ろくに試聴もせずにロゴ買い(笑)。いや、ロゴ自体は別にカッコよくも何ともないんだけど、なんか好みの音っぽいオーラを感じたので(笑)。
#1は適度にへヴィなリフ+シンフォニック爆走からスタート!! おお、いきなり好みだ(笑)。北欧チックな寒々しいKeyが堪らん!! 本編はミドルテンポ。VoはBlack Grim Voiceだが、部分的にLow Growlも登場。全体的にバックのKeyが勇壮さを上手く演出している。
#2も劇的なシンフォニック爆走からスタート!! こっちはイタリアのバンドあたりがやりそうな、中世暗黒美ともいえる魔力を秘めたKeyワークが光るイントロだ。これも本編はミドル。0:41から妙にキャッチーなKeyを聴かせる(笑)。これ以降でも、Keyが実にいい仕事をしている。
#3は一転して、アコギとフルートメインのしっとりした叙情曲。語りかけるようなノーマルVo。Metal色ゼロ。
#4はミドルで始まり、0:21からシンフォニック&Brutalに爆走するイントロが激エキサイティング!! すぐミドルになり曲が進んでいくが、この曲のKeyもイイよなあ?Gtのエッジを壊すこと無く、適度に自己主張している。1:32から2ビート疾走!! 10秒ほどでミドルになり、フルート乱入!! Pagan/Folk色が出てきましたねえ。
#5はバグパイプ(かな?)から始まるへヴィなミドル曲。2:13以降のKeyの活躍ぶりが印象的。このバンド、いちいちKeyがカッコイイんだよなあ?うおう3:30から荘厳Blast爆走!! この後スローテンポと爆走を繰り返す。スローパート5:20からフルート参加。そしてフルートを交えながら爆走!! この辺りの展開はかなり劇的でエキサイティング!! 終盤はしっとりとフルートソロで締める。
ラスト#6はクリーンGtとフルート、アコギ、ノーマルVoによる#3タイプのアコースティックアウトロ。

いやこんなにイイとは思わなかったな?試聴しないで買ったから得した気分♪
なかなかハイクオリティなSymphonic Pagan Black!!


img673.jpg

You Tube



FANISK 「Die and Become」

2009.01.12.Mon.15:24
2008年 USA

W. Vitholf氏(Vo)とEldrig Van氏(Gt、作曲)によるNS Symphonic Black Metalユニットの02年リリース1stアルバムの再発盤。全6曲51:43。大作主義で、イントロ&アウトロの#1、6(この2曲のみW. Vitholf氏が作曲)を除く#2?5は全て10分前後の曲(最長の#4は15:12)だ。Eldrig Van氏はFANISKと同様の音楽性を持つひとりNS Symphonic BlackプロジェクトELDRIG(当Blogで紹介済み)でも活動している。
音のほうはひたすらシンセ駆使しまくりの大仰で荘厳でオーケストラルなSymophonic Blackをクリエイトしている。ELDRIGを聴いたときと同様、何故か大御所シンフォ系ではなくSwedenのPARNASSUSを思い浮かべた(笑)。恐らくこのチリチリしたGtとRawなDrの音がそうさせるのだろう。コテコテシンフォでいながらプリ寄りGtの音って、あまりないからな。まあBal-SagothやLimbonic Artあたりを例えに出してもいいんだが(笑)。
しかしこのUS産とは思えないドラマティシズムは凄まじい。劇的で攻撃的で叙情的……特に#3のイントロに於けるシンフォニック爆走パートは実に素晴らしい!! 
#4の序盤などは映画音楽的な荘厳さと重厚さを持っている。そして2:26からBlast爆走!! このギャップが堪らない!! まあ正直Gtのペラさが気にならんでもないが、Black Metalらしくていいんじゃないか? (笑)8:03からのシンセも映画音楽チックで素晴らしい!! この荘厳パートから一転し、再びBlast爆走!!
#5の爆走パートを挟んだ2:34あたりからの高揚感溢れる劇的ミドルパートも実に感動的!!

シンフォ系で大作志向。故に若干Atmosphericなパートもあり、そこがタルいと感じる人もいるだろう。BMにアグレッションのみを求める人には薦めない。ただこの劇的音世界は、ハマってしまったら抜け出せない魔力を持っている。
浸り込み系ヲタクメタラーにおススメだ!! (こんなのばっか)


img672.jpg
myspace

Ancestral Volkhves 「Perun Do Vas !!!」

2009.01.08.Thu.22:42
2008年 Slovakia

ツインGt5人編成Pagan Black Metalバンドの2ndアルバム。全10曲48:06。
#1はイントロで少々ブルージーな? Gtにびっくりさせられるが、その直後Fast Melodic Blackに変貌し、Blast爆走しまくる!! あーひと安心(笑)。Gtメロには少々ありがち感が漂うが、気にしなければ素直にカッコイイと思える曲だ。
#2もアグレッシヴな凶暴爆走チューン!! 一部Low Growlも活躍している。また、Paganっぽさを感じる掛け声のようなパートもある。
#3もBlast爆走しまくりチューンだが、この曲では明確にPaganチックな詠唱パートが導入されている。1:16からBlast爆走をバックに男性詠唱が入り、さらに2:23からFolkishな女性クリーンVoが入る。おや? この声はもしや? と思い調べたら……
やはりARKONA(Russia)のMasha "Scream" 嬢の声でした。ゲスト参加してたのねん。
その後はオーセンティックなBlack Metalチューンが続くが(#4はスロー曲だが)、#7では再びMasha嬢が登場。今度はリードVoだ。スロー?ミドルテンポのPagan/Folk色濃厚な曲。途中から男性Grim Voがリードをとるが、後半は再びMasha嬢がリードVoに。これはほとんどARKONAの曲といってもいいな(爆)。
#8、9はBlast爆走しまくりFast Blackチューン!! 激エキサイティング!! 流麗なGtメロディもイイ!! 全体的に彼らの創る爆走チューンはSwedish Fast Blackタイプだな。おっ#9の終盤でもMasha嬢が参加。
ラスト#10はMaidenを思わせるメロディアスなGtイントロとViking Metalチックな野卑なVoが印象的。このVoがBlast爆走する様は実にカッコイイ!! しかも笛が入るぞ!! 2:27からの笛ソロは聴かせる!! 笛メロとBlast爆走のブレンドが堪らん曲!!

前作1stはPagan色強いじじいジャケの割に音のほうはFast Blackだったな……という印象だったが、今作はその期待通り音のほうもかなりPagan色の強い曲が収められている。Masha嬢のおかげだな(笑)。それでいてFast Blackの暴虐性もしっかり備えている。
暴虐性と牧歌性を兼ね備えたPagan Fast Black!!


img670.jpg
official
myspace

Lux Luciferi 「Purity of Enmity」

2009.01.06.Tue.22:21
2007年 Russia

Vindsval氏(Gt、Vo)とGallaer氏(Ba、Dr)による2人組Black Metalユニットの1stアルバム。全8曲32:37。ちなみに以前はWinter Magikというバンド名でDemoを2本リリースしている。
不穏なシンセによるイントロダクション#1に続く#2は怒涛のBrutalリフ&爆走の嵐!! 狂気の絶叫Vo!! Low Growlも入る。完全にBrutal Blackな始まり方で、個人的にはちょっと苦手な音かな……と思ったら、1:37あたりからミドルになり、急にメロディアスになる。なんだこれ(爆)。2:00あたりからメロディック爆走の出番が増えるし。
#3は初っ端からメロディック爆走!! この曲は完全にFast Melodic Blackチューンとなっている。部分的にLow Growlが入ったりはするが。
#4もFast Melodicチューン。ただ爆走パートにおけるDrはかなりアグレッシヴだ。1:17からのBlast爆走は実にエキサイティング!! 2:41からのメロディックGtがなかなか聴かせる!
#5はSwedish Melodic Deathを思わせる曲。イントロの哀愁メロGtがイイ!! 前半はミドルテンポ、VoはLow Growl中心だ。おおおう3:04から突如メロディックBlast爆走!! カッコイイ!!
#6は前半Blast爆走しまくりFast Black、後半はミドル主体のMelodic Deathといった感じの構成。ここでのGtメロはなかなか耳に残る。
#7はBrutal度の高い曲。初っ端からBlast爆走しまくり!! GtリフもDeath Metal寄りだ。しかしメロウなパートもしっかりある。
ラスト#8はイントロでGtが不気味なメロディを奏で、0:38からBlast爆走!! この曲でもGallaer氏のアグレッシヴなDrプレイは光っている。終盤のBlast爆走&絶叫パートは実にエキサイティングで、自然と首が動いてしまう。

Dark Funeralをよりメロウにした感じといえばいいだろうか?
Brutalさとメロウさの落差が明確でメリハリの効いたFast Brutal Melodic Black/Death!! (盛りだくさん)


img669.jpg

Black Omen 「Sinphony」

2009.01.04.Sun.23:06
2007年 Turkey

Key入り5人編成Symphonic Black/Death Metalバンドの2ndアルバム!! 全13曲46:44。本作リリース後Voが脱退してしまい、現在は4人編成となっている。
#1はシンフォ系のお約束だが、実に美しく壮大なKeyによるイントロダクション。途中からヴァイオリンも参加。胸が高鳴る!!
#2は変拍子を用いたイントロにちとびっくり。Voは絶叫Grim VoiceとLow Growlと両方登場する。両者の掛け合いが特徴といえるか。0:44からシンフォニック爆走!! 本編はミドル&Growl主体で、時折爆走&絶叫が乱入する。いいアクセントだ。終盤でGtリフがややDeath/Thrash的な厚み・重みを持つ。
#4はピアノと後半入ってくるストリングスが実に美しくドラマティックで堪らんインターミッション的インスト曲。このセンスはすげー日本人好みだと思うなあ。
#7もドラマティックなKeyが素晴らしいインスト曲。インストばっか褒めてるけど(笑)、本編の曲もカッコイイでよ。
#8は引き込まれるようなKeyと泣きのGtによるイントロが素晴らしいミドル?スロー曲。後半少しだけ疾走あり。5:07からグッとKeyが盛り上げるパートには胸が熱くなる!! しかしここで曲終了。ええ??(汗)
#10はピアノの乱舞から突如blast爆走しまくる本作最大のエキサイティングイントロ!! でも全編爆走にはならず本編はミドルテンポ中心……そこが個人的に残念。Dr体力ないのか?(爆)
#11もアコギとKeyのコンビネーションが実に美しいインスト曲。ホントにインストばっか褒めてるが(爆)Vo入り曲がつまらんわけではなく、インスト曲に彼らの才能の非凡さをより顕著に感じ取れるということですな。
#12は序盤ミドルテンポから1:40で突如2ビート疾走!! まあすぐミドルに戻っちまうが(笑)ここカッコイイ!! 「突如疾走」の取り入れ方が上手いバンドだ(笑)。
ラスト#13はピアノ/Keyによる美しいアウトロ。途中から入るストリングスが素晴らしい!!

恐らくシンフォ系大御所の中で手本としているのはCOFだろうが、もろフォロワーという感じではなく、しっかりオリジナリティは感じ取れる作品だ(しかしマイスぺ中の「影響を受けたバンド」欄にCOFは入っていない汗)。
今作も期待通りのドラマティックSymphonic Black/Death!!
Vo脱退は痛いだろうが、負けずに頑張って活動を続けてくれ!!!


img668.jpg
official
myspace

Solace Denied 「Of Hopes And Fears」

2009.01.04.Sun.13:10
2001年 UK

ツインGt5人編成Black/Heavy Metalバンドの2nd Demo。全5曲24:40。
北欧Melodic Deathや欧州Power Metalを思わせるメロディアスで聴きやすいGtリフ/フレーズ。VoはBlack Metal調Grim Voiceで、時折Low Growlも入る。リズムはミドル主体だが、随所でblast爆走する。
#3あたりはMelodic Death的なリフとGrowl、Black Metal的なblast爆走と絶叫Screamが絶妙にブレンドされたなかなかの佳曲である。特に終盤3:50からの泣きのGtはクサい!!
#4ではThrash Metal的なリフも聴け、意外と広い層にアピールし得る音楽を志していたのかなと窺わせるところもある。
ラスト#5はスローテンポで始まる地味めな序盤だが、Maidenを思わせるGtメロは印象的。そして1:29からメロディックblast爆走!! ここカッコイイ!! 本作で最もエキサイトさせられるパートだ。ミドルパート3:45からクリーンGt&クリーンVoによる場面に入る。心洗われる叙情パートだ。ここでのGtソロも耳に残る。この曲をラストに持ってくるということは、メンバーとしても自信作だったのだろう。終わり方(特にDr)もどこかMaidenを思わせる。流石Britishバンド(笑)。

音質は正直良くないが、B級Melodic Black/Deathマニアであれば楽しめるだろう。
なお、残念なことにこのDemoを最後に解散している。


img666.jpg
official

VANQUISHED 「Black Northern Storm」

2009.01.02.Fri.20:20
2005年 Canada

ツインGtトリオ編成(Gt2名ともVo兼任。Baは曲によってGtの2名が分担)Black Metalバンドの2ndアルバム。全9曲57:12。現在はDrが脱退し、BaにARTEP(当Blogで紹介済み)のArtep姉さん、DrにもとARTEPのLord Grotesque氏が参加しツインGt4人編成となっている。
Drがかなりの迫力で、疾走感・破壊力抜群のアグレッシヴなFast Blackをクリエイトしている。それでいて随所に耳を惹くメロウなGtパートもある。リフは冷徹で硬質な感触。Voはかすれ声の正統Black Grim Voice。もちっと前面に出て欲しいかな。しかしこのDrが脱退したのは残念だな……。
#3の2:08からの発狂したMaidenとでもいうべきメロディック爆走、ミドルパート2:51でのメロウなGtフレーズはかなりカッコイイ!!
#4もかなりカッコイイ薄メロ爆走チューン!!
#7序盤のメロディック爆走も堪らん!! 
#8はなんと18:39の大作!! しかしコレが……前半は定番の爆走チューンだが5:46で終わってしまい、長い空白に入る(汗)。雨音や雷鳴らしきSEは入るのだが、ほとんど無音に近い状態。で、このSEが最後まで続く。おいおいおいおいおい!!!!
ラスト#9はそのSEの続きから始まる。0:32から入るチェンバロ風Keyがメインの美しく壮大なアウトロ的インスト曲。

#8後半は正直イラネと思ったが(笑)、そこを除けばなかなか正統的でカッコイイFast Black!!


img665.jpg
myspace
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。