スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MALNATT 「La Voce Dei Morti」

2008.10.28.Tue.21:52
2008年 Italy

女性Key入りツインGt6人編成Black Metalバンドの4thアルバム。全9曲45:55。
2ndではFolkishなメロディがインパクト絶大なFolk Blackをクリエイトしていたのだが、何故かその次の3rd、そして今作でもFolk色はほとんど見出せない作風となっている。
Voは中低音メインの吐き捨てGrim Vo。時折入る女性Voや前作でも聴けたトランペットが個性を出している。
所謂Melodic Blackと呼んでいい作風だと思うが、あまりクサクサメロメロキラキラというわけではなくどちらかというと薄メロ系で、いささか地味な印象も受ける。
しかしピアノの叙情的なイントロから2ビート疾走で始まる#4(マイスぺで聴ける1曲目)、ヴァイオリンの美しい響きからメロディックblast爆走で始まる#8などはかなりドラマティックな魅力を持っている。特に#8はかなりカッコイイ!!この曲にもトランペット入ってるな?。終盤ではKeyも活躍する。そういやKeyの影薄いな(笑)。

やや地味ながらもオーソドックスな正統Melodic Blackといったところか。
この路線とクオリティをキープしてくれれば次も買うよ(笑)。


img634.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

HROMOVLAD 「Ohňa Hlad, Vody Chlad」

2008.10.26.Sun.10:45
2007年 Slovakia

ツインGt4人編成Black Metalバンドの2ndアルバム。全11曲45:26。
前作1stはRaw Primitive Blackだった記憶があるが、今作ではPagan/Folk Blackにシフトチェンジしたようだ。
#1はイントロダクション的な3分足らずの短い曲だが、続く#2はいきなりフルートメロディから始まる(笑)。そしてこのフルートとともに2ビート疾走!!カッコイイ!!こいつらも笛メタルになっちまったかよ?と思いつつも楽しんでしまう(笑)。1:15のくだりの笛メロがまたイイのよ!!
#3はアコギ&マウスハープのイントロから、勇壮メロGtとともに2ビート疾走!!Black Messiahを彷彿させるカッコよさ!!堪らん!!じょばばあああああーーーーーーーっっっ!!!!こんなカッコイイ曲作れるなら1stからやってくれよ!!(笑)
#4、5はblast爆走しまくりの、従来の彼ららしいBlack Metal度の高い曲。
#6はまったり男性詠唱Voから入る曲。本編1:10からこの詠唱が疾走!!ここイイ!!お約束の「ヘイ!」もあります(爆)。
#7、8は再びフルート吹きまくりのFolkチューン!!特に#8の笛メロ疾走は堪らなくイイ!!
#9はうってかわって薄メロFast Blackな序盤がカッコイイ!!ただ本編はミドルテンポになり、少々地味に。おっ!しかし終盤で序盤の薄メロ爆走が復活!!ここをもっと大々的にフィーチュアすればさらにカッコよくなったと思うのになあ?。
ラスト#11もFolk色濃厚な疾走チューン。個人的にはこれは田舎臭すぎてイマイチかな(笑)。

しかしRaw BlackもFolk Blackも作れるとは……器用な奴らだ(笑)。
今作をきっかけに多くのファンを獲得して欲しい!!


img633.jpg
official
myspace

EVILFEAST 「Lost Horizons of Wisdom」

2008.10.26.Sun.08:53
2008年 Poland

GrimSpirit氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの3rdアルバム。全5曲69:58。各曲全て10分以上の大作(汗)。#4なんて19:51もある(激汗)。彼はFuneral Sound Productionsというレーベルのオーナーもやってるそうな。
基本的にはNorwegianスタイルの無愛想なGtリフ(笑)を主軸に据えたTrue Blackなのだが、面白いのはSymphonic Blackばりに大幅にKeyがフィーチュアされている点か。#1の5:36からの2ビート疾走パートでの寒々しいKeyなどは素晴らしい!!
ただしあくまでも要所要所での劇的効果として用いられていて、Gtを食ってしまうほどではない。
#2で聴けるKeyソロパートも心が洗われるような美しさだ。
#3終盤でのシンフォニックblast爆走パートもイイ!!
#4序盤の5分以上にも及ぶKeyパートもやや中だるみを覚えるが(笑)吸い込まれるような美しさ&壮大さを持っている。

荒々しくも寒々しいCold Symphonic True Black!!


img640.jpg
myspace

SUHNOPFER 「L’Aube des Trepasses」

2008.10.18.Sat.11:29
2007年 France

Ardraos氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの1stミニ。全4曲24:14。ちなみに彼は他にもBlack Metal系バンドを5つ掛け持ちしている(ヒマ人?笑)。
#1は初期BURZUMを思わせるMisanthropicでメランコリックなスローテンポから始まり、40秒ほどでメロディック爆走!!GtはチリチリしたPrimitiveな音色だが、この哀愁メロはイイ!!Swedish Melodic BlackをPrimitiveなGtで再現したかのような曲だ。うおっ終盤6:00ジャストでのメロディック爆走堪らん!!
#3前半のスローパートもメランコリックな味わいがある。後半3:31から劇的に薄メロblast爆走!!カッコイイ!!その後ミドルと爆走を交互に繰り返す。エキサイティング!!うおうっっミドルパート6:47からの哀愁ソロが泣ける!!この辺はホントBURZUMっぽくてイイ!!
ぐばああああっっっぽラスト#4は初っ端からメロディックblast爆走カマしてくれる悶絶チューン!!じょばあああああああああーーーーーーーーっっっ!!!!!まさにPrimitiveなNAGLFAR!!といった感じの曲だ。ラストに相応しいエキサイティング爆走チューン!!!

Rawnessと流麗さが共存する何ともいえない魅力を持つMelodic Primitive Black!!
他の掛け持ちバンドも聴いてみたいが、いっそのことこのプロジェクトに専念して欲しいなァ(笑)。


img631.jpg
myspace

InThyFlesh 「Lechery Maledictions And Grieving Adjures To The Concerns Of Flesh」

2008.10.13.Mon.11:12
2007年 Portugal

長げえ?タイトルだな(苦笑)。
ツインGt5人編成Black Metalバンドの2ndアルバム。全10曲49:19。
blast爆走しまくるDr、ややPrimitive寄りの薄っぺらく荒々しいGt、高音絶叫Grim Voを軸に据えたRaw Blackを土台に、メロウで潤いのあるドラマティックなGtリフパートをまぶしたMelodic Primitive Blackをクリエイトしている。
特に#2のメロディック爆走イントロは最高にドラマティックでカッコイイ!!本編2:08でのスロー?ミドルからblast爆走に移行するパートにも背筋がゾクッとするような魅力を感じる。
#3序盤の薄メロ2ビート疾走パートもジワジワと心に沁みてくる感動がある。
#4はBaを前面に出したスローテンポの異色な曲。しかしやはり哀愁感漂うメロウなGtが耳に残る。
あうっ#5もイイ!!ミドルがメインの曲だがこの哀愁メロGtが堪らんよ!!
#9もスリリング&ドラマティック爆走チューン!!

薄っぺらGtによるPrimitive系にもかかわらず、どの曲にも哀愁感の横溢するメロディ/フックが満載である!!プリ系でこれほど気に入った音源はかなり久しぶりかも?まあプリマニアに言わせればプリとは言えん音かも知れんがね。
Satanic WarmasterやSARGEISTといったフィンランド辺りのメロウなPrimitive Blackが好きな方は勿論、Fast Melodic Black好きにもおススメだ!!


img637.jpg
official

NERGAL 「Absinthos」

2008.10.04.Sat.16:47
2006年 Greece

Expulsion Angel氏(Key)とHorrendous Infernal Grave氏(Vo、Gt、Dr)による2人組True Hellenic Black Metalユニットの……なんと11年ぶり2ndアルバム!!全7曲30:36。前作1stは1995年リリース。俺がマイナーBlack Metalを漁り始めて間もない頃に買ったアルバムだ。故に実に感慨深いものがある。てかまだ生きてたコト自体スゲェ!!ちなみに同名異バンドが他に6つ存在する(解散しているもの含む)。うち現在も活動しているのはチリとドイツ産で、両方ともBlack Metalだ。
#1はダークで深遠なKeyとおっさんの笑い声(笑)によるイントロダクション。
#2はスタスタと駆け抜ける疾走DrにメロウなGtが気持ち良く流れていくFast Melodic Blackチューン!!路線も1stと全く変わっていないのが素晴らしい!!ヘッドバンギングしまくり!!Keyによるドラマティックな演出もありますよ♪Voは中低音主体のLow Growl寄りGrim Voだ。絶叫パートは正統BM的だが。
オオッ#4のイントロ爆走メロディックGt狂おしくて最高!!Keyの装飾もツボを押さえている!!
#6中盤の叙情的なKeyワークにも心が安らぐ。「心安らぐBMなんてダメじゃん」という人は聴かなくてイイよ。

メロディアスで聴きやすく、それでいて疾走感満点で邪悪さも持ち合わせているBlack Metalだ。90年代半ばのバンド群が持っていたマイナー臭いオーラを放っているのも嬉しい!!
また気が向いたら(笑)新作を聴かせてくれ!!


img630.jpg
myspace

ODAL 「Zornes Heimat」

2008.10.03.Fri.23:10
2008年 Germany

BARASTIR、ERHABENHEIT、SEELENGREIF、WOLFSSCHREIのメンバーで、Distroも運営している(スゲーなぁ)Taaken氏(Gt、Vo)率いるトリオ編成Pagan Black Metalバンドの3rdアルバム。全7曲51:04。ちなみに昨年2007年に初期のDemoやEPの曲を集めた「On Old Paths」がリリースされている(俺は未聴。いずれ入手したい)。
音はNorwegian True Blackにドイツらしいメロディを加えたスタイルという感じか。Rawでありながらも、どの曲も随所に耳に引っかかるメロ/フレーズがあるのは流石である。#4の2:17のGtメロなどはかなりキャッチーだ(笑)。
スネアの音が明確に聴こえず、blast爆走パートに於ける迫力・破壊力が今ひとつなのが残念な点か。
おっっ#6のメロディック疾走イントロも激カッコイイ!!中間部でもドラマティックメロ疾走!!じょばあああーーーーーーっっっ!!!

ん?全体的にも前作よりややメロディアス度が高くなっているような?気のせいかな?まあ俺的にはいいことだ(笑)。
True Black Metallerのみならず、薄メロでもOKなMelodic Blackファンも満足できるドラマティックな作品だと思う!!


img627.jpg
official
マイスぺは嫌いらしい(苦笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。