スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INFUNERAL 「Sepulchral Monument」

2008.04.29.Tue.12:29
2007年 Sweden

ツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Black Metalバンドの1stアルバム。全10曲33:13。
ほぼ全曲ひたすらに爆走しまくるFast Blackで、GtリフにはややThrash的な、適度な厚みと重みがある。Voは中低音吐き捨てVoiceで、ややLow Growl寄りといってもいいだろう。
スウェーデン産らしく単調にならない程度に随所にメロディが織り込まれているが、決して甘口にはならない、「メロディアス」とは呼べないレベルの抑えたメロディ導入が印象的である。#3などはなかなかドラマティックでカッコイイ薄メロ爆走チューン!!終盤3:37爆走パートで聴けるメロもイイ!!
#4は唯一、全編ミドルテンポの気だるい感じのOld Heavy Metalチック?な曲。アルバム中盤にこういう曲を持ってくるところに、一本調子にならないよう気を使っているのが窺える。大した曲じゃないけどね(笑)。手抜きクサいし(爆)。
#6もなかなか燃えるハイテンション薄メロ爆走チューン!!
うおっ#9は結構Fast Melodic Blackと呼んでもいい感じの激メロディック爆走チューン!!序盤のGtメロが鳥肌モノにドラマティックで最高!!0:45で一旦ミドルテンポになるが、すぐまた疾走&爆走!!個人的にはこの曲がキラーチューン!!堪らん!!

スタイルとしてはWATAIN辺りに近い感じだろうか。
ほぼ全編怒涛のごとく爆走しまくるSwedish Fast Black!!


img124.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

Dark Fortress 「EIDOLON」

2008.04.27.Sun.10:59
2008年 Germany

Key入りツインGt6人編成Black Metalバンド、待望の5thアルバム!!全9曲52:19。
Voが今作より前任者のAzathoth氏から同郷のDeath/ThrashバンドNONEUCLID在籍のMorean氏に交代している。全然気付かなかったけど(汗)。
#1は壮大でスぺーシーなKeyをバックに据えた、Dark FortressらしいSwedish Black的メロディを絡めたblast爆走チューン!!2:29からのメロディック爆走は期待通りのカッコよさ!!
#2もかつてのDark Fortressらしさを感じさせる爆走チューン!!1:42からのクリーンGtによるスローパートなどは深遠で吸い込まれるような魅力がある。
#4はひたすらBrutal&ストレートな爆走チューン!!ヘッドバンギング!!小休止スローパート1:40あたりからのエモーショナルなGtメロディも堪らん!!
#5は前作を彷彿させるミドル?スローチューンだが、後半のGtソロがなかなか聴かせる!!
#7は本作のハイライトともいえるDark Fortress節大炸裂のメロディック爆走チューン!!激エキサイティング!!深遠なKeyの使い方もイイ!!後半2:47以降はミドル?スローテンポに。終盤で再び爆走!!

Key入りでありながらKeyはひたすら抑えめ(正式メンバーとしていらないんじゃないかと思うほど笑)の、あくまでGtオリエンテッドなFast Melodic Black Metalアルバムである(2ndはSymphonicな作風だったが)。
前作4thはミドル?スローテンポの曲が多くメロディも抑えめな、Progressive/Avantgarde的アプローチも試みたカオティックな作風で、彼らとしては異色作であった。次はどうなるのか?と正直かなり不安があったのだが、今作は思いきり原点回帰……1stや3rdに近い作風となっている(前作を思わせるミドル?スロー曲もあるにはあるが)。ファンはとりあえずひと安心といったところだろう。
これぞ正統Fast Melodic Black!!!


img120.jpg
official
myspace

ORCRIST 「Black Blood Raised」

2008.04.26.Sat.15:44
2006年 Italy

トリオ編成(GtがBa兼任)Black Metalバンドの6曲入りミニ。トータル24:22。現在はVoとGt/Baが交代していて、VoにはISVINDのGoblin氏が加入している。うへっISVINDってまだ活動してるんだ……。このORCRISTの中心人物は唯一のオリジナルメンバーであるDrのGrav氏と思われる。スロヴァキアの女性Vo入りMelodic Gothic/BlackバンドORKRIST(現在既に解散)と混同されないよう注意。
音のほうはジャリジャリいう極悪リフを駆使した全編爆走しまくりのRaw Primitive Black。しかし俺が気に入るくらいだから(笑)薄メロではあるがしっかりとメロディアスなGtも活躍している。
このテのバンドとしてお約束なのか例によってスネアの音がよく聴こえない(爆)。Voは中低音の吐き捨てタイプ(Low Growlではない)。
おっ#2序盤0:24からのメロディック爆走はかなりカッコイイ!!極悪リフとのコンビネーションがなかなか美味である。
#3もなかなかドラマティックな薄メロ爆走チューンでイイ!!中盤にミドルパートを挿むが、後半も再び薄メロ爆走!!
個人的にはこの#2、3あたりが秀逸だと思う。
しかしもう少しリズムチェンジなどを増やして(ないわけではない)一本調子にならないよう工夫をするともっと良くなるのでは?と思ったりもしたが、多分それは余計なお世話なんだろうな(笑)。

なかなかカッコイイ荒涼感溢れるTrue Black!!


img532.jpg

official
myspace

Essence of Existence 「Terra Mentis」

2008.04.26.Sat.11:15
2006年 Slovakia

Key入りツインGt4人編成(クレジット上4人ともVo担当となっているが、おそらくGtのひとりがリードVo)Symphonic Black Metalバンドの3rdアルバム。全11曲52:54。
部分的にピコピコいう電子音というか、エレクトロ系というか、サイバーというか(?)そんなパートがあったりもするが、あまり気にせずにSymphonic Blackとして楽しめる音をクリエイトしている。
お約束の女性ソプラノVoなどもあったりするが、シンフォ系とはいってもGtは結構前面に出ているし、男性Voも絶叫Screamの他にLow Growlがかなり活躍するなど、暴虐性もしっかりとある。当然疾走&blast爆走も多し!!
#3の1:59での女性Vo&blast爆走などはヨーロッパのバンドにしか産み出し得ない、美と暴虐性の競演が堪能できるパートである。
#4は3分弱のインストだが、ピアノ&Keyがまた美しくドラマティックでイイ!!
#6の5:44では、正統HMチッククサメロディックGtが聴けますよ♪

なんとなく中期…And Oceansあたりを思い出した。なんとなくね(笑)。
劇的かつ凶暴な、正統Sympho Black!!


img114.jpg

official
myspace

ASHES 「Hymns To A Grey Sky」

2008.04.19.Sat.12:07
2005年 UK

Davidian氏によるひとりBlack Metalプロジェクト。現在はJustin氏(Gt、Ba)が加入して2人組編成になっている模様。2007年に2ndもリリースされているが未聴。
全8曲46:51……のハズが!!CDのクレジットでは全1曲と表示される。なんじゃそりゃ(爆)。……ということで各曲ごとの紹介はできませんな?ワケわかんなくなる(苦笑)。
全体的にはRaw Primitive Blackなのだが、うっすらと入るAtmosphericなKeyやアコギ、クリーントーンGtによってアンビエント風味や劇的効果、叙情性等が描出されている。
叙情的なところはしっとりと、爆走するところは凶悪に爆走しまくってくれる。
しかしVoが後ろに引っ込み過ぎだなあ(汗)。よく聴こえん。もっと前面に出しなよ。シャイなのか?(爆)

なんとなくフィンランドのWYRDに近い印象を受けたが……どうかな?あと初期BURZUMを感じさせる雰囲気もある。
霧の立ち込める森の中にいる気分にさせてくれる(笑)Forest Black!!


img496.jpg

Crying Blood 「Requiem」

2008.04.19.Sat.10:01
2004年 Spain

Key入りツインGt6人編成Symphonic Black Metalバンドの2ndアルバム。全10曲42:49。最近知ったことなのだが、以前このバンドにはSpanish Power Metalバンド、MUROのメンバーがDrで在籍していたらしい……!!(驚)
不穏な感じのKeyをバックに超低音Voiceが語りかけるイントロダクション#1。続く#2は適度にKeyをフィーチュアしたシンフォニックチューン。基本ミドルテンポだが、部分的に入るシンフォニック&メロディックblast爆走がイイ!!3:00あたりから前面に出るKeyにもどこかホッとさせるリリカルさがありますなあ。Gtも随所で頑張っております。
#3も前半はミドルのシンフォチューンでやや地味めだが、後半では爆走しまくってくれる!!特に3:16あたりはエキサイティング!!
#5はイントロの美しいKeyがイイ!!Low Growl寄りVoも登場するミドルチューン。後半一部爆走あり!!
#6イントロのシンフォニック爆走、正統HMチックGtソロも聴きどころ!!Death MetalチックなBrutalパートもあり!!
#7の1:12あたりからの薄メロ爆走Gtイイ!!3:10で再登場!!うにゅうっっここのGtメロドラマティックに聴かせる!!堪らん!!
#8もかっこいいGtソロあり!!なんか後半はGtが頑張ってるな(笑)。
ラスト#10はLive曲収録。

Keyはかなりフィーチュアされているのだが、使い方が地味というか(笑)あまり派手派手キラキラとした印象はない。Gtもやはりあまり派手ではない(笑)のだが、随所でメロウなソロ、フレーズを聴かせてくれる。リズムはミドルがメインで、随所に爆走パートが切り込むというパターンが多い。
要するになんか地味なんだが(笑)オーセンティックで好感の持てる、俺的にはなかなかの出来と言えるSymphonic Blackアルバムである!!


img104.jpg

official

STURMKAISER/VIDHARR 「The Army of Chaos」

2008.04.12.Sat.16:49
2007年 Italy

ツインGt5人編成War Black Metalバンド、STURMKAISERとツインGt4人編成(現在Vo不在?)Black Metalバンド、VIDHARRによるSplit盤。全8曲38:22。STURMKAISERはVo、Gt1名、Drの3名があのDRAUGRのメンバーでもある。
#1?4がSTURMKAISER。
#1はいかにもWar Blackらしい剣を打ち鳴らす音によるBattleなSEで幕を開ける。勇壮でメロディアスなGtにミドルテンポ。Voはかなり高音の絶叫Scream。1:40からblast爆走!!不気味なコーラスを伴う2ビート疾走パートもエキサイティング!!
#2も凶悪爆走チューンだが、スローパート1:59からのGtメロが叙情的でイイ!!後半3:40からのメロディック爆走はまさにDRAUGRを彷彿とさせるカッコよさ!!!堪らん!!
#3も爆走チューン!!ミドルパート1:17からのツボ突きまくり勇壮Gtメロディに悶絶!!お前らも実は日本人か?(爆)3:07からの詠唱も印象的。
どの曲も暴虐爆走Fast Blackなのだが、随所にDRAUGRを想起させる印象深いGtメロディが導入されている点が魅力的なバンドである。
てか、あんまDRAUGRの曲と区別がつかん(笑)。
#5は同じイタリーのGothic/Funeral DoomバンドConsummatum Est(VIDHARRのメンバーと関わりがある)のメンバーによるインターミッション的インスト。なかなか劇的でよい!!
#6?8がVIDHARR。
こちらも爆走Fast Blackだが、Gtリフは抑えめで、暴虐度は若干STURMKAISERより低い。メロウなパートもあるが、STURMKAISERほどのインパクトはない。故にアグレッション、メロディともにSTURMKAISERより落ちる印象(笑)。
しかし決して悪いというわけではない。正統的なスタイルには好感が持てるし、#8の薄メロ疾走パートなどはなかなかだ。

なかなか良質なBlack Metal Splitだと言えるだろう!!


img092.jpg

STURMKAISER official
STURMKAISER myspace
VIDHARR official
VIDHARR myspace

Spirit of the Forest 「A Brew of Lightning and Terror」

2008.04.12.Sat.10:15
2007年 Canada

ツインGt4人編成(GtのひとりがBa兼任)Pagan Black Metalバンドの1stアルバム。全7曲37:17。このGt兼BaはMagister Dixitのメンバーでもある。ちなみにフィンランドに同名Black Metalバンドがいる。
#1はクリーンGtによる静寂なイントロダクション。続く#2は初っ端からメロディック爆走!!(鼻血)いきなりツボ!!本編でミドルになるが、メロウなGtは健在である。2:04から再び爆走!!カッコイイ!!この後、ミドルと爆走を繰り返す。
キラーチューンは#5!!イントロGtメロがめちゃクサい!!哀愁にクサい!!堪らん!!0:30あたりのGtフレーズもほとんど正統HMチックにメロディアスである!!さらに2:13でのメロ、続く疾走パートに失禁!!じょばあああああーーーーーーーっっっ!!!!終盤4:34からのメロディック疾走はもろにMelodic Power Metal!!てかこの曲、インストでしたわ(汗)。
次の#6では再びBlack Metalらしさを取り戻す。序盤の暴虐blast爆走が痛快!!でもちゃんとメロも聴かせてくれるのよね?1:44からの薄メロblast爆走カッコイイ!!後半にも正統HMチックソロあり!!
ラスト#7も暴虐度満点の爆走チューン!!メロディック爆走もあり!!!

Black MetalとしてのRawness、アグレッションを保ちつつも、カナダ産としては珍しくかなり欧州志向……ドイツやスウェーデンのバンドに近い、Fast Melodic Blackをクリエイトしているバンドである!!いや実に気に入った!!
カナダもなかなか侮れませんな!!


img110.jpg

myspace

Rex Devs 「Ser de Seres」

2008.04.07.Mon.22:33
2007年 Spain

をいをい、ホントにコレBlack Metalかよ?てなジャケですな(笑)。メロスピ系とかプログレメタル系にありそうなジャケだ。
女性Vo、Key入りツインGt7人編成Symphonic Black Metalバンドの2ndアルバム。全10曲58:18。
音のほうはまあ予想通りの(笑)Keyとオペラティック女性Voを大々的にフィーチュアした大変聴きやすいSymphonic Black Metalである。かなり甘口(笑)。
アコギやピアノも随所で効果的に使われている。スペインらしい泣きのGtもイイ!!#5などはそれが如実に表れているインスト曲だ。
男性VoはBlack Grim Voがメインだが、時折Low Growlも絡んでくる。
リズムはミドルがメインだが、2ビート疾走やblast爆走も随所に導入される。
壮大でスぺーシーなシンフォニックKeyや女性Voパートを聴いてると、インスト部に関してはジャケのイメージ通りほとんどEuropean Symphonic HMである。Grim Voとblast爆走が入って初めて「ああ、コレ一応Black Metalなんだよね?」と気づく(笑)。それくらいBlackらしくない(笑)。怒りや暴虐性、絶望と悲愴感をBlack Metalに求めている方には勧められない。
しかしコレはコレでなかなかクオリティの高い作品だと思う。#3のオペラティック女性Vo&blast爆走パートなどは素晴らしい!!

Grim Voとblast爆走がOKなEuropean HMファン向けの作品だと言えるだろう。
真性Black Metaller厳禁!!(爆)


img107.jpg

official

POGROM 「MORT AU PEUPLE」

2008.04.06.Sun.20:46
2005年 France

トリオ編成(Drは不在)NS Black Metalバンドの1stアルバム。全16曲46:04。#12?16はボートラとして2001年リリースの1stDemo「Einenherbes Gesang」が丸ごと収録されている。
ちなみにデンマークとトルコに同名Black Metalバンドが、ポーランドにPogrom 1147というBlack Metalバンドがいた(いずれも活動休止中もしくは消息不明)。
このジャケはいかにも俺的にはキツそうな(笑)極悪Raw Primitive!!といった感じだが、試聴してみたら意外とイケそうかも?と思い購入。
音は全体的にもやはりRaw Primitive寄りなのだが、意外とGtはメロウで聴きやすかったりする。リズムはミドル主体で、随所に爆走パートが切り込んでくる。この爆走パートなどは結構Fast Melodic Black的だったりもする。これはなかなかイイぞ?
#12以降の1stDemo収録曲は本作よりもさらにRaw Primitiveな音だが、これも意外と悪くない。Rawでありながらもうっすらと湿り気のあるリフが、Judas Iscariotのような荒涼感と劇的効果を持ったTrue Black Metalを描出している。

邪悪なオーラと妙なキャッチーさが同居する不思議な味わい?の薄メロTrue Black!!


img106.jpg

myspace
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。