スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPECTRAL 「Stormriders」

2008.01.31.Thu.22:51
2007年 Germany

ツインGt5人編成Black/Viking/Power Metalバンド。欲張りだな(笑)。3rdアルバムで全10曲42:48。
しかしこのバンド、曲名がやたらMetalしてて熱い!!
例えば
「Army of Odin」とか、
「Cold Steel&Frozen Blood」とか、
「Bang Your Head」とか(笑)。
極めつけは
「Black Viking Power」!!!(爆)
この英語をよく知らない日本のバンドみたいな(爆)頭悪そうなストレートすぎるタイトル!!
素晴らしくて涙が出てくるね(笑)。
音的にはRunning Wild/MITHOTYN/MENHIR直系の独逸産勇壮Viking Metalという感じだろうか。勇壮でメロディアスなGt、厚みのあるリフを持つPower Metallicな曲調……。Voは絶叫Screamがメインだが、時折Low Growlも顔を出す。曲によってはSwedish Melodic Deathを想起させるパートもある。
#3は序盤が堪らなくかっこいいメロディック2ビート疾走!!すぐミドルになってしまうのが残念か。しかし勇壮メロディックGtが耳にこびりつく!!また中盤で疾走!!
そして#4がお待ちかねの「Black Viking Power」!!(笑)イントロは正直地味だが、本編はカッコイイGerman Power Metallic勇壮2ビート疾走チューン!!1;17のメロディックGtフレーズが堪らんよ!!!涙しながらヘッドバンギング!!Black Viking Power!!!なんとなくBlack Messiahを彷彿とさせるところも!!バンドのテーマソングなんだろうな?本作中いちばんのKillerチューン!!!
後半ミドル?スロー曲も目立つが、Fastチューンと交互に収録されていてバランスのとれたアルバム構成といえる。個人的には速い曲ばっかでもいいんだがな(笑)。
ラスト#10「Bang Your Head」は吐き捨てVoながらも歌メロがあるOld Heavy Metalっぽい曲。なんかのカヴァーか??

とにかく熱い独逸産勇壮メロ漢Metal!!!
Black Viking Poweeeeeerrrrrrrr!!!!!!!!←気に入ったらしい(笑)。


174497.jpg

official
myspace
スポンサーサイト

ACEPHALOUS 「Divine Purity」

2008.01.27.Sun.11:02
2007年 Belgium

ツインGtトリオ編成(GtのひとりがVo、Dr兼任)Black/Death Metalバンドの1stアルバム。インスト1曲を含む全9曲41:22。メンバーのうち何名かは同郷のMelodic Black/Death MetalバンドMORRIGU(現在活動休止中)にも在籍しているらしい。
この一見Brutal Death調のジャケ&ロゴを見て「俺的にどうかな??」と思ったのだが(ついでに言うとメンバーのルックスもDeath Metal/Grindっぽい)試聴してみたら結構Melodic Black度も高い音だったので、迷わず購入。
メロディアスでありながらも破壊力・殺傷力の高いGtリフが怒涛のスピードで疾走しまくる!!blastは意外と少なく、2ビート疾走が中心か。Voは絶叫Screamがメインで、時折Low Growlがそれに絡んでいく。
#3の1:51からの絶叫Scream&メロディック2ビート疾走がかなりエキサイティング!!
#4の3:52からのGtソロがドラマティック!!4:02のくだりはかなりクサい!!(笑)しかも4:25からこのクサGtが2ビート疾走!!堪らん!!びしゃああああああっっっ!!!!
#5の1:27からのメロディック2ビート疾走も聴きどころ!!3:16からまたクサ疾走!!!
#6はかなりへヴィなリフを前面に出したDeath色の濃い曲。
#8はメロディック爆走しまくりの激クサドラマティックアグレッシヴインストゥルメンタル!!てかVoがないだけでノリは他の曲と一緒!!インストだっつうからゆったりした間奏曲みたいのを想像してたんだが、イイ意味で裏切られたよ!!

個人的にはこのメロディと暴虐性のバランス加減が非常に心地良い。
割とどの曲にもGtソロらしきものが入っているのもポイント高し!!
しかし残念なことに現在既に解散している(涙)。


img529.jpg

myspace


GEXEROTT 「Grim Arcane Winds」

2008.01.26.Sat.22:43
2007年 Colombia

トリオ編成(BaがVo兼任)Black Metalバンドの1stアルバム。全9曲41:51。ん?しかしマイスぺの写真には4人いるな?(汗)
音はFastに疾走&爆走するTrue Black系だが、Gtは意外にもメロディアスなパートもあり、コロンビア産でありながら欧州型Blackを意識したスタイルとなっている。ジャケもNorwegian!って感じだしな(笑)。
Voは絶叫ScreamがメインだがLow Growlが加わりScreamと絡むパートもあったりする。
曲によってアコギを絡めたりして、叙情性の演出力も充分持っているバンドである。特に#4の1:51からのアコギは素晴らしい!!
#5序盤のメロウなGtが耳に心地よい!!
ラスト#9のみやたらPrimitiveなジャリジャリしたリフだが、これはボートラで2005年時の曲らしい。この頃は今よりもかなりRaw&Primitiveな音だったようだ。

正統派True Black!!


img070.jpg

official
myspace

Y3K 「RETRIBUTION」

2008.01.24.Thu.23:25
2007年 Spain

オーケストレーション担当者含むツインGt6人編成Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。全8曲35:36。スケールでかそうなジャケの割には短いね(笑)。メンバーのうち2名は、Opera MagnaというSymphonic Melodic Power Metalバンドにも在籍している(うち1名は既に脱退している模様)。
この意味不明の素っ気無いバンド名と、いかにも外国人がイメージするニッポン!(笑)という感じのベタなジャケがまず目をひく。Tokyo Bladeとか思い出した人はおじさんメタラーですね?(笑)
しかも#4の曲名が
「Domo Arigato Gozai Mashita」だと!!(爆)
狙ってんのか?ワザと日本人にバカにされようとしてやってんのか?(笑)

いやいや、ここはやはり「それほど日本が好きなんだね?」と好意的に捉えてあげなくてはいけないね(笑)。
裏ジャケとか見ると戦国時代あたりをコンセプトにしているのかな?という感じ。コンセプト・アルバムかどうかは分からんが(汗)。そういや戦国時代ってWar MetalとかBattle Metalだもんなあ(笑)。
#1はBal-Sagothあたりを彷彿させる壮大で大仰でファンタジックでオーケストラルなイントロダクション!!ちょっとディ●ニーっぽいし(笑)。続く#2はアグレッシヴに疾走&爆走Blackチューン!!それでいて大仰でクラシカルなシンフォKeyの装飾も忘れていない!!勇壮男性声クワイアも入る!!スローパート2:00ジャストからGothic風女性Vo乱入!!
#3も荘厳なKeyアレンジが素晴らしい!!
で、問題の#4だが(笑)ぶほっイントロで日本語のナレーションが入る!!「1789年、寛政の改革が圧迫せし頃、ひとつの魔性の魂が?をあげて甦った」だと!!ちなみに?はよく聴き取れなかったトコです(汗)。どっから持ってきたんだろな?ちなみに声は小林清志氏(次元大介の声の人)に似てます(笑)。
あれ?
寛政の改革って、江戸時代じゃん(爆)。
まあいいか(よくない)。
え?曲はミドル?スロー主体のシンフォブラという感じかな?おっしかし後半で一部blast爆走パートあり!!
#6はアグレッシヴ激シンフォ爆走チューン!!うむうっカッコよすぎて堪らん!!女性Voによる静のアクセントも効いている!!
#7も爆走しまくりチューン!!ちょっとRHAPSODYとかMANOWAR入ったKeyの使い方なんかイイ!!
ラスト#8は前半ミドル?スローだが後半でシンフォニックblast爆走アリ!!5:06からの叙情パートも彼らのセンスが光る。Gtソロがなかなか聴かせますよ!!終盤はかなり劇的に感動的に盛り上げてくれる!!

まさに和の世界をコンセプトとしたBal-Sagoth!!


img074.jpg

official
myspace

ULVHEDNER/GALDRER 「Ferdasyn/Trolldomsanger」

2008.01.19.Sat.11:14
2006年 Norway

Key入りツインGt5人編成(GtのひとりがVo兼任)Black MetalバンドULVHEDNERとアコギ専任者入りツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Black MetalバンドGALDRERのSplit盤。全10曲43:58。
#1?5がULVHEDNER。
Pagan Metal+Norwegian Blackとでもいうべき作風か。ミドルパートが主体だが爆走パートもある。ミドルパートでは詠唱や語りといったPagan風な箇所が散見されるが、爆走パートはNorwegianな荒涼感と攻撃性に満ちている。主にミドルパートでメランコリックな素晴らしいメロディを聴かせてくれる。特に#2、3あたりで聴けるGtメロは哀愁炸裂で素晴らしい!!この作風は……WINDIRあたりが近いだろうか?
#6?10がGALDRER。
こちらもミドル主体のBlack Metal。ただGtリフはDoom Metal的というのだろうか?へヴィな、沈み込むようなリフだ。メロディアスに聴かせるパートもある。しかしリフ&リズムが坦々としたものの繰り返しでFastパートもなく、少々退屈に感じるところもある。

個人的にはULVHEDNERのほうが好みだったかな(笑)。


img040.jpg

GALDRER official

Black Horizons 「A Dream's Funeral」

2008.01.19.Sat.09:39
2007年 Germany

ツインGt4人編成Black Metalバンドの2ndアルバム。全12曲62:31。ちなみに同じドイツにBlack Horizonzという名のBlack Metalバンドが、やはりドイツにBlack Horizonという名のMelodic Death Metalバンドが(現在既に解散)、フランスにBlack Horizonという名のHeavy Metalバンドがいる。
バンド名からもわかるように、DISSECTION大好きBlack Metalバンドである(笑)。しかも今作には“This album is eternally dedicated to Jon Nodtveit”とクレジットされている。ちなみにミックス/マスタリングをDark FortressのV. Santura氏が手掛けている。
今作もDISSECTION+German BlackとでもいうべきFast Melodic Blackが貫かれている。所謂German Fast Melodicよりはややダークな色合いが濃く、逆にドイツ色が薄いかな?という印象を受ける。
また#6あたりではDark Fortressを想起させる箇所もある(笑)。
#7の1:08からのメロディック2ビート疾走パートは激ドラマティックでカッコイイ!!!

DISSECTION系大好きな方は、試してみては如何だろうか。


img486.jpg

myspace

CREATURE(Ger) 「Kreuzlaub」

2008.01.19.Sat.00:09
2006年 Germany

で、こっちが有名なほうのCREATURE(笑)。
どのくらい有名かというと、
日本にも彼らのファンは多分20人くらいはいるんじゃないか、というくらい有名(爆)。
しかし!本来ならば彼らのファンは
日本に200人くらいはいても不思議ではない、というくらいハイクオリティな音をクリエイトしているのである!!!
……200人て微妙な数字ですか?(爆)

真面目に紹介しましょうか(汗)。
ツインGt5人編成Pagan Black Metalバンドの2ndアルバム。全9曲50:18。
Pagan Blackといいつつも実際の音はいかにも独逸産らしいFast Melodic Blackである。絶叫Scream Vo、メロディアスなGソロ&フレーズ、薄めのリフ、爆走するDr……。
いきなり発狂したIron Maidenみたいなイントロで始まる#2がインパクト大!!スローパート3:43からのしっとり聴かせるGtソロもイイですよ。
うぼぼっぼ#3の哀愁メロ爆走イントロでいきなり涙!!このメロは絶対独逸産にしか産み出し得ない!!!素晴らしいい!!
#4中間部のメロディックblast爆走も堪らんですよ!!
ラスト#9も約3分の小曲ながら聴かせる!!1:17からの泣きのGtソロが感動的!!熱いものが込みあげてくる!!

泣きのGtにblast爆走!!これが正統German Fast Melodic Black!!
Dark Fortress、TRIMONIUM等のファンは必携作品である!!!


img075.jpg

official

CREATURE(Bel) 「dying nation」

2008.01.17.Thu.23:06
2007年 Belgium

ツインGt5人編成(Baが女性)Melodic Black/Death Metalバンドの1stアルバム。全13曲57:12。
CREATUREといえばドイツのPagan Black Metalバンドが有名(?笑)だがこちらはベルギーの同名異バンドである。他にもエストニアに同名Thrash Metalバンドが、ドイツに同名Heavy Metalバンドがいた(両者とも現在既に解散)。
ん?音的にはほとんどMelodic Deathかな?(笑)ストレートに疾走する乾いたGtリフ(時折Thrash Metal的に疾走する)、メロディアスな正統HMチックGtフレーズ。Voは絶叫ScreamやLow Growlも時折交えるが基本は中音域喚きタイプ。
#3のミドルパート2:14からのGtメロはなかなか聴かせる。3:27からのソロがまたイイ!!
#4はThrash Metal的なアグレッションを持つ疾走&爆走チューン。ヘッドバンギング!!3:14からのGtメロいい!!
うほっ#5の3:11からのメロディック2ビート疾走がカッコいい!!堪らん!!!思わずメロを口ずさみながらヘッドバンギング!!(笑)
#8もハッと耳を引く正統HMチックGtが堪能できますよ♪ややありがちではあるが(汗)。

派手さはないものの、非常にオーセンティックHM的なGtメロと適度な疾走感が耳に心地よい。
Melodic Death好きにおススメ!!


img034.jpg

official

Postnecrum 「Estruendo de Legiones」

2008.01.06.Sun.11:52
2007年 Mexico

うおっっヲタ臭えジャケ!!!(爆)
どこのアニメorゲームのサントラだよ?って感じですな。はたまた同人ソフトか?(爆)
しかしこういうジャケが大好きな俺(笑)。当然ジャケ買い(爆)。ロゴも堪らなくよい!!!
Key入りツインGt6人編成Symphonic Black Metalバンドの2ndアルバム。全10曲43:10。
#1はこのテのバンドのお約束ともいえるKeyによる壮大なイントロダクション。
#2はアップテンポで始まる。ショボいGtリフ(笑)にKeyが絡む。Voは意外にもLow Growlから入る。この辺は南米産らしいか?絶叫Scream Voも後から入るが。1:13からシンフォニックblast爆走!!スネアの音もショボいので(苦笑)迫力はない。しかし俺はこれでもOK!!すぐ2ビート疾走?ミドルテンポへ。後半はずっとミドルだが、壮大なシンフォサウンドがなかなか聴かせる。
#3は教会の鐘の音?チャーチオルガンというまたまたお約束なイントロ。好きでもない人は「またかよ」って思うんだろうなあ。俺は大好きだからいいけど。ミドル&Low Growlから入り、1:03からシンフォニックblast爆走!!そして2ビート疾走&絶叫Scream Vo!!またミドルへ。1;40から泣きのGtソロも入りますよ。やっぱショボいが(汗)。
#5は様式美チックなKey&Gtから爆走するイントロがカッコイイ!!しかし本編はミドルテンポ(汗)。
#7はなんとなくアニソンチックな(笑)Epicな感じの高揚感溢れるシンフォニック疾走イントロがカッコイイ!!メロパワファンとかガッツポーズをとりそうだ(笑)。でも本編はミドルテンポで残念。しかし1:52からblast爆走!!エキサイティング!!エンディングでBattleなSE入り。これもお約束だな(笑)。
#8は2ビート疾走チューン!!ミドルパートでは珍しく漢詠唱コーラスパートがありますよ。
#9の2:34からのGtソロ、ショボいながらもなかなかイイですよ♪
#10のGtソロ2:08のくだりもかなりクサい!!イイ!!

所謂他のSymphonic Black勢と異なるのは、Low GrowlがメインVoであるという点だろうか?絶叫Screamもあるがこちらはあくまでサブ、という感じだ。
音ショボくてもOK!!というB級Symphonic Black Metalメイニア(俺だけか?)に捧げる!!
そしてヲタジャケメイニアにも(爆)。


img057.jpg

myspace

ARTEP 「Fires of Mortal Deception」

2008.01.05.Sat.18:35
2007年 Canada

女性マルチプレイヤーArtepさん(Gt、Vo、Ba、Synth)とLord Goatesque氏(Vo、Dr)による2人編成Black Metalユニットの1st Demo。全4曲18:57。みじけー!!
#1はシンセによる交響曲チックで大仰なイントロダクション。クラシカル&荘厳で素晴らしい!!
#2はメロウかつPrimitiveなGtリフが印象的な曲。最初はスローテンポだが、0:59からblast爆走!!スネアの音がも少しハッキリ聴こえるといいんだが……。終盤で導入されるシンセがドラマティックな効果を生んでいる。
#3は初っ端からPrimitiveに爆走&疾走!!エキサイティング!!1分足らずでミドルテンポに。メロウなGtも入る。しかし再び爆走!!ここカッコイイ!!この後ミドル?スローと爆走パートが繰り返される。
#4はへヴィかつソリッドなリフを用いたDeath/Thrash色が強い曲。それでも絶叫Voやメロウ&PrimitiveなGtがBlack Metalらしさをキープしている。

Artepさんの名をユニット名にしている(ちなみにジャケ写真に写ってるのも彼女)ところを見ると、作曲も彼女が手掛けているのだろうか?う?ん多才な人だ。
1stフルに期待したい!!


img055.jpg

myspace

Vreid 「I Krig」

2008.01.05.Sat.15:14
2007年 Norway

ツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Black Metalバンドの3rdアルバム。全9曲45:07。
メイニアには周知のことだが、WINDIRの中心人物Valfar氏の死後、残りのWINDIRメンバーのうち3名+新Gtにより結成されたバンドである。
WINDIRがあまりに偉大すぎたせいか、どうもこのVREIDはWINDIRの脱け殻的扱いを受けているような感があるが(ジャケが地味なのも災いしてるか?)決してそんなことはなく、1stから順調にハイクオリティなアルバムをリリースし続けているバンドである。
#1はクリーントーンGtを用いた叙情的なイントロから始まるミドルチューン。歌いだしでのGrim Voの邪悪な叫びが印象的だ。GtリフはPower Metal的な厚みと重さを持っている。トップを飾る曲としては少々地味な感もあるが、3:59からのGtメロディは素晴らしい!!終盤のGtソロもなかなかだ。
#2は2ビート(やや緩めだが)疾走チューン!!メロウなGtもイイ!!メロパワ的感覚で聴ける曲だ(笑)。
#3はストリングスによるイントロがイイ!!クリーンGtによる叙情スローパートの後、2:11からblast爆走!!叙情と暴虐の落差が見事な曲だ。以降はblast爆走&2ビート疾走の嵐!!エキサイティング!!後半叙情パートで再びストリングスが参加。チェロらしき音も聴ける。8:37の大作だ。
#4以降は適度にメロディックなミドルチューンが続く。#6ではLow Growl寄りなVoも聴ける。
#7もミドルチューンだが、1:03からのメロウでキャッチーなGtフレーズが素晴らしい!!これはなかなかの名曲!!2:47からはPaganチックな漢詠唱パートが入る!!おおっ3:27からblast爆走!!
うぐぽっっ#8の1:47からの哀愁Gtソロ素晴らしい!!!特に2:03のくだり堪らん!!胸が締め付けられるような感動を覚えた!!

全体的にはミドルテンポを主体としたMelodic Blackだろうか(勿論Fastパートもあるが)。
どうしてもWINDIRと比較されてしまう運命にあるバンドだが、そんなことは気にせずにこれからも優れたアルバムをリリースし続けて欲しい!!


img054.jpg

official
myspace

Wolf's Moon 「Ethos of the Aryan Heritage」

2008.01.02.Wed.08:01
2003年 Poland

詳細は不明だが2人編成NS Black Metalユニットの1stアルバム。全8曲37:16。現在はSolar Wisdomというバンド名に変更している。ちなみにドイツにWolfs Moonという名のHeavy Metalバンドがいる。
#1は荘厳でドラマティックなKeyによるイントロダクション。#2も劇的なKeyをバックに始まる。ミドルテンポの勇壮な曲調。軍歌っぽい雰囲気も感じる。GtリフはRaw Primitive的だ。blast爆走パートもあり。VoはLow Growlとは違うが低音の吐き捨て型だ。
#4の2:37からの薄メロ爆走はなかなかエキサイティングでカッコイイ!!
#5ではPaganチックな勇壮詠唱パートも聴ける。終盤近くのシンフォニックblast爆走パートもなかなかだし、この曲は幅広い層に受け入れられそうだ。
ラスト#8「Sol Invictus」は国歌?軍歌?そんな感じの(汗)勇壮な合唱曲。歌メロが堪らなくイイ!!胸が熱くなる感動を覚える。一緒に歌いたくなったよ(笑)。しかしこの曲、何故かクレジットが#8?14まで7曲分カウントされる。なんか意味あるのか?(笑)

音的にはSymphonic Primitive Blackと呼ぶべきか?NS系としては珍しく(?)Keyの劇的効果が活かされたシンフォニックな音造りである。
普通にSymphonic Blackが好きな方でも楽しめる音ではないかと思う。


img048.jpg

myspace
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。