スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sorcier Des Glaces 「Moonrise in Total Darkness」

2007.12.31.Mon.12:41
2006年 Canada

MOONLYGHTのメンバーでもあるS.Robitaille氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの1998年の1st以来実に8年振りの2ndアルバム。全8曲37:47。
#1は壮大でスぺーシーな感じのKeyによるイントロダクション。
#2は泣きのGtから始まる。イイ感じ(笑)。1:12からblast爆走!!邪悪なGrim Vo!!スネアの音が軽いのが少々残念か。2:12からメロディックGtがblast爆走!!堪らん!!3:25で小休止してKeyとクリーントーンGtによる叙情的な展開へ。40秒弱でblast爆走!!
#3は初っ端からblast爆走!!うおおっ0:24からのGtメロいい!!勇壮メロが爆走!!もっと前面に出てくれれば悶絶級なんだが……。1:21でクリーンGtによる叙情パートへ。この辺はProgressive/Symphonic Rock的でもあるか。3:20辺りのスローパートは寒々しいKeyが効果を出している。
#4もイントロで寒々しいcold KeyとクリーンGtがスローテンポで活躍している。1:24からblast爆走!!叙情パートと暴虐パートの場面転換の妙を得意とするバンドのようだ。2:22からの爆走Gtメロが勇壮で素晴らしい!!終盤でもこのメロが爆走!!悶絶!!イイ!!個人的にはこの曲が最強キラーチューンだな?。
後半もKey&クリーンGtによる叙情性と、blast爆走暴虐パートの落差が際立つBlack Metalチューンで占められている。#7の終盤の盛り上がりなどもかなり感動的だ。

曲展開のパターンが決まっていて割と先が読めてしまうところが難点だが、Melodic Blackとしては実に高品質なものを創り上げていると思う。
次作はいつになるかわからんが(苦笑)、今後の活躍に期待したい!!


img516.jpg

myspace
スポンサーサイト

Trimonium 「Son Of A Blizzard」

2007.12.28.Fri.22:43
2007年 Germany

ツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Pagan War Black Metalバンドの3rdアルバム!!全8曲44:33。
1stから一貫していかにも独逸産らしいFast Melodic Blackをクリエイトし続けている彼らだが、今作も期待通りの素晴らしい出来である!!
序章#1に続く#2は、ミドルテンポから始まる。Norwegian風の冷徹なGtリフ。語りかけるような感じのダミ声のVo。このVoスタイルはBlack Messiahあたりに近いか。1:18からblast爆走!!1:59のくだりのGtフレーズが独逸産らしく哀愁&キャッチーでイイ!!そのままメロウに爆走!!中盤ミドルテンポになり、VoのPaganチックな叫びも聴ける。
#3は初っ端から悶絶メロディックblast爆走!!寒々しいメロがイイ!!本編はミドルテンポがメイン。ウホッ4:07で入る正統HMチックGtフレーズが堪らん!!終盤で再び爆走!!
#4もメロディックな2ビート疾走&blast爆走から始まる!!激エキサイティングでカッコイイ!!とにかく爆走!!ヘッドバンギング!!
最強キラーチューンが#6!!例によって疾走&爆走しまくり!!中間部のThrashyなリフも印象的だ。そして極めつけが4:23!!悶絶メロディがドラマティックにエキサイティングに爆走する!!うはああああっここ堪らん!!堪らんよ!!じょばああああああああーーーーーーっっっ!!!!当然失禁!!まさに必殺チューン!!
残り2曲も佳曲ではあるが、さすがに名曲#6は超えられないか。#7の泣きのGtソロも聴かせるけどね。ラスト#8はPower Metal的なリフ&リズムが印象的。

とにかく全編メロディック爆走!!コレに尽きる!!Dark Fortressを代表とする正統Fast Melodic Blackメイニアであれば押さえておくべきバンドである!!!


img039.jpg

official
myspace

FollowBane 「Final Letter From…」

2007.12.16.Sun.12:21
2007年 Japan

京都産2人組Symphonic Epic Black/Death Metalユニット、待望の3rdアルバム!!全10曲43:44。
#1はなんとリリカルで美しい女性Voをフィーチュアした、Gothic風味を活かしたミドル曲。これは意外!まあGtメロやKeyなどには彼ら独特のクサFollowBane節が感じられるが。しかしトップを飾る曲としてはどうか?やはりトップには激クサ疾走or爆走チューンをもってきて欲しいところだが……。あえて今回はわざと常套手段から外してみた、という狙いか?
#2は珍しくBritish HMを思わせる(Maidenぽい?)イントロGtからblast爆走に雪崩れ込むという導入部。0:29からのメロ展開イイ!!1:41からのメロディック爆走イイイ!!びしゃあああっっっ!!!2:53からのメロディック爆走に失禁!!!3:35からSymphonicに被さってくるKeyもイイですな!さらにNosuke氏の絶叫Grim Voが爆走!!エキサイティング!!終盤の絶叫blast爆走に思わずヘッドバンギング!!欲を言えばイントロにもう少しクサさが欲しいか?
#3のイントロメロディックGtはこれぞFollowBane!!うおおおおお0:40からお得意のヒロイックメロディが2ビート疾走!!こ、ここ堪らんですよ!!!ぶしゃああああああっっっ!!!(爆)しかしすぐミドルテンポになるのがちと残念か。
#4はシンフォニックなKeyイントロから静寂を突き破るように突如2ビート疾走!!この疾走パートのシンフォKeyもイイ!!寒々しいKeyなのに胸が熱くなる!!1:59で大仰荘厳正統European HMチックなクワイアが入る!!3:38からのGtソロいいですな♪当然ヘッドバンギング!!
#6は旧作の曲に似たイントロが少々いただけないが、0:56からのGtメロがイイ!!さらにこのメロが2ビート疾走!!哀愁ヘッドバンギング!!3:23からのGtソロもイイイ!!!
#7はイントロのチェンバロ風のKeyが印象的な曲。勿論クサメロGtも大活躍してますよ!!
#9もチェンバロ風Keyをフィーチュアしたインスト曲。ヴァイオリンっぽい弦の音も聴かれる。やはりこのテの曲だとゲーム音楽っぽさが目につくが、気になるというほどではないと思う。
#10は締めに相応しいエキサイティングシンフォニック爆走チューン!!3:13からのメロディック爆走が堪らん!!!

今作もハイクオリティなクサメロ炸裂Black/Death Metal作品に仕上がっているが……1st、2ndで聴かれたようなメロディの極楽絶頂昇天悶絶級のクサさ、煽情度が若干低いかな?という印象を受けた。俺の耳が慣れてしまったのか、それとももっと聴き込む必要があるのか……。
まああくまでも欲を言えば、というレヴェルのことであって高品質作品であることは間違いないのでSymphonic Black、Melodic Death、そしてクサメタルファンは迷わず買って下さい!!!


img045.jpg

official

PANYCHIDA 「PAGANIZED」

2007.12.09.Sun.09:42
2007年 Czech Republic

ツインGt4人編成(GtのひとりはOBLOMOVのメンバー)Pagan/Folk Black Metalバンドの1stアルバム。全11曲38:23。現在Drは正式メンバーとしては不在のようだ。本作にゲストDrとして参加しているHonza Kapak氏は、AVENGERのメンバーでもある。
他にゲストミュージシャンとしてフルート&バグパイプ奏者が参加していて、彼がかなり大活躍している。
音的に基本ベースとなっているのはFast Melodic Blackなのだが、随所にフルート&バグパイプが乱入しPagan/Folk色を強めている。
#2はメロディック爆走パートとスローパートの対比が見事な曲。3:19でバグパイプ乱入!!4:39からのGtソロも聴かせる。4:55からの展開が激ドラマティック!!いい!!
#5はイントロからバグパイプの嵐!!さらにこのバグパイプが2ビート疾走!!自然に体が踊りだす!!(笑)1:33からアグレッシヴにblast爆走!!2:42からのGtソロもイイ!!
#7は哀愁のフルートから始まる!!この夕日の見える小学校が似合うメロディ!!(?笑)しかし0:50から情け容赦なくblast爆走!!「オ?オ?」という漢の哀愁を感じるコーラスもイイ!!
#9の0:44からの薄メロ2ビート疾走もカッコイイ!!ヘッドバンギング!!さらに0:58から小鳥の囀りのようなリリカルフルート乱入!!見事なアンサンブル!!!
#10はアグレッシヴblast爆走パートがカッコイイ正統Black Metalチューン!!堪らん!!と思ったら1:26から素朴なフルート乱入!!でもまたblast爆走!!!この曲はとにかくドラマティックに爆走!!!終盤のメロディックGtとフルートの絡みもイイ!!

個人的にはフルート&バグパイプも勿論聴きどころではあるのだが、そういったFolkyなパートだけに頼らず、立派にFast Melodic Blackとしても成立しているところが素晴らしいと思う。非常に贅沢な音づくりである(笑)。SpainのCYHIRIAETHあたりが好きな方にはまさにツボ!な音であろう。
Pagan/Folk、Fast Melodic双方のファン対応優れものBlack Metal!!!


img033.jpg

official
myspace

Grabak 「Agash Daeva」

2007.12.08.Sat.16:59
2007年 Germany

ツインBa5人編成(BaのひとりはディストーションBa)Fast Black Metalバンドの4thアルバム。全11曲45:33。
前作まではCCP Recordsだったが、今作からレーベルを移籍しBlack Blood Recordsからのリリースとなっている。それに伴い(?)ロゴも変化している。
一方音のほうは全く変わらずで、今作も期待通りのblast爆走満載ハイパーFast Blackが全編にわたり貫かれている。疲れているときにはあまり聴きたくない音だ(笑)。
もちろん暴虐性だけではなく、随所に配された独逸産らしいメロディ・ラインも健在である。
#2の3:45あたりからのメロディックblast爆走は堪らんカッコよさ!!
#5はへヴィなリフ、ややLow Growl寄りなVoを用いたDeath/Thrash風なミドルチューンだが、2:51からのGtソロが印象的。
#7の1:40からの爆走Gtメロもイイ!!
#8の2:02からのGtフレーズも激烈爆走パートの後でホッとさせるほのかな叙情性(?)を感じる。

大半の曲で爆走しまくる怒涛のFast Black!!
Dark Funeralあたりを好む方におススメのバンドだ!!!


img011.jpg

official
myspace

SWORN 「THE ALLEVIATION」

2007.12.01.Sat.21:58
2007年 Norway

これイイ!!!
初っ端からデカい字で叫んでしまったが、これが実にイイのだ!!
試聴した時点で「これは買い!」と思ったのだが、アルバム全体がハイクオリティである!!
ツインGt5人編成Melodic Black Metalバンドの1stアルバム。全7曲34:08。この中途半端なヴォリュームが唯一の不満点か(苦笑)。
#1は煽情的メロディック2ビート疾走で幕を開ける!!初っ端から堪らん!!(笑)続けて絶叫Grim Voと共にblast爆走!!1:18からのメロディック爆走にも感動!!
#2は聴きやすいキャッチーなリフにミドルテンポで始まる。0:48からのメロディックGtフレーズいい!!Melodic Deathファンにも受けそうだ。2:46からの正統HMチックGtソロに泣くがいい!!(笑)終盤3:34で再びメロディックblast爆走!!悶絶!!涙と鼻血と小便が一気にダダ漏れ!!(爆)体中の体液という体液が全て溢れ出る!!
#3もキャッチーでメロウなリフと2ビート疾走が小気味よいPower Metalicチューン!!自然に首が動いてしまう!!
#5はミドル?2ビート疾走チューン。1:04からの激キャッチーなGtフレーズが耳に残る。
#6は破壊力満点のアグレッシヴ暴虐blast爆走&2ビート疾走Fast Black Metalチューン!!激エキサイティング!!
ラスト#7はメロウなミドルチューン。1:43からのメロディアスGtソロいいい!!

Norway産でありながらNorwegianな音ではなく、SwedenやGermanyのMelodic Blackを手本としているように思われる。myspaceの「影響を受けた音楽」欄を見ると、「90年代Melodic Black」そして「Heavy Metal」とある。俺のツボ突きまくりなワケだ!!(笑)
正統HMチックGtメロディとblast爆走!!これこそがMelodic Blackの醍醐味であることを再確認させてくるバンドだ!!!!!!!


img035.jpg

official
myspace

ATRITAS 「MEDIUM ANTIGOD」

2007.12.01.Sat.11:56
2007年 Switzerland

しかし地味なジャケだな(笑)。
女性Key入りツインGt6人編成(現在はKey不在の5人編成)Symphonic Black Metalバンド、待望の2ndアルバム!!全10曲53:53。今作からCCP Recordsに移籍したようだ。バンド側は現在Keyを募集中とのこと。
それはさておき今作も前作の延長線上にある、正統Fast Symphonic Black Metalが貫かれている。
#1は荘厳でドラマティックでシンフォニックなお約束的(笑)イントロダクション!!即座に#2がblast爆走で畳みかける!!エキサイティング!!シンフォニックミドルパートとメロウなblast爆走を交互に聴かせる。Voは線の細い、カン高い絶叫Grim Voiceだ。
#3も序盤のメロディックblast爆走がカッコイイ!!ただし本編はミドル?スローパートがメインか。後半3:11から再びメロウに爆走!!ヘッドバンギング!!!
#5もひたすら爆走チューン!!終盤近く5:17からの荘厳Keyフレーズが中世チックで素晴らしい!!
#7「Das Tier」はどっかで聴いた曲だな?と思ってたら、2002年リリースのDemo「In Regressu Diaboli」収録曲でした(汗)。この曲はやはり終盤のヴァイオリンがハッ!とさせるほど美しい!!メンバーもお気に入りの曲なのね?きっと。

あまりにも音楽性が変わっていないので(笑)新鮮味に欠けるきらいが無きにしもあらずだが、その分前作が気に入っているという方は安心して楽しめるクオリティの作品となっている。
荘厳かつ暴虐的なSymphonic Black!!


img019.jpg

official
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。