スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Between the Frost 「Realms Of Desolation」

2007.06.23.Sat.16:31
2007年 Spain

うおおおおおおお懐かしい!!!まだ生きてたんだな?このバンド。
ツインGt5人編成Black/Death Metalバンドの、1998年の1st以来なんと9年ぶりの2ndアルバム!!(その間Demoを2枚リリースしているが)全10曲トータル45:00。マスタリングを、なんとあのAndy LaRoque氏(King Diamond)が手がけている。
全曲怒涛のblast爆走!!絶叫Grim Voice!!時折入るメロウなフレーズ……とごく正統的なFast Melodic Black/Deathを聴かせてくれる。
GtリフはBlackとDeathの中間……といった感じだろうか。適度に重みのある、湿り気のない乾いたリフだ。
#1などはクリーントーンGtによる叙情性と爆走アグレッションの融合が見事だ。
#2の0:42からの絡みつくようなメロディックGt爆走パートは実にスリリング!!この辺はAndy LaRoque先生の力か?トリハダ立てながらヘッドバンギング!!(笑)Voは時折Low Growlに。
#3はMelodic Death的なリフから始まる。0:26からのメロディック爆走が最高にカッコイイ!!#1同様、中間で入るアコギの叙情性が光っている。
#4はBrutalなblast爆走から始まるが、0:19からお得意のメロディックblast爆走!!カッコイイイイ!!!2:21あたりのGtメロも最高!!
#5のミドルパート4:07からの正統HMチックGtメロも泣ける!!
後半曲もメロディック爆走しまくり!!

純然たるSwedish系Melodic Blackだった1stに比べると、若干Brutalかつストレートな爆走Fast Black/Death色が強くなった感もあるが、随所に耳を惹くメロディ/フレーズが散りばめられているという点に関しては前作同様である。
フランスのHyadningarの新作にも近い手ごたえを感じる音だ。
これだけブランクがあきながらも、クオリティを下げることなく素晴らしい音を叩きつけてくれた!!俺はこういうバンドが大好きなんだ!!!


img493.jpg

official
myspace
スポンサーサイト

Runenblut 「No solution for your life…just suicide」

2007.06.16.Sat.20:25
2006年 Germany

Morgoth氏(Music/Instruments)とFjalar氏(Lyrics/Vo)による2人組Pagan Black Metalプロジェクト待望の2ndアルバム!!全11曲トータル43:56。
ジャケが今作はPrimitiveもしくはSuicidal系を思わせるモノクロデザインなので、路線変更したか?と思ったが、実際はそんなことはなく(笑)、Darkで邪悪でアグレッシヴでありながらも、随所に独逸産らしい印象的なメロディが配されたBlack Metalとなっている。ただ、前作で少し見られたFolk色は完全に姿を消している。
#2の2:58からのメロディックblast爆走パートは激エキサイティング!!カッコイイ!!
#6の3:29からのメロディック爆走も堪らん!!
ストリングスを駆使した荘厳で壮大なサントラ/交響曲調の#7から爆走曲#8へ雪崩れ込むくだりも最高にカッコイイ!!!
#9の3:22からのメロディック高速2ビート疾走もイイ!!
Melodic Blackと呼んでも差し支えなさそうだが何故かそう呼ぶのが躊躇われるのは、やはりリフやリズム、Vo、そして全体を包むオーラがBlack Metal本来の持つ邪悪さ、暴虐性をキープしているからであろう。


img448.jpg

official

Odal 「…wilde Kraft」

2007.06.16.Sat.13:17
2005年 Germany

トリオ編成(GtがVo兼任)Pagan Black Metalバンドの2ndアルバム。全9曲トータル44:40。
Paganとはいっても、音的にはほとんどNorwegian型True Fast Blackといってよいだろう。ミドルパートにPaganっぽさを感じ取れなくもないが。
ただNorwegianとはいっても、blast爆走パートにハッ!とさせられるGtメロディを絡めてくるところなどは流石独逸産!!と唸りたくなる。#2の0:33からのメロディックblast爆走パートなどは素晴らしい!!#6の1:17からのblast爆走パートも劇的でトリハダもの!!
人によってはFast Melodic Blackとカテゴライズする人もいるかも知れない。個人的にはそう呼べるほどメロディックな音だとは思わないが。
ラスト#9は全面的にフィーチュアされたヴァイオリンの響きが素晴らしい異色のスローチューン!これもPaganチックといえばいえるか?
メンバーは3人とも、それぞれ別のバンド/プロジェクトを掛け持ちしていて忙しいようだ(笑)。


img440.jpg

official

Darkness of Blood 「A Dream of Vampires in Astral Dementia」

2007.06.16.Sat.12:41
2004年 Mexico

Key入りツインGt6人編成Vampiric Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。全7曲トータル37:04。
全篇にSEや女性の語り、そして大仰な劇的Key/ピアノを大胆に駆使したTheatricalなSymphonic Blackなのだが、Gtリフは意外にBrutalだ。Drの音もRawな感じに仕上がっているので、あまりキラキラクサクサな印象は受けない。
シンフォニック、ドラマティックでありながらもRaw&アグレッシヴに疾走&爆走!!してくれる。
特に#5の1:56からのシンフォニックblast爆走パートは荘厳さと暴虐性が共存していて素晴らしい!!!
高音喚きVo、美しいKey/ピアノ、メロウなGt、爆走リフ&リズム……やはりこの音から想起されるのはCRADLE OF FILTHだろう。
特にCRADLEの1stの音が好きだ!という方(あまりいないか?笑)におススメのバンドだ。
#2のイントロKeyなんかモロだし(てかほとんどパクリ笑)。


img490.jpg

myspace

MALNATT 「HAPPY DAYS」

2007.06.09.Sat.23:39
2007年 Italy

Key入り5人編成(現在はGtがもうひとり加入し6人編成)Black Metalバンドの待望3rdアルバム!!
しかし「HAPPY DAYS」とはまたBlack Metalらしからぬふざけたタイトルだな(笑)。この人を食ったセンスはまるでドイツのDie Apokalyptischen Reiterみたいだ……なんて思いながらmyspaceを見ていたら、「影響を受けた音楽」の欄にしっかりダイアポの名が(笑)。やはりイシキしているな?
前作はFolkishなメロディ使いが素晴らしいBlack Metalだったが、今作では意外にもFolk色は全く姿を消している。それでもハイクオリティな内容になっているのは流石だが……。
#1はなんとトランペットを使用した大仰なイントロに驚かされる。ミドルテンポで曲が進み、1:35からblast爆走!!ここは正統Black Metal的だ。2:09から2ビート疾走に。2:21から壮大なトランペットメロディが乱入!!ここイイ!!個人的にラッパ系の楽器はあまり好きではないのだが、それでもこのトランペットは充分にドラマティックで感動的だ。
#2?4はスローチューンでややテンションが下がるが、曲自体は悪くない。アコギ&女性Voをフィーチュアした#2や、#3の2:16から聴ける壮大なメロディは素晴らしい!!ここもトランペットかな?
#5は2ビート疾走から始まり、0:49からblast爆走!!バックで薄っすらと響くKeyが劇的効果を上げている。1:14で2ビートに戻るが、またすぐblast爆走!!ここは正統Fast Melodic Blackしててカッコイイ!!2:03で爆走終了。スロー?ミドルへ。終わり方がやや地味かな。
#7はなんとトランペットを全面的にフィーチュアしたジャズ風の渋い小曲。2分弱。
ラスト2曲#8、9もミドル?スロー曲だが、印象的なメロディを配したなかなかの良曲。

なんとなく「アルバムごとに違うことをやりたいのかな?」と思わせる作風だった。
果たして次作ではどうなるのか、楽しみでもあり不安でもあり(笑)。


img492.jpg

official
myspace

NERTHUS 「The Crowned's Reunion」

2007.06.03.Sun.13:12
2007年 Austria

おお、私の大好きなお城ジャケ!!シンプルな造りの城だが(笑)。
Key入りトリオ編成(現在はVoがもうひとり加入し4人編成)Grim Ancient Metalバンド、待望の4thアルバム!!
2ndまではオーストリア産ならではのいかにもEuropeanな、Folk色もある美しくも激しいFast Melodic Blackをクリエイトしていたが、前作3rdではよりPagan/Folk Metal色を強く押し進めた作風になっていた。そのこと自体は結構なのだが、その代わりBlack Metal的アグレッシヴ疾走&爆走パートが失われてしまった点が個人的に不満で、今後このバンドはどうなっていくのだろう?と秘かに心配していた。
おおっイントロからメロディックblast爆走の#2に感動!!1st、2ndのFast Melodic Blackスタイルに戻ってくれている!!どこかチープ感の漂うメロではあるが、私にとってはそれは大したことではない。このバンドがFast Melodicスタイルに回帰してくれたことのほうが重要なのだ!!0:22でミドルに。ここのGtメロもイイ!!うぐぽっ1:45からさらに劇的メロ展開に!!感動!!涙しながらヘッドバンギング!!!
#3はMedieval中世チック大仰ドラマティックインスト曲!!1:26の長さ。
#4もキャッチーでメロディアスなイントロがインパクト大!!曲はミドル?スローテンポ。2:37あたりのGtフレーズもイイ!!
#5は2分弱のインスト。思わず音世界に引き込まれるような深遠で壮大なサウンドが素晴らしい!!劇的!!
#6もミドル?スローな導入部。1:15からのGtメロが印象的。2:30から2ビート疾走さらに2:40でblast爆走!!!3:02でblast爆走をバックに絶叫!!「イギャーーーーーッ!!!」熱い!!3:14でスローテンポに戻るが、後半5:43でまた疾走&爆走カマしてくれる!!
#7も#3に通じる壮大で大仰な中世チックインスト!!2分弱。
#8は前作で聴けたような思い切り田舎クサい(笑)Folk Metalなイントロが耳に残る。
#9は序盤は例によってキャッチーなメロ&ミドルテンポ。部分的にblastが入る。1:12からいきなりblast爆走!!15秒ほどで終わるが。2:58あたりからなんともいえない優しげなメロが入り、その直後3:20からblast爆走!!
#10も堪らん中世チック現実逃避インスト曲!!(笑)3分弱。
ラスト#11はシークレット。3:30ほどまでは語りと焚き火のSE、以後5分以上の空白。8:45あたりから本編が始まる。曲の部分部分をつぎはぎしたような作りだが、メロディックblast爆走パートが悶絶級にカッコイイ!!こんな形ではなく、正規の曲として作って欲しかったな……。

まあ改めて聴いてみると全篇爆走しているわけではないのだが、初期に見られたFast Melodicパートが復活してくれたのが何よりも嬉しい!!
次作もこの路線でお願いします!!


img485.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。