スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYCTICORAX 「Black Raven…Dark Night」

2007.05.27.Sun.21:21
2006年 Latvia

う?んダークで堪らんジャケ&ロゴ!!暗黒Black Metallerジャケ買い必至のアルバムですな!!
もとURSKUMUGのメンバー含むツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Vampiric Black Metalバンドの2ndアルバム。
各曲の合間にSEを挿入するアルバム構成になっている。
#1は鐘の音と不気味なVoの呻き&叫び、ホラー映画チックなダークさが堪らないSEによるイントロダクション。
#2はMAIDENチックGtメロディが裏打ち疾走するイントロから始まる。0:43からドラマティック爆走!!Drにもっとパワーが欲しいところか。1:26からミドルテンポ。ここのGtメロもなかなかイイ!3:47で曲が一旦静止し、アコギソロへ。4:05から再びメロディック爆走!!ここドラマティックでイイ!!堪らんクライマックス!!
#4もイントロの正統HMチックGtがイイ!0:22から一転して暴虐的に爆走!!1:03からミドル?スローに。ここでもイイ感じのメロウなGtが聴ける。1:48からまた爆走!!2:08から裏打ち疾走!!2:29からスロー。2:51から溜めて溜めて、3:13で爆走!!カッコイイ!!しかし欲を言えばDrにもっと迫力が欲しい……!
#6はミドルテンポがメインの曲(一部爆走もあるが)。2:29からのGtメロが印象的。うおおっ3:12からなんと「白鳥の湖」のメロディが乱入!!やってくれる!!
#8もミドルメインだが、2:16からのGtメロがメランコリックでイイ!
#10はアコギの叙情性を巧く絡めた曲だが、やや地味めかも。
#12はアコギのみによるインスト。
#14は序盤スローテンポだが、1:04から2ビート疾走!!さらに1:25からblast爆走!!中盤からまたスローと爆走を繰り返す。3:33からの2ビート疾走がまたスリリング!!自然にヘッドバンギング!!(笑)クライマックス5:23からのメロディックblast爆走が圧巻!!素晴らしい!!
#15はイントロの'80年代オールドHM風なGtリフが逆に新鮮な曲。2:30から唐突に入るGtソロも妙な味がある。4:22からのGtメロがイイ!!
ラスト#16はアコギソロから始まり、0:47でヘヴィなリフが入る。0:58から爆走!!2:13からのメロウなリフがなかなかよい!終盤で再びアコギソロが入り、そのまま終了。

爆走パートもあるのだが、基本的にミドルメインの曲が多いだろうか。アコギの叙情性を曲中に挿入する手法が特徴的だ。
Drにもっと破壊力が増すとより素晴らしい作品になったのではと惜しまれるが、楽曲自体は優れたMelodic Blackであると思う。
次作での成長に期待したい!!!


img484.jpg

official
myspace
スポンサーサイト

HELRITT 「Trotzend dem Niedergang」

2007.05.19.Sat.14:30
2007年 Germany

もとSurturs LoheのメンバーによるツインGt5人編成Pagan Metalバンドの1stアルバム。
Surturs Loheはミドル?スロー中心のPagan/Folk Metalといった印象だったが、このHELRITTはもっと勢いがあってパワフルな、Heavy Metal然とした音を身上としている。
#1は落ち着いた感じのアコギとマーチ調のDrから始まる。1:03から適度な厚みと重量感を持ったリフがPower Metalチックに2ビート疾走!!Voは無論Grim Voiceだ。うおおっ1:29からGerman MetalメロディックGt乱入!!カッコイイ!!!これは悶絶!!そしてPaganチック詠唱!!3:36あたりからのメロディック疾走パートには涙しながらヘッドバンギング!!
#2もメロディックで叙情的かつドラマティックなイントロ!!ミドルテンポで曲が進む。詠唱Voから始まる。イイ声してます(笑)。1:10からGrim絶叫!!「イギャ????!!!」ここでblast爆走してくれると絶頂モンだったのだが、残念ながらこの曲は全篇ミドル。しかし全体を彩るメロディックGtが大変耳に心地よい。
#3も独逸メロディックGtが印象的なミドルチューン……かと思いきや、2:19からblast爆走!!(ややユルめだが)詠唱パートの歌メロも素晴らしい!!3:45以降の盛り上がりには、思わず胸が熱くなる!!!ミドルテンポなのが個人的に残念。この感動メロがblast爆走してくれたら、確実に悶絶死なのに……!!
うぼほっ#5のイントロGtはもろに王道Heavy Metal!!初期HELLOWEENとかGAMMA RAYとかがやりそう!(笑)そしてGrim 絶叫の後、詠唱+メロディック2ビート疾走!!ここカッコよすぎいいいいいいいっつつつ!!!!(失禁)俺今日まで生きててよかったよ!!(爆)
#7は初っ端からblast爆走!!時折挟むミドルパートでいいメロを聴かせる。しかし基本的にほぼ爆走!!この曲はBlack Metal色が強いかな。
ラスト#8はクリーントーンGt&アコギによる叙情的なアウトロ。

PaganとかBlackとかいうよりも、「Grim VoのGerman Metal」というほうが彼らの音を的確に表現しているかも知れない。OBTESTあたりをイメージして頂けるとよいだろうか?
とにかく全曲哀愁Gtメロディがツボ突きまくり!!!特に#5に涙!!!


img468.jpg

official
myspace

BLACK COUNTESS 「THE LANGUAGE OF FLESH」

2007.05.13.Sun.13:19
2006年 Russia

“ロシアのCRADLE”3rdアルバム!!現時点での最新作。エロジャケ復活ですね(笑)。彼らはこうでないと(爆)。ツインGtトリオ編成(GtのひとりがVo兼任、Drは不在)。Symphonicスタイルにもかかわらず何故かKeyは不在(謎)。
#1は厳かなピアノから始まる。初っ端からCRADLEのパクリくさい(笑)大仰なイントロ。0:41から爆走!!40秒足らずでスローテンポへ。しばらくスローが続くが、3:07から高速2ビート疾走!!3:27でイントロのピアノが再登場!!3:46からスローへ。終盤4:24から正統HMチック泣きのGtソロ!!泣け!!(笑)
#2もイントロの正統HMチックメロディックGtがカッコイイ!!即2ビート疾走!!MAIDENチックメロウなリフが疾走!!これぞMetal!!ミドルパート2:57のメロウなリフも○。しばらくミドルが続き、4:28からイントロのメロディックGtが疾走!!しかしここで曲が終了(涙)。#1もそうだが、このイイなあ?というトコで曲が終わってしまうのは何とかならないか?(笑)
#3も美しく叙情的なピアノから。0:30からメロディック2ビート疾走!!ツボすぎるカッコよさ!!0:59でミドルに。1:29でKeyのみをバックに疾走。1:43からGt入る。1:58のGtフレーズめちゃカッコイイ!!2:06からそのままメロディック疾走!!カッコイイイイイイ!!!2:57で疾走いきなり終了し、Keyのみに。3:19でGtとVo入り、スロー?ミドルの展開に。4:04から裏打ちシンフォニック疾走!!
#4もいきなり悶絶メロディック爆走!!堪らん!!!14秒で爆走終了し、ミドルへ。ここのGtリフはMelodic Death的だ。0:46からblast爆走!!1:02で終了し、ミドルへ。キャッチーなKeyが印象的。1:34あたりのGtメロディも素晴らしい!!2:06から哀愁堪らん悶絶失禁メロディックGtソロ炸裂っ!!!!2:38からユルめの疾走!2:54からblast爆走!!!!!!カッコイイいいいいいい!!!!!ヘッドバンギングしまくり!!
#5はKeyとDr、Voの語りのみの地味なミドルテンポから始まる。0:51からGtが入り、アップテンポに。このキャッチーなメロを持ったリフが素晴らしい!!1:17から荘厳シンフォニックblast爆走!!!1:42からミドルに。ここのメロウなリフもイイ!!2:37から2ビート疾走。3:12から荘厳シンフォニック爆走!!終盤5:08からの疾走メロディックGtもイイ!!
#6は初っ端から薄メロblast爆走!!0:43からミドルに。しかしすぐメロディック疾走!!1:31でミドル。ここのKeyも印象的。2:03あたりからピアノが入り、叙情性満点の展開。3:55からblast爆走!!終盤ミドルパート4:59からのGtメロもイイ!!
ラスト#7は荘厳シンフォニックblast爆走!!0:48から爆走終了し、静寂なピアノのみに。1:12から泣きのGtソロ炸裂!!この辺りはスローテンポ。3:28からメロディック爆走!!辛抱堪らん!!(笑)4:30から何故か女性のあえぎ声が聞こえてきます。流石エロBlack(爆)。5:41からblast爆走&2ビート疾走!!

MAIDEN的GtリフとCRADLE的疾走を基調とし、どこを切っても美味しいメロが顔を出すまさにMelodic/Symphonic Black究極の理想郷!!
日本でこそ評価されるべきバンドだ!!!


img415.jpg

official

SYCRONOMICA 「Gate」

2007.05.12.Sat.21:45
2006年 Germany

Key入りツインGt6人編成(現在はBaが脱退し5人編成)Symphonic Black Metalバンドの2ndアルバム!しかし美しいジャケですな♪
#1は前作と似たような感じの荘厳でドラマティックなKeyによるイントロダクション。
#2はDIMMU BORGIRチックKeyを絡めながら高速2ビート疾走!!初っ端からとにかく疾走&爆走!!序盤は絶叫Grim Voだが、1:09からLow Growlが入る。前作もそうだったが、場面によってこの両スタイルVoを使い分けられる(担当者は別人と思われるが)のは強みだと思う。3:24からはまたGrim Voがメインに。ひたすらシンフォニックに爆走!!それまではKeyが前に出ていたが、終盤4:52からGtもメロディを聴かせてくれる。
ぶほっ!!#3はなんといきなりヴァイオリン!!優雅で美しい旋律!!堪らん!!(鼻血)1:52から正統キラキラシンフォニックKey!!ここはKING DIAMONDっぽくもあるな。前半ずっとミドルテンポだったが、2:49から高速2ビート疾走!!10秒ほどでスローダウン。4:57からヴァイオリンソロ!!実に高雅な響きだ。泣ける!!5:52からのキャッチーな展開がまたイイ!!この曲は是非Black Metaller以外の人に聴いて欲しい名曲!!
#4もストリングス(ヴァイオリンじゃないかも?)の響きが美しいクラシカルで荘厳な2分弱のインスト小曲。
#5はviolentにblast爆走炸裂!!!シンフォニックKeyも入っているが、ひたすら暴虐的なリフ&リズムが前面に出た曲だ。この暴虐性とシンフォニック度のバランス加減はEMPEROR的といえるかも。3:03からはメロディアスなGtも聴けます。
#6は珍しくスローテンポの曲。2:27からの叙情性溢れるピアノが素晴らしい!!後半はミドルテンポに。
#7はイントロからメロディアスなGtが印象的。0:39から高速2ビート疾走!!この疾走パートやGtメロはCRADLE的ともいえるかな。4:27からの高揚感溢れるメロウでスリリングな疾走パートは素晴らしい!!
#8も勢いよく疾走から!!1:18でスローになり、2:24でヴァイオリン登場!!3:28からのシンフォニックKeyとメロディックGtの絡みもよい!!3:47からちょっとだけ爆走!!
#9は美しいピアノ/Keyが印象的なスロー曲。
ラスト#10は1:02からの深遠な響きのシンフォニック爆走パートが素晴らしい!!うおっ1:35からはなんと'70年代Progressive/Symphonic Rock的展開を見せる!!CAMELとか、あの辺?(笑)これは意外!!3:01からのGtメロもスリリング!!3:29で再びプログレ(笑)。3:59からのメロディアスなGtによる展開も素晴らしい!!4:32からこのメロのまま爆走!!ここは圧巻!!5:28からヴァイオリン参入!!

今作はとにかくヴァイオリンの活躍に目を見張るものがあった。次作でも活躍してくれることに期待!!!


img444.jpg

official
myspace

THIRST 「Ritual for Blood」

2007.05.05.Sat.22:48
2006年 Poland

Key入りトリオ編成(GtがVo兼任、Drは不在)Symphonic Black Metalバンドの1994年リリースの6曲入りDemoに新曲2曲を加えたもの。
#1、2が新曲。#1はDIMMU BORGIRを彷彿させるシンフォニックチューン。序盤から疾走するが、30秒ほどでミドルに。Keyは最初から活躍しているが、あまり派手派手キラキラというわけでもない。1:57でのKeyフレーズはいかにもDIMMUチックで印象的だ。3:11からの美しく詩情溢れるKeyが素晴らしい!!3:34からこのKeyをバックにblast爆走が始まり、後半の盛り上がりへと雪崩れ込む!!ここはなかなかドラマティック!!この後のシンフォニックblast爆走も素晴らしいのだが、欲をいえばも少しスネアの音が前面に出てると良かったな……。
#2は地味なスローテンポから始まる。ミドルを挟み、1:07からblast爆走!!その後ミドル?スローがしばらく続く。1:32あたりのKeyがなかなか荘厳でよい!!3:04からシンフォニックblast爆走!!その後ミドルを挟み、4:19からのメロディックblast爆走がまた激ドラマティック!!堪らん!!おっ終盤6:08で正統HMチックGtソロが!!カッコイイ!!
#3からDemoの曲。急に音が劣悪になる(汗)。Primitive極まりないGtリフ!!邪悪なVo!!一応Keyもこの頃から入っていて、劇的な演出に一役かっている。メロディアスなGtソロパートもあるが、かなりショボイ(汗)。
#4は不気味な味わいのスローチューン。Voの絶叫に凄みが感じられる。2:37からのクリーントーンGtはなかなか叙情的だ。
#5はミドルチューンだが、序盤と終盤で爆走パートあり。スネアの音が酷すぎて迫力に欠ける。中間部で曲に被さるKeyが幻惑的で素晴らしい!!
#6もスローチューン。中間部で聴けるもの悲しいGtメロディが印象に残る。オーセンティックHMチックGtソロも聴ける。ショボイが(笑)。
#7は序盤で爆走ありだが、スネアの音のせいで迫力不足なのはこの曲も同様。本編はスローテンポ主体。クリーントーンGtが幻想的な味わいを醸し出している。4:52から再び爆走。
ラスト#8はBATHORY「Call from the Grave」のカヴァー。
Demoの頃はスローテンポを主体としたスタイルだったようだ。

新曲2曲はDIMMUが好きな人なら気に入りそうだが、Demoの曲は音質劣悪なのでキツイかも(汗)。曲自体は悪くないと思う。


img446.jpg

Cyhiriaeth 「Land of the Ancient Cult」

2007.05.04.Fri.23:17
2006年 Spain

女性バグパイプ&フルート専任者入りツインGt6人編成Pagan Black Metalバンドの1stアルバム。
#1は叙情的なフルートの音色が素晴らしいイントロダクション。笛好きには堪らんですな!
#2は邪悪なVoの喚き声&blast爆走で始まる導入部。0:42でミドルになり、フルート乱入!!さらに1:34から入るこの楽器は……バグパイプか?哀愁を帯びていて○。この辺りはGtリフもメロウでよい!!2:24からblast爆走!!この辺はまさにFast Black!!うおっ3:03からのGtフレーズはSwedish的メロでカッコイイ!!メロディック爆走!!3:39で再びミドル&フルート!!終盤でバグパイプも再び活躍!!
#3は前半地味だが、5:13から入る哀愁のバグパイプにハッ!とさせられる。このバグパイプ&詠唱&Grim Voの組み合わせがイイ!!
#4はイントロからバグパイプ!!1:00ジャストからblast爆走!!1:18からバグパイプも入って爆走!!2:16からGtがメロウになり爆走!!3:02からミドルになりバグパイプが大活躍するが、個人的にはここは少し田舎臭すぎて(笑)あまりカッコイイと思えなかった。好きな人はいそうだが。私はむしろ4:14以降の、スローテンポでGtリフの少し後ろに引っ込んだバグパイプのほうが魅力的に感じた。5:40からblast爆走!!
#5は前半はSwedish的Gtメロを前面に出したミドル主体の曲調。1:30からバグパイプが入る。2:32からblast爆走!!3:03から入る哀愁のバグパイプがまた素晴らしい!!3:40から久々のフルートソロ!!夕日が見えてきます(笑)。4:57からblast爆走!!5:39からメロディック疾走!!6:20からバグパイプが疾走!!6:34からスローテンポになり、バグパイプソロへ。
#6は序盤はひたすらFastにハイテンション爆走!!2:19でミドルになり、バグパイプソロ。ここも私的にはちと田舎臭い(笑)。3:09からblast爆走!!おお、3:47からテンポを落としてバグパイプが入るパートはかなりカッコイイ!!4:50からまた爆走!!5:03から薄メロ爆走!!
#7はフルート&バグパイプによる48秒ほどの協奏曲。
#8もバグパイプが最初から登場するが、スローテンポ。1:02あたりのメロウなGtとバグパイプのコンビネーションは素晴らしい!!2:09から爆走!!Voの悲痛な叫びも印象的だ。3:55からのオーセンティックなメロディック裏打ち疾走も聴きどころだ。4:49からのメロディック疾走(やや緩め)もイイ!!
#9もかなり田舎臭いバグパイプが初っ端からミドルで炸裂(笑)。おっ0:45からの展開はなかなかカッコイイ!1:42からblast爆走!!2:01からバグパイプ&裏打ち疾走!!さらにそのままblast爆走!!(鼻血)3:20からのメロディックGt&詠唱も聴かせる。4:29からメロディックblast爆走!!再びバグパイプ裏打ち疾走&blast爆走!!ここ堪らなすぎ!!
ラスト#10もバグパイプ大活躍!!前半スロー?ミドルだが、2:46からメロディックblast爆走!!3:47から再びスローテンポに。悲愴感漂うGtがイイ!!

フルート&バグパイプによるFolk要素とFast Melodic Blackが、理想的ともいえる融合を果たしている。
素晴らしいバンドだ!!!


img480.jpg

official
myspace
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。