スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SACRISTY 「THE PLAGUE OF SOLITUDE」

2005.10.30.Sun.19:50
2003年 USA

こりゃまた強烈なジャケですな!!(笑)Black Metalの寒々しさ、暗黒、絶望などを巧みに体現した(?)ジャケ!!思わずジャケ買いしてしまいましたよ(笑)。
トリオ編成Fast Black Metalバンドの1st。100枚限定らしい(笑)。既に2ndも出ているようだがそちらは未入手。
本作レコーディング時は4人編成だったようだが、現在は中心人物のNATAZRAHN氏(Vo、Gt、Key)を除いた3名が脱退し、その後新メンバーが2名加入したようだ。
音はUS産らしいDeath Metal寄りの硬質なリフを持ったBlack Metal。
#2の導入部などはかなりbrutalなのだが、それでも2:29あたりでメロディアスなGtソロが乱入してきたりして、なかなか聴かせる。
#3はイントロでの不穏な響きのKeyが効果的。2:21からのGtリフが妙にキャッチーだ(笑)。
#4はかなり欧州Black的!!メロウなFast Blackでなかなかカッコイイ!!
#5の3:02からのGtソロも正統HM的なメロディで耳に残る。短いのが残念。
#7の6:00からのGtメロディも劇的でカッコイイイ!!…なのになんでまたすぐ終わっちゃうんだよ!?(血涙)もっと聴かせてくれえ!!!
brutalなリフ&リズムの中、随所にメロディを導入したスタイルは自分の好みとしては決してど真ん中ではないのだが、なかなか楽しめた。
2ndも見かけたら入手したい。


img181.jpg

official
スポンサーサイト

DRACONIAN ORDER 「IN ABSENCE OF LIGHT」

2005.10.29.Sat.09:57
2005年 Italy

Key入り(Voが兼任)ツインGt4人編成Symphonic Black Metalバンドの1st。Drは現在不在のようだ。
Keyによる荘厳なイントロ#1に続く#2は、fastでbrutalなリフ主体のBlack/Deathという感じで、ちょっと期待していた音と違うかな?と思ったのだが、#3でひと安心。メロウなGt、シンフォニックなKey、fastなDr…CRADLE OF FILTHを彷彿させる、期待通りの正統Symphonic Melodic Black!!これはかなりのドラマティックチューン!!
#5の疾走キラキラKey、#6の叙情Gothic的パートなども、かなりの聴きどころだ。
全体的には佳曲揃いの、優れたSymphonic Black Metalアルバムに仕上がっている。CRADLE系の音が好きであれば、ぜひとも試してみて頂きたい。
個人的な感想を言わせてもらえば、#2はどうも捨て曲っぽい(笑)。後半部のメロウなGtリフに聴くべきところはあるが、総じて地味な印象だ。#2が2曲目(#1はイントロなので実質上1曲目)でなければ、もっとアルバムの印象は良くなっていただろう。


img168.jpg

official

GRABNEBELFÜRSTEN 「SCHWARZ GEGEN WEIß」

2005.10.26.Wed.22:21
2005年 Germany

Key入り(Voが兼任)ツインGt5人編成German Fast Melodic Black Metalバンド、3rdアルバム!!
Key入りとはいってもSymphonicスタイルではなく、あくまでGtオリエンテッドのFast Blackである。
ピアノによる叙情的イントロ#1から一転して期待通りにblast爆走カマしてくれる#2!!0:40からの哀愁Gtメロが堪らなく素晴らしい!!これぞジャーマン!!!
続く#3はミドルチューンだが、メロディアスなイントロがなかなか印象的な佳曲だ。
大作志向のようで、8分以上の曲が4曲も!(うち#8は11:08、#9は10:17!)ただし大作といってもあまり構成に凝るタイプではなく、全篇ひたすら突っ走っているという感じだ(笑)。#9は異質のミドルチューンだが。
全体的に見ても疾走&爆走チューンが多いのだが、メロウなGtのせいかPower Metal的な雰囲気も感じる。初期Blind Guardianあたりが好きな方もイケるかも知れない。
ブラガといえばこのアルバム、デジパックなんだけど中ジャケのアートワークがブラガの1stそっくりです(笑)。


img165.jpg

official

TYPHUS 「Profound Blasphemous Proclamation」

2005.10.23.Sun.12:46
2005年 USA

FOGのLord Typhus氏(Vo、Ba、Gt)による、トリオ編成Black Metalバンドの1st。
ジャケの雰囲気とUS産というイメージから、極悪Raw Primitive系かな?と思いつつも気になっていたところ、運よく某店に中古で転がっていたのを発見。
聴いてみたら…意外とメロディアスなパートが随所にあり、かなり聴きやすかった。FOGよりもメロディアスなスタイルだと思う。
まあMelodic Blackと呼べるほどでないが…と思ってたら、#5はもろにメロブラ!!fastなリズムにメロウな哀愁Gt!!カッコイイイ!!
#7もかなりメロディックなGtが秀逸な疾走チューン!!
邪悪なオーラを放っている割には、音自体は意外と幅広く受け入れられそうなバンドである。勿論、ダークでアグレッシヴなBlack Metalであることには変わりないのだが。
個人的にはFOGよりお気に入り♪


img167.jpg

worship site

ICONOCLASM 「Iconoclastic Warfare」

2005.10.22.Sat.10:10
2005年 Belgium

ツインGt4人編成Fast Melodic Black Metalバンド、2ndフルアルバム。5年振りの新作!もう解散したと思ってたよ(笑)。
本作でのメンバークレジットは3名となっているので、恐らく本作リリース後に1名(Gt)加入したのだろう。
ちなみにインドネシアにも同名のバンドがいるそうな(笑)。
全篇怒涛の鬼血骸爆走blast beatに、流れるようなメロウなGtリフといった作風は、前作同様健在だ。
#7のGt泣きまくりのメロディックイントロはかなりカッコイイ!!泣きながら疾走!!やっぱコレですよ!!(笑)
ラスト曲#12では、なんと女性Voが乱入!!ただしバックが怒涛のBlackサウンドゆえに、所謂Melodic DeathやGothic系の女性Voパートとは感触が全く異なる(笑)。どことなくホラー的な、なんとも不気味な仕上がりだ。
Black Metalとしてのスピード・攻撃性を保ちつつ、耳に残るメロディを聴かせてくれるという、私的に大好きなスタイルを貫いてくれているバンドである。
NAGLFAR型SwedishスタイルBlack Metalが好きな方には、是非試してみて頂きたい作品だ!!


img182.jpg

official

BLACK OMEN 「When Pure Darkness Covers False World Of Light」

2005.10.15.Sat.11:07
2005年 Turkey

バンド名が堪らん!(こればっか)ブラックオーメン!!まさにBlack Metalの理想郷的バンド名!!(?)覚えやすいしね(笑)。
Key入り5人編成Fast Symphonic Black/Dark Metalの6曲入りDemoに続く1stフル。
どうやら2部構成のコンセプト・アルバムとなっているようで、#1?4がCHAPTER1、#5?10がCHAPTER2となっている。
Key/ピアノの劇的効果を活かしたシンフォニック・サウンドだが、Gtリフはややヘヴィで、どちらかというとDeath/Melodic Death的である。Voも絶叫Black Voとlow growl Death Voと両方登場する。
Symphonic Black/Deathと呼ぶのが恐らく最も的確な表現だと思うが、まあBlackでいいんじゃないかな(笑)。メンバーもCorpse Paintしてることだし。
所謂シンフォ系の音が好きであれば、まず楽しめるクオリティであると言えるだろう。
トルコにもいくつか優れたBlack Metalバンドが存在しているようですよ!!


img178.jpg

official

PAGAN SPIRIT 「The Latent Doctrine」

2005.10.13.Thu.22:26
2005年 Slovakia

堪らんバンド名ですな?ペイガンスピリット!!(笑)
ジャケもそそります!MYTHOS(Finland)の1stにちと感じが似てますが(笑)。
Key入りツインGt、5人編成バンドの恐らく1st。
音のほうもその名の通りPagan Metal…と言いたいところだが、聴いてみたら実際はオーソドックスなSymphonic Blackでした。メンバーの皆さんCorpse Paintしてるしね。
Shop等ではPagan Black Metalとカテゴライズされているのだが、音からはあまりPaganらしさは感じられない。所謂Pagan Metalの音を期待すると、肩すかしを喰うだろう。
全体的に壮大なKeyの音が印象に残る。
が、シンフォとは言っても全く甘口ではない、充分にfastでbrutalなBlack Metalだ。怒涛のblast!!
最近の作品で言うとKATAXU(Poland)の2ndに似た感触だろうか。

良質Fast Brutal Symphonic Black Metal!!


img154.jpg

The Eternal Blade 「The Eternal Blade」

2005.10.10.Mon.10:40
2005年 France

Blackらしさのカケラもないジャケだ(笑)。
Shopの説明を見て、「ほんとにBlackかぁ?」と思いながら半信半疑で購入。
…これが予想外に素晴らしかった!!
2人組ユニットによる1stアルバム。
音のほうはSymphonic Classical Black Metal。
メロウなGtリフ、キャッチーなKeyの音色がとても心地よい。
疾走パートはCRADLE OF FILTHを想起させる(#2の4:20なんかモロ!)。
そしてゲストミュージシャンによるヴァイオリン!!これが実に素晴らしい!!!
前から「ヴァイオリン入りGothicバンドってたくさんいる(よね?あんま詳しくないけど)けど、ヴァイオリン入りBlack Metalってあんまりないよなぁ?」って思ってたんよ♪
#3の0:21からのヴァイオリンがまた哀愁&クサ!!堪りませぬ!!さらに1:15からのCRADLE爆走パート!!か、カッチョエエ!!名曲認定!!(笑)
アルバム後半部ではお約束(?)の女性Voも堪能できますよ!
真性ブラッカーには用のない作品だが、逆に普段「Black Metalはちょっと…」という方にこそ聴いてみて頂きたい高品質Dramatic Metal!!!


img169.jpg

official

Stutthof 「And Cosmos From Ashes To Dust…」

2005.10.08.Sat.21:41
2005年 Greece

このジャケの絵はHeidenreich(Austria)やGriffar(France)も使用してましたね。Black Metallerなら胸が熱くならずにはいられない絵だもんねえ(笑)。ちなみにブーランジュという人の「サバトのロンド」という石版画だそうです。
2人組NS Vampiric Black Metalユニット、2ndアルバム。
NSとはいっても音楽的には他のPoland、Russia、UkrainaあたりのNSバンドとはやはり異なっていて、彼らがクリエイトしているのはオーソドックスな欧州系Dark Black Metalといっていいだろう。
オーソドックスでないのは曲の長さで(笑)、全6曲でトータル55:47!!8分以上の曲が4曲!!#4なんて20:31という凄まじさ!!(笑)
しかし冗長さは全く感じさせない。
攻撃性とメロディのブレンド加減も自分的には丁度良い。
Gtのメロディには初期BURZUMを想起させる箇所もある。
#4の17:11からのもの悲しいGtソロは絶品!!思わず聴き入ってしまいます。

聴き応え満点の大作志向True Black!!


img180.jpg

Thy Endless Wrath 「Next to the Throne of Chaos」

2005.10.07.Fri.21:46
2004年 Colombia

くゥ?っ!このジャケ&ロゴもたまらんス!!邪悪極まりなし!!これぞまさしくBlack Metal!!!
Key入りツインGt6人編成Symphonic Black Metalバンドの1st。
全篇fastに疾走&blast爆走しまくりDr&メロウGt&シンフォKeyという、まさに私のツボつきまくり(笑)サウンドである!!
Keyはほぼ全篇にわたって活躍しているのだが、それほど前面に出ているわけではなく、Gtの後ろに引っ込んでいるような印象も受ける。
音のスタイルとしては、Atritasあたりに最も近いかも知れない。
個人的には#5がめちゃくちゃ気に入った(5:55からのGtソロが最高にカッコイイ!!)。
欧州勢に負けずに頑張って欲しい!!


img179.jpg

SLECHTVALK 「THUNDER OF WAR」

2005.10.02.Sun.12:34
2005年 Netherlands

うおおっっ!!なんと熱いジャケ!!(笑)
しかもタイトルがサンダーオブウォー!!!(爆)素晴らしすぎる!!これだけで100点!!(爆)
…というわけで(?)、Key、女性Vo入りツインGt6人編成Fast Melodic Black Metalバンド、3rdアルバム「At the Dawn of War」からの4曲入りシングル。
1曲はアルバム収録曲、もう1曲はそのヴァージョン違いということで、実質上アルバム未収曲は2曲のみなんですが。
アルバムをまだ入手できてないからいいや(笑)。
音の方はNAGLFAR型Swedish Fast Melodic Blackに、Key&女性Voが加わったようなスタイル。Symphonic Blackと呼ぶのは、ちょっと違うような気がする。
Keyや女性Voを導入していながらも決してソフトになり過ぎない、あくまでGtがメインのfastでアグレッシヴなBlack Metalをクリエイトしているからだ。
いや?かなりカッコイイですわ。
早くアルバム買わんとなぁ(笑)。


img176.jpg

official

MANEGARM 「Vredens Tid」

2005.10.01.Sat.18:23
2005年 Sweden

Master of Swedish Viking Metal、待望の4thアルバム!!
ツインGt4人編成のバンドで、DrがVoを兼任している。
今回も期待通りの、民謡メロディをふんだんに織り込んだViking Metalを聴かせてくれている。
随所に導入されているヴァイオリンの音色が耳にとても心地良い。
#3がめちゃくちゃカッコイイ!!ヴァイオリンが入ったメロディアスなイントロ(なんかRunning Wildっぽい)といい、1:24からの疾走パートといい、堪らぬカッコよさだ!!思わずヘッドバンギング!!
全体的にミドルチューンが中心で、初期のBlack Metal的blast爆走チューンが見当たらないのが個人的に残念だが、疾走パートが無くなったわけではないし、随所に散りばめられたフォーキッシュメロディがとにかく素晴らしいので、今作も満足の出来である!!


img175.jpg

official
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。