スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NORDVYKK 「Nordland」

2005.09.30.Fri.22:03
2005年 Germany

Key入りトリオ編成Melodic Black Metalの1st。
ジャケ・ロゴの雰囲気からは、Pagan/Viking色も感じ取れる。
2004年にカセットオンリーでリリースされた1stフルをCD化したもの。
哀愁漂うクサイGtメロディが堪らない、いかにもドイツ産らしいバンドである。
#3、5、6のGtメロがまた特に素晴らしい!!ドイツでしか生まれ得ない名曲群だ。
#7がまた疾走&哀愁!!Running Wildの「Riding The Storm」を思わせるメロディが心に残る。
正直音は荒いのだが、楽曲が充実している為そんなことは全く気にならない。気にする人は気にするだろうが(笑)。
今後の動向が気になるバンドだ!!


untitled.jpg
official
スポンサーサイト

Winter Of Apokalypse 「Solitary Winter Night」

2005.09.29.Thu.22:18
2005年 USA

元THY INFERNAL(いつの間にか解散してました。涙)、DEMONCYのメンバーらによるトリオ編成 Melodic Primitive Black Metalの、2本のDemoに続く1stフル。
Rawで荒々しい音作りはUS産らしいのだが、随所にしっかりとダークなメロディアス・パートがあるところがUS産らしくない(笑)。
THY INFERNALの音を継承したスタイルである、と言えそうだ。
ジャケ&ロゴがとてもヒドイのでハズレを覚悟しながら聴いたのだが、思いのほか良かったのでとてもトクをした気分(笑)。
怒り、絶望、哀しみ、苦しみ、呪詛といった様々な負の要素が音に込められている。これらの気分に陥ったときには是非どうぞ(笑)。


67451.jpg

MORIOR ERGO SUM 「Inheritors of Avernus」

2005.09.25.Sun.11:01
2005年 Spain

ずっと眺めていたいジャケですなあ(笑)。
Key入りツインGt6人編成Symphonic Black/Death Metalバンドの2ndアルバム。
Keyによる不気味かつ壮大なイントロダクションに続く疾走チューン#2は、なんか出だしがENSIFERUMのパクリっぽくて(笑)ちとマイナスなのだが、その他の点に関してはほぼ文句なしの、クオリティの高いシンフォニックサウンドを展開している。
リフは適度にヘヴィで、Voも絶叫Black VoよりロウグラウルDeath Voの出番の方が多いので、Symphonic Deathと呼ぶべきだろうか?
音のスタイルや、シンフォニック度とアグレッションのバランス加減は、以前紹介したプエルトリコのSerpenteriumに近いものを感じる。

爆走Symphonic Aggressive Metal!!


53857.jpg
official

Klabautamann 「Der Ort」

2005.09.24.Sat.22:54
2005年 Germany

2人組Fast Melodic Forest Black Metalの2nd。
1st以前にもDemoを2作ほど発表している(Demoは全てsold out。残念!)。
ドイツらしい流れるようなメロウなGtリフ、blast中心のスピーディーなリズムが基本の音作りだ。
自然、森、海などを歌詞のテーマとして選んでいるせいか、fastに突っ走るスタイルであるにもかかわらず、邪悪さは極めて希薄なBlack Metalである。
fastな曲の中に巧みに織り込まれた、アコギの叙情性が随所で光っている。ほぼ全曲で使用されていると言っていいだろう。
ラスト曲では女性Voも堪能できる。
前作は未聴なのだが、ぜひとも聴いてみたいと思わせてくれる、美しいEuropean Melodic Blackだ。


img143.jpg

official

HIDDEN IN THE FOG 「DAMOKLES」

2005.09.17.Sat.11:56
2005年 Germany

ツインGt4人編成Melodic Black Metalバンドの2nd。前作はトータル33分弱という中途半端な長さだったのだが、一応フル扱いらしい(笑)。
一聴しての感想は…「ん?ちょっと感じ変わったかな?」
前作までの荘厳シンフォニック&ドラマティックKeyが影を潜めてしまい(使用されてはいるが)、Progre Metalの要素が前面に出てきたように思う。
クリーンVo詠唱パートが増え、その詠唱がblast beatと共に爆走するパートが印象に残る。この詠唱がどことなくプログレ的だし、GtやDrなどインストパートにもプログレッシヴなものを感じる。
個人的にこの変化は残念だが、これはこれで高品質な作品だと思うし、基本姿勢のMelodic Blackが全く損なわれてしまったわけではない。
#2の2分19秒、#4の1分08秒のGtメロなどは期待通りの素晴らしいものだ。
一応次も買うつもり(笑)。
前作までのうにょうにょロゴが無くなっちゃったのがちと残念だな(涙)。


img164.jpg

official

Serpenterium 「The Withered Spirit Of A Shattered Reality」

2005.09.15.Thu.21:48
2005年 Puerto Rico

Key入りツインGt5人編成Fast Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。
スペーシーなKeyによるイントロダクションに、嫌でも胸が高まってしまう。
続く#2の1分04秒の引き込まれるような深遠Keyメロディに感動!!素晴らしい!!
…しかし後で思い出したのだが、これはCRADLE OF FILTHの「Funeral In Carpathia」のパクリですな(汗)。
まあそのまんまパクリというワケではないので、インスパイアされたのだという好意的解釈もできるが(笑)。CRADLEを思い出したのはここだけだしね。
他では#3、4、6あたりが個人的にお気に入り。
Gtも随所で良いメロディを聴かせてくれるが、特に印象に残るのはやはり分厚く仰々しいKeyと全篇fastに突っ走るDrだろう。ごてごてと装飾された音は、少々好き嫌いが分かれるかも知れない。私は勿論好きな音である。
シンフォニックでメロディアスであると同時に、fastでbrutalな面も持ち合わせているので、意外と幅広い層に受け入れられるのではないかという気もする。
日本では盤の絶対数が少なすぎるけどね(涙)。


76723.jpg
official

Atritas 「in regressu diaboli」

2005.09.10.Sat.12:05
2002年 Switzerland

この手のジャケ&ロゴを見ると、欲しくて欲しくて堪らなくなっちゃうのですよ、私は(笑)。…というワケでバンドメンバーから直買いした作品。
女性Key入りツインGt6人編成Symphonic Black Metal!!
6曲入り、4作目のデモ。1作目のリリースは'97年ということで、結構歴史の長いバンドであるようだ。
壮大でアトモスフェリックなKeyが全篇を覆い、その中をblast beatでfastに爆走していくスタイルのSympho Blackである。
メロウなGtリフもKeyに負けずに大活躍していますよ!
#2の6分01秒からは、なんとヴァイオリンが乱入!!う、美しい!!でもすぐ終わっちゃうのが残念…。
全曲ほぼ疾走&爆走!!く、首が止まらん!!(笑)
シンフォ系はややもすると甘口の音になりがちだが、このバンドの場合は徹頭徹尾爆走しまくっているDrが全体を引き締め、この作品をアグレッシヴなメタルに仕上げてくれているように思う。

正統派Fast Symphonic Black!!!


img163.jpg

official

MORGART 「Die Schlacht (In acht Sinfonien)」

2005.09.08.Thu.20:50
2005年 Switzerland

'90年代に2枚のアルバムを発表したFORSTHの元メンバーによる2人組Orchestral Symphonic Black Metalユニットの1st。FORSTHもいいバンドだったなぁ。
いや、これはかなりの逸品ですよ!!
#1イントロの叙情的Keyメロディを聴いたとき、稲妻の如き衝撃が!!(笑)
「このバンドは一味違う!!」と。
美しく劇的に爆走!!これがウリです(笑)。
中盤からの疾走シンフォパートが悶絶涙モノの#2、5!!
美と暴虐性の調和が見事な#3、4、6!!
どの曲にも、聴いてて「ハッ!」とさせられるパートがある。
全体的に、劇的で叙情的なKey/ピアノのメロディに非凡なセンスを感じる。
捨て曲全くナシの全8曲。素晴らしい!!
こんな凄いバンドがマイナーなところで眠っているのだから、European Metalシーンは実に奥が深い!!


77159.jpg
official

Frost 「Extreme Loneliness-Fragments」

2005.09.04.Sun.12:07
2004年 ハンガリー

FROSTという名のブラックメタルバンドは調べてみたところ5つ存在し、その他にThe True Frostというバンドもいる(笑)。
こちらのFROSTはハンガリー産Key入り4人編成ファストシンフォニックメロディックブラック。現在はKeyが脱退し、トリオ編成のようだ。
2001年リリースの2ndにボーナス5曲追加して再発したもの。
適度にKeyの装飾を施した、聴きやすいメロディックブラックだ。
全曲メロウにシンフォニックに爆走!!まさに私のツボを見事に押さえているバンドである。ジャケ&ロゴもカッコイイしね。
ボートラのうち'99年EPの音源は、本編よりも若干RAWでプリミティヴ寄りな仕上がりになっている。
ラスト曲「Elizabeth Bathory」は、ブラックメタラー諸兄はご存知のTORMENTORのカヴァー。
やはりハンガリアンブラックメタラーにとって、TORMENTORは偉大な存在なんでしょうなあ。


img148.jpg

official

Total Hate 「Total Hate」

2005.09.03.Sat.22:17
2004年 ドイツ

「ぎィやあ??っ!!」て感じのジャケですな(笑)。時々はこの辺も紹介していきたいですね。Seeds of Hateのメンバー2名を含むトリオ編成真性プリミティヴブラックメタル。2002年にリリースされたデモにボーナス3曲追加してCD化。999枚限定。
音のほうはチリチリGtリフによる、典型的RAWプリミティヴ疾走ブラック。ではあるが…
#4、7、9などは、なかなかイントロがドラマティックな劇メロ爆走チューン!!(あくまでプリの範疇内での劇メロだが)これはカッコイイ!!
同じプリ系でもやはりドイツのバンドはメロディにも気を配っていて、個人的に楽しめるバンドが多い。(勿論、到底クサメタラー諸兄に勧められるようなメロではないが)
Drが音をハズしているパートなどもあり失笑してしまうが、プリの世界ではこういうのもアリなのだろう(?)。

良質凶悪(?)メロディックプリミティヴブラック!!


img138.jpg

official

Eugenik 「Tag des Raben」

2005.09.02.Fri.21:19
2005年 ドイツ

TotenburgのメンバーでもあるAsemit氏によるペイガン/ヴァイキングメタル/RACプロジェクトの1st。
音のほうはkey入り疾走型ヴァイキングメタル+ハードコアといった感じ?特に#2はGtリフやVoがほとんどハードコアな曲で、恐らくこの辺がRACなのでしょう(汗)。←RACが何なのかよく分かってない奴
#3はメロディアスな疾走ヴァイキングに、部分的にハードコアVoが参加したような曲。なかなか新鮮で面白い!
#4もハードコアベースの曲だが、女性Voが乱入してきたり、3分32秒辺りからのジャーマンメタル的メロディックGtソロといい(このソロがまた絶品!!)、なんとも掴みどころのない音楽性だ(笑)。
#5以降は、ヴァイキングメタル色の強い曲が続くようになる。
全体的に、Gtソロのメロディが素晴らしい!!流石ドイツのバンドだ(笑)。
前半のハードコア色が気にならなければ、メロディック疾走ヴァイキングメタルとして、かなり楽しめるアルバムだと思う。
ほとんど全曲疾走してますよ!!


20050902214434.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。