スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAASTRAND 「Funeral Moon」

2009.11.22.Sun.22:11
2006年 France

ん?手作り感溢れるジャケが素晴らしい(笑)。
Key入りツインGt5人編成(GtのひとりがKey兼任)Pagan Black Metalバンドの1st Demo。全5曲23:54。ちなみに同名Folk Metalバンドが同郷フランスに、同名BMバンドがメキシコに存在する。
音は湿り気のあるメロウなGtリフが疾走するMelodic Blackといったところか。意外と重量感もある。VoはLow Growl寄り吐き捨てタイプ。
#2終盤スローパートでの正統HMチックメロディアスGtなどはありがち感強いものの、なかなか聴かせる。
#3はクリーンGtから始まる叙情的だが、やや地味めなイントロ。しかし0:48から切り込んでくるディストーションメロディックGtが実にドラマティック!! さらに2:00ジャストでの哀愁泣きメロGtが堪らなくクサい!! 久々にじょばばばばばばーーーーーーっっっ!!! (失禁) ただ後半スローパートは個人的にややだらだらしているかな?。

全体的にはミドルパートが中心で、個人的にはもっとアグレッシヴに爆走するパートを増やせばより強力になるのでは? と感じた。
09年に同郷のBMバンドDAKENHOLDとのSplitをリリースしている。機会があれば是非とも入手したいものだ。
ウェットで哀感漂うメロウなGtが素晴らしい正統Melodic Black!!


img750.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

NOHELLIA 「At the Beginning of the End... 」

2009.05.24.Sun.20:35
2005年 France

Key、女性Vo、女性Gt入りツインGt7人編成Symphonic Black/Death Metalバンドの1st Demo。全5曲19:58。現在は大幅なメンバーチェンジがあり、Key入りツインGt6人編成となっている(女性Vo、女性Gtともに脱退している)。
#1はこのテのバンドのお約束ともいうべき交響曲チックで大仰なKey&クリーンGtによるイントロダクション。
#2はDimmu Borgirを彷彿とさせるミドルチューン。劇的なKeyの味付けが素晴らしい!! ノーマル男性Vo&オペラチック女性Voもイムパクト大だ。この辺のシアトリカルな部分はCOF的か? 部分的にBlast爆走もアリ!! 2:23からエキサイティング爆走!!
#3は美しいKeyイントロからドラマティックに始まる。イイ!! これはかなりの名曲では? 基本ミドルチューンだが、疾走&爆走パートもあり!! 特に1:38からオペラティック女性Voが疾走するパートはまさに美と激情が交錯する素晴らしさだ。3:51からの劇的正統HMチックGtには思わず胸が熱くなる!! ぬおっっ4:14からヒロイッククサメロGtソロ炸裂!! ぷう?ん(爆)。終盤はDeath Metal的リフ&Low Growlも登場する。
#4はやや異色の、クラシカル/シンフォニック度のない曲。男女ノーマルVoとメロディアスなGtが印象的なミドルチューンだ。でもちゃんとGrim Voも登場します(笑)。
ラスト#5はイントロのチェンバロ風Keyが美しい!! 続くへヴィなGtリフ。続いてDeathrash調にアグレッシヴ疾走!! クリーンVoとLow Growlの掛け合い。さらにはGrim Vo&女性コーラスも!!

Dimmu Borgir、COF、THERIONあたりが好きな人であればかなり満足いくであろう高品質大仰クラシカル・Symphonic Black/Death!! フルアルバムが非常に楽しみなバンドだ。
どうでもいいことだが、マイスぺのフレンド覧にヴィヴァルディがいるのが笑える(爆)。


img748.jpg
official
myspace

NEFASTORETH 「In Tenebris Radiorum」

2009.05.17.Sun.10:50
2007年 Italy

ツインGt5人編成Black Metalバンドの1stアルバム。全8曲49:44。
#1はシンセを駆使した荘厳なイントロダクション。イイんだが4分以上とちと長いな(汗)。
#2は適度にへヴィで湿り気のあるメロウなリフが爆走!! ギャアギャア喚くGrim Vo!! やや後ろに引っ込み気味か。しかし方向性はなかなか好みだ。本編は割とスローパート多めか。
#4は爆走しまくりチューン!! 若干スネア音が迫力に欠けるのが残念か。00:29で一旦リズム停止して入るMaiden的メロウなGtフレーズが印象的だ。リフ等に初期BURZUMを思わせる味わいがある。
#5も爆走チューン!! 薄メロGtがイイ!! 特に1:37あたりからの薄メロ展開がドラマティックでカッコイイ!! 後半はミドルパートも入り、メランコリックな味わいを醸し出している。
#6は静寂で不穏なBa?薄メロ裏打ち爆走から始まる。うおっ2:15から入るGtメロがドラマティックで素晴らしい!! 後半はミドルテンポを挟み、再び薄メロ爆走!!
ラスト#8も序盤のメロディック2ビート疾走がカッコイイ曲。しかしそれ以降はミドル?スロー。このスローパートもなかなかじっくりと聴かせる! 後半で序盤のメロディック疾走再び!! 終盤はまたスローに。叙情的クリーンGtが印象的。9分を超える大作だ。

随所にメロウな聴かせどころがある正統Black Metal!!


img740.jpg
official

Nox Mortar 「Between Heresy, Blasphemy And Hate」

2009.03.29.Sun.21:30
2008年 Mexico

ツインGt5人編成Black Metalバンドの1stアルバム。全7曲40:11。
基本的にWar Black系のRawなGtリフで突っ走るViolentなスタイルだが、部分的に聴かせるメロウなパートもある。アウトロの#7を除く全曲が6分?7分台のプチ大作志向。
#1はミドルパート5:05からの妙にキャッチーなコーラスパートが不気味(笑)。
#2は2:23で爆走から突如叙情的パートに突入したりと、意外に工夫が凝らされている。Voは基本絶叫Grim Voiceだが、この曲では後半部分的にLow Growlが入ったりもする。
うおっ#3序盤のメロディック疾走は哀愁Gtがなかなかカッコイイ!! 2:18からのMaidenを思わせるメロディック疾走もPower Metallicでイイな。2:49からの展開も狂おしいGtフレーズの乱舞がドラマティックで堪らない!! 3:59からのややネオクラ寄りGtソロも聴かせる!! この曲はかなり聴かせどころ満載だ。
#4は序盤のへヴィなリフ&ミドルテンポがThrash的で異色な印象を残す。しかし後半4:32からのメロディック爆走がまたカッコイイ!!
#5は序盤でややPaganチック? な漢臭い詠唱がちょっとだけ聴ける。この曲もリフはDeath/Thrash的だな。VoはBMなんだが。しばらく2ビート疾走の後2:58から突如ネオクラGt乱入!! イイ!!
#6はスローパートと爆走パートの対比が印象的な曲。前半地味な感もあるが、後半スローパート5:27あたりからのGtソロがドラマティック!! クライマックスに相応しい展開だ。
ラスト#7はアウトロ的小曲。

一見地味なようでいて、いろいろ工夫が凝らされている点が好印象だ。
なかなか良質なBlack/Death!!


img718.jpg
myspace

NORTHDARK 「Nostalgia」

2009.03.14.Sat.10:22
2007年 Russia

むむっ実に罰あたりなBurning Churchジャケですな!!
以前ウチで紹介したCERBERのメンバーでもあるD.Northdark氏によるひとりAnti‐Christian Black Metalプロジェクトの3rdアルバム。全7曲49:39。限定500枚で俺のは52番。ちなみに彼はこの年に1st?3rdまでを一気にリリースしている。スゲエ(笑)。翌08年には4thアルバムもリリースしている。
音の方はひたすらRawでノイジーなリフが疾走&爆走しまくるPrimitive Blackをクリエイトしている。Voも憎しみを叩きつけるかのような狂気を秘めた生々しいものだ。ひたすらRawに突っ走る楽曲群、Voの生々しさなどからはPunk/Hardcore的な空気も感じ取れる。
でも俺が気に入っているからにはしっかり聴かせるパートもあるんだけどな(笑)。
#2の爆走後のミドルパート3:13からのメロディアスGtにはハッとさせられる。
#3での速弾き系Gtソロにもビックリ!!
#4はゆったりとしたへヴィなスローチューンだが、この曲もメランコリックなGtメロが味わえる。
#5はかなり明確な哀愁メロディラインを持つミドルチューン。と同時にノイジーではあるが。最初インスト曲かと思ってたら、3:31で初めてVoが入るという珍しい曲(笑)。
#6序盤のキャッチーなメロディック2ビート疾走カッコイイ!! ノイジーなリフ&Voとのギャップがまた何とも……。

RawながらもメロディアスなパートもあるPrimitive Black!!


なお、D.Northdark氏は08年12月に自殺している。


img714.jpg
myspace

NERGAL 「Absinthos」

2008.10.04.Sat.16:47
2006年 Greece

Expulsion Angel氏(Key)とHorrendous Infernal Grave氏(Vo、Gt、Dr)による2人組True Hellenic Black Metalユニットの……なんと11年ぶり2ndアルバム!!全7曲30:36。前作1stは1995年リリース。俺がマイナーBlack Metalを漁り始めて間もない頃に買ったアルバムだ。故に実に感慨深いものがある。てかまだ生きてたコト自体スゲェ!!ちなみに同名異バンドが他に6つ存在する(解散しているもの含む)。うち現在も活動しているのはチリとドイツ産で、両方ともBlack Metalだ。
#1はダークで深遠なKeyとおっさんの笑い声(笑)によるイントロダクション。
#2はスタスタと駆け抜ける疾走DrにメロウなGtが気持ち良く流れていくFast Melodic Blackチューン!!路線も1stと全く変わっていないのが素晴らしい!!ヘッドバンギングしまくり!!Keyによるドラマティックな演出もありますよ♪Voは中低音主体のLow Growl寄りGrim Voだ。絶叫パートは正統BM的だが。
オオッ#4のイントロ爆走メロディックGt狂おしくて最高!!Keyの装飾もツボを押さえている!!
#6中盤の叙情的なKeyワークにも心が安らぐ。「心安らぐBMなんてダメじゃん」という人は聴かなくてイイよ。

メロディアスで聴きやすく、それでいて疾走感満点で邪悪さも持ち合わせているBlack Metalだ。90年代半ばのバンド群が持っていたマイナー臭いオーラを放っているのも嬉しい!!
また気が向いたら(笑)新作を聴かせてくれ!!


img630.jpg
myspace

NEFARIUM 「Haeretichristus」

2008.08.22.Fri.23:13
2008年 Italy

ツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Black Metalバンドの2ndアルバム。全9曲35:02。DrのGarghuf氏は最近までGORGOROTHのメンバーだったらしい。
全編怒涛のごとくblast爆走しまくる凶悪極まりないFast Blackであるが、耳に残るGtメロもしっかりとある。特に#2序盤のメロディック爆走パートはかなりドラマティック!!Voはやや中低音域の絶叫Grim Voだ。
タイプとしてはDark Funeralあたりに近い音だと言えるだろうか。マイナーな例えだとドイツのGRABAKあたりも思い浮かぶ。
しかしこの暴虐性溢れる爆走Drは凄いな!!さすが元GORGOROTHだ。

全編凶暴かつメロウな爆走Fast Black!!


img611.jpg
official
myspace
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。