スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OBTEST 「Gyvybes Medis」

2008.05.30.Fri.23:28
2008年 Lithuania

自然派なジャケですな(笑)。
ツインGt5人編成Pagan/Heathen Metalバンド、待望の4thアルバム!!全9曲43:14。
今作はフランス盤はOsmose Productionから、リトアニア盤は従来通りLedo Takas Recordsからリリースされているらしい。ちなみに俺のはOsmose盤。
今作も前作の延長線上にある、爆走Dr&野卑なVo&クサメロGtがフィーチュアされた傑作Metalアルバムに仕上がっている!!
Black Metal的なのは徹頭徹尾爆走しまくるDrくらいで、VoもRunning Wildのようなムサい漢Metal系タイプでガナりながらも一応歌っているし、楽曲もメロディアス&パワフルということで、どちらかというとPower Metal的な音をクリエイトしているバンドである!!一緒に歌いたくなる漢コーラスも随所で聴けますよ!!
#2は初っ端から爆走しまくりのハイテンションチューン!!激エキサイティング!!Voとリズム・パターンから、やや前作の曲と同じようなマンネリ感を感じなくもないが(汗)まあカッコイイので気にしない!!爆走コーラスもイイ!!
#4はミドルテンポでやや地味めに始まるが、流れるようにメロディアスなGtが印象的。1:50から爆走!!ここで突如切り込んでくる悶絶クサメロGtが最高にカッコイイ!!すぐミドルに戻るけど。基本的にミドルチューンなのだが、後半4;23からのムーディーなGtソロの後再び爆走!!Gtもピロピロいいながら爆走!!カッコイイ!!
そして最高級キラーチューン#5!!このイントロの勇壮クサメロGtを聴いてみよ!!True Metallerならば誰もが血をたぎらせ、涙することだろう!!!2:29からのソロもスリリング!!堪らんよ!!
#6の3:13からの爆走Gtソロも劇的で素晴らしい!!鼻血ぶばっっっ!!
#7は曲名が「The Wolf of Steel」!!(爆)これだけで最高!!
ラスト#9はインストミドル曲。やはりメロディアスなGtが印象的だ。
まさにこれこそTrue Metal!!漢Metalファンにはぜひとも聴いて欲しいアルバムである!!

しかし
なぜコレがユ●●●で¥1670(税込)なのか???
激安やんけ!!!
オランダのShopからあんま安くない値段で取り寄せた俺の立場は???(涙爆)
うわあああああああああああああああああああああ



img136.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

OBTEST 「IŠ KARTOS Į KARTĄ 」

2005.12.25.Sun.10:28
2005年 Lithuania

4人編成Pagan/Heathen/War Heavy Metalバンド、待望の3rdアルバム!!!
初っ端から#1のイントロで悶絶!!0:22からクサメロ疾走&野卑なムサい漢Voice!!カ、カッチョエエ!!!さらに0:44からたたみ掛けるblast&クサGtメロの応酬でノックアウト!!(早い)これは失禁モノのカッコよさ!!もうオレをどうにでもしてくれ?!!ってな感じですよ(笑)。このクサメロと疾走感!!首が止まらない!!止まらねえよ!!いやこれは久々に来た一撃必殺の名曲だなあ?。
この感動的クサGtメロディは、Running Wildを筆頭とする一連のGerman Metal勢にも通じるものがあるよな?なんて思っていたら…#3のイントロでずり落ちました(笑)。おい、これはモロだろ?(笑)モロにRunning Wildメロディだろ?というか、ぶっちゃけパクリなんですけど(爆)。ああっ3:48のGtメロにまた悶絶!!
#4もカッコイイ疾走チューン!!メロディックblastパートに爆死!!1:08からのGtソロがまた堪らねえええ!!!
#7もイントロからしてなかなかRWクサい(笑)。0:38からの勇壮漢クサGtメロディ!!鼻血出しまくりですよ(笑)。
#8のGtソロの4:08あたりからの展開もスリリングで素晴らしい!!心拍数上がりっぱなし!!しかしなんでこうも心揺さぶるメロが作れるかなぁ?。
#9のGtソロもRW!!とことんRW!!!(笑)
とにかく全篇疾走&クサメロGtの嵐!!マジでこれは全盛期Running Wildの再来か?と思わせる内容とクオリティ!!(彼らはこの評価をどう受けとめるか分からんが)
このバンドってこんなに良かったっけ?と慌てて1st、2ndを聴きなおしましたよ(笑)。2ndもかなり良いが、やはり本作が最高傑作でしょうな?。

私は今、この素晴らしい感動を一人でも多くの人に感じてもらいたいという気持ちと、いつまでも独り占めしていたいという2つの矛盾した想いを胸に抱いている。
あ?当分こればっか聴きまくりそうだわ。


img211.jpg

official
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。