スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dark Fortress 「EIDOLON」

2008.04.27.Sun.10:59
2008年 Germany

Key入りツインGt6人編成Black Metalバンド、待望の5thアルバム!!全9曲52:19。
Voが今作より前任者のAzathoth氏から同郷のDeath/ThrashバンドNONEUCLID在籍のMorean氏に交代している。全然気付かなかったけど(汗)。
#1は壮大でスぺーシーなKeyをバックに据えた、Dark FortressらしいSwedish Black的メロディを絡めたblast爆走チューン!!2:29からのメロディック爆走は期待通りのカッコよさ!!
#2もかつてのDark Fortressらしさを感じさせる爆走チューン!!1:42からのクリーンGtによるスローパートなどは深遠で吸い込まれるような魅力がある。
#4はひたすらBrutal&ストレートな爆走チューン!!ヘッドバンギング!!小休止スローパート1:40あたりからのエモーショナルなGtメロディも堪らん!!
#5は前作を彷彿させるミドル?スローチューンだが、後半のGtソロがなかなか聴かせる!!
#7は本作のハイライトともいえるDark Fortress節大炸裂のメロディック爆走チューン!!激エキサイティング!!深遠なKeyの使い方もイイ!!後半2:47以降はミドル?スローテンポに。終盤で再び爆走!!

Key入りでありながらKeyはひたすら抑えめ(正式メンバーとしていらないんじゃないかと思うほど笑)の、あくまでGtオリエンテッドなFast Melodic Black Metalアルバムである(2ndはSymphonicな作風だったが)。
前作4thはミドル?スローテンポの曲が多くメロディも抑えめな、Progressive/Avantgarde的アプローチも試みたカオティックな作風で、彼らとしては異色作であった。次はどうなるのか?と正直かなり不安があったのだが、今作は思いきり原点回帰……1stや3rdに近い作風となっている(前作を思わせるミドル?スロー曲もあるにはあるが)。ファンはとりあえずひと安心といったところだろう。
これぞ正統Fast Melodic Black!!!


img120.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

DARK FORTRESS 「SEANCE」

2006.04.15.Sat.23:52
2006年 Germany

Key入りツインGt6人編成German Fast Melodic Black Metalバンド、待望の4thアルバム!!今作は大手Century Mediaからのリリースだ。
前作までは(余談だが1st、2ndはKris Verwimp画伯によるジャケのアートワークが素晴らしい!!)メロディアスなGt、シンフォニックなKeyを活かしたキャッチー度の高いBlack Metalをクリエイトしていたが、今作ではそのキャッチー度が若干低くなり、ミドル?スローパートやNorwegian的RAW&PrimitiveなGtリフを取り入れ、Black Metal本来が持つ暗さ、不穏さ、冷徹さ、禍々しさ、混沌などを前面に出した、ややTrue Black寄りのアプローチを試みている。前作までの正統メロブラを求めていたファンは、少々戸惑う音かも知れない。まあキャッチー度が低くなったといっても失われたわけではなく、ちゃんと随所に耳に残るメロディーは配置されているのだが。
#1はNorwegian Black的な冷徹メロディーをフィーチュアした爆走チューン!!やはり1stの頃のメロディーとはちょっと違うな(笑)。若干ヘヴィなリフを押し出したパートもあり、初期には希薄だった危険かつ凶暴な薫りが感じ取れる。
#2はミドル?スローテンポの地味な出だしだが、0:48からGtがドラマティックなメロを奏で、1:11からblast爆走!!うおっ2:51から正統ヨーロピアンHMチック泣き泣きGtソロ炸裂!!感動!!ここはちょっと1stっぽいな(笑)。
#3はダークなメロディーのスローチューン。
#4もスローテンポのややDoomyな出だし(といってもリフは重くないが)。おっ1:43からチェロ(多分…汗)乱入!!ストリングスはイイねぇ♪この混沌としたダークさはやはり初期にはなかったものだ。
#5は鬱憤晴らしの如く初っ端からblast爆走!!彼らにしては珍しくメロ皆無で突っ走る!!と思ったら1:53から突如メロディアスに(笑)。やはりこうじゃないとね(笑)。メロディックblast爆走!!
#6はSwedish Black調メロディック爆走チューン!!この曲も初期の彼らの面影を感じさせるパートがある。
#7はまたスローテンポのDoomyな曲。リフも若干ヘヴィなものになっている。
#8では再びストリングスが乱入し、聴く者を感動させてくれる。どことなく'70年代イタリアンロック的ダークさも感じ取れる。
#9もミドル?スローチューン。地味めな感もあるが(汗)、2:14からのGtソロはなかなか良い!!
ラスト#10もミドルチューン。初期を彷彿させるメロウなリフが素晴らしい!!特に3:43からのメロ展開に涙!!

後半をも少しFast&アグレッシヴに盛り上げて欲しかった感はあるが、全体を見渡せば爆走パートは健在だし、彼ららしいメロディアスGtも味わえたので、私は概ね満足である。
日本でブレイクする気配が全くないバンドだが(涙)、大幅な路線変更がないかぎり、私は彼らを応援し続けるだろう!!!


img307.jpg

official
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。