スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATRITAS 「1999-2001」

2009.02.14.Sat.22:52
2008年 Switzerland

ツインGt5人編成Symphonic Black Metalバンド(現在Keyは不在らしい)の99年のDemo「Rising Of Eternal Dusk」と01年のDemo「Dunkler Reigen」を2枚組Digipakで再発したもの。

「Rising Of Eternal Dusk」は全7曲38:34。この頃は女性Key入りツインGt5人編成(GtのひとりがBa兼任)。
#1は美しくリリカルなKeyから幕を開ける。35秒ほどで爆走!! Gtリフはシンフォ系BMにしては割と厚めでへヴィ。爆走&疾走しながらも美しいKey/ピアノが鳴り響く。この頃は恐らくDimmu Borgirあたりをお手本にしていたのではないかと思われる。まさに正統派Symphonic Blackという感じだ。Voは正統高音絶叫Grim Voice。やや後ろに引っ込み気味か。
#4ではアコギとピアノのミックスによるイントロが実に美しい!! 叙情美センスに関してはかなりのものを感じさせる。その後即爆走!! このパターンが得意らしい(笑)。
#5のイントロKeyはややProgressive/Symphonic Rock的でオッ? とさせられる。全編にわたってのメロウなGtリフも印象的だ。
#6はイントロのシンフォKeyに続く正統HMチックGtがドラマティックでイイ!! 序盤はスローテンポ。
1:32から爆走!! ややリズムがもたっているが(汗)まあ気にするまい。中盤のピアノ・パートもイイ!! そして後半4:01からのドラマティック爆走が実に堪らん!! 
ラスト#7は初っ端から爆走!! イントロのメロウなGtが素晴らしい!! スネアの音が前面に出ると最高なんだが……。中間部ミドルパートの幻想的なKeyもイイな。後半のシンフォニック爆走もエキサイティング!! この曲が本作中キラーチューンだな。
後半がかなり充実した印象を残した。

「Dunkler Reigen」は全8曲45:08。女性Key入り6人編成。何人かメンバーチェンジがあり、女性Keyも前作とは別の人だ。
珍しく#1はKeyなしで爆走からスタート!! でも20秒ほどで入るけどね(笑)。しかし……スネアの音が酷い!! 前作より酷いってどういうことだ? (爆) 全くリマスター等されてないようだが、せめてここだけでも改善して欲しかったな。1:47から前作同様Keyが前面に出る。終盤アコギも入りますよ。
#2は初っ端からBlast爆走!! スローパートでのメロディアスなGtがイイ。4:04からのクリーンGt爆走パートが叙情的でイイ!! 終盤のコールドKeyも寒々しく印象的。
#5、6あたりのシンフォニック爆走も美と暴虐が共存していてイイ!! 
#6が爆走中、急に終了し間髪入れず#7の疾走イントロに移るところもカッコイイな。1:00ジャストからの爆走メロウ・リフも素晴らしい!! 3:15から雄大なシンフォ疾走!!
ラスト#8は叙情的アコギから入り、30秒ほどでシンフォニック爆走!! ここ堪らなくドラマティック!! 胸が熱くなる!! 2:17からリリカル幻想シンフォニック爆走!! 心安らぐよ。

正統シンフォ系として実に貴重ないいバンドなのだが、正統的すぎて(笑)やや個性に欠けるのが難点だろうか。
最新作「Medium Antigod」はこの頃に比べるとシンフォニックKeyよりも暴虐的リフ&リズムが前面に出た作りになっており、DimmuタイプからEMPERORタイプに移行しつつあるのかな、という印象を受ける。
美しいKeyワークをじっくり堪能したいのであればこちらがおススメだ!! 音質は劣悪だが(苦笑)。


img697.jpg
official
スポンサーサイト

ATRITAS 「MEDIUM ANTIGOD」

2007.12.01.Sat.11:56
2007年 Switzerland

しかし地味なジャケだな(笑)。
女性Key入りツインGt6人編成(現在はKey不在の5人編成)Symphonic Black Metalバンド、待望の2ndアルバム!!全10曲53:53。今作からCCP Recordsに移籍したようだ。バンド側は現在Keyを募集中とのこと。
それはさておき今作も前作の延長線上にある、正統Fast Symphonic Black Metalが貫かれている。
#1は荘厳でドラマティックでシンフォニックなお約束的(笑)イントロダクション!!即座に#2がblast爆走で畳みかける!!エキサイティング!!シンフォニックミドルパートとメロウなblast爆走を交互に聴かせる。Voは線の細い、カン高い絶叫Grim Voiceだ。
#3も序盤のメロディックblast爆走がカッコイイ!!ただし本編はミドル?スローパートがメインか。後半3:11から再びメロウに爆走!!ヘッドバンギング!!!
#5もひたすら爆走チューン!!終盤近く5:17からの荘厳Keyフレーズが中世チックで素晴らしい!!
#7「Das Tier」はどっかで聴いた曲だな?と思ってたら、2002年リリースのDemo「In Regressu Diaboli」収録曲でした(汗)。この曲はやはり終盤のヴァイオリンがハッ!とさせるほど美しい!!メンバーもお気に入りの曲なのね?きっと。

あまりにも音楽性が変わっていないので(笑)新鮮味に欠けるきらいが無きにしもあらずだが、その分前作が気に入っているという方は安心して楽しめるクオリティの作品となっている。
荘厳かつ暴虐的なSymphonic Black!!


img019.jpg

official

Atritas 「Where Witches Burnt」

2007.03.17.Sat.15:22
2004年 Switzerland

女性Key入りツインGt5人編成Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。
#1は邪悪かつ荘厳なKey&語りによるイントロダクション!!ファンタジー映画の序章を思わせるドラマティックさだ。
#2は30秒弱のスローテンポイントロの後、blast爆走!!この非情な乾いたリフはEMPERORの2ndを想起させる。20秒ほどでミドルに。薄メロGtが心地よい。スローテンポを挟み、再び爆走!!1:44からのメロディック爆走パートがカッコイイ!!思わずヘッドバンギング!!2:31で入って来るKeyがまた劇的!!3:12からのスロー?ミドルパートのGtメロもよい!!
#3はDIMMU BORGIRチック荘厳Keyによるイントロが素晴らしい!!0:26からシンフォニックblast爆走!!堪らん!!0:59からの爆走パートは激エキサイティング!!そして1:30スローパートでの美しいKey!!1:56から入って来るGt!!イイ!!まさに美しさと凶暴性の共存するSymphonic Blackのお手本のような曲だ。
#4はスローテンポに不穏なメロディのGtが印象的なイントロからメロディックblast爆走に雪崩れ込むところがカッコイイ!!後のシンフォニックミドルパートもなかなか印象的だ。
#5はひたすら暴虐的な爆走チューン!!シンフォニックスローパートとのコントラストが巧みである。1:34からの2ビート疾走からblast爆走に雪崩れ込むパートが激エキサイティング&ドラマティック!!燃える!!
#7の薄メロ疾走Gtもイイ!!
#9の壮麗Keyをバックに叫ぶ邪悪なGrim Voも素敵だ(笑)。
ラスト#10もシンフォニックミドルパートとblast爆走パートのコントラストがイイ!!

暴虐的爆走Dr、薄メロGt、荘厳シンフォニックKeyが特徴だといえるだろう。
前作Demoで聴けたヴァイオリンが姿を消してしまったのが残念……次作に期待したい。
EMPEROR+DIMMU BORGIRとでもいうべきスタイルの正統優良Symphonic Black!!


img457.jpg

official

Atritas 「in regressu diaboli」

2005.09.10.Sat.12:05
2002年 Switzerland

この手のジャケ&ロゴを見ると、欲しくて欲しくて堪らなくなっちゃうのですよ、私は(笑)。…というワケでバンドメンバーから直買いした作品。
女性Key入りツインGt6人編成Symphonic Black Metal!!
6曲入り、4作目のデモ。1作目のリリースは'97年ということで、結構歴史の長いバンドであるようだ。
壮大でアトモスフェリックなKeyが全篇を覆い、その中をblast beatでfastに爆走していくスタイルのSympho Blackである。
メロウなGtリフもKeyに負けずに大活躍していますよ!
#2の6分01秒からは、なんとヴァイオリンが乱入!!う、美しい!!でもすぐ終わっちゃうのが残念…。
全曲ほぼ疾走&爆走!!く、首が止まらん!!(笑)
シンフォ系はややもすると甘口の音になりがちだが、このバンドの場合は徹頭徹尾爆走しまくっているDrが全体を引き締め、この作品をアグレッシヴなメタルに仕上げてくれているように思う。

正統派Fast Symphonic Black!!!


img163.jpg

official
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。