スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black Messiah 「First War of the World」

2009.04.28.Tue.23:58
2009年 Germany

Zagan氏(Vo、Gt、 Violin、Mandolin)率いるKey入りトリプルGt6人編成哀愁クサPagan/Viking/Black Metalバンド、待望4thアルバム!!! 全13曲64:41。前作に輪をかけたようなB級丸出しジャケが素晴らしい!!(爆)
#1はおっさんの語り&SEのみによる3分弱のイントロダクション。MANOWARの「The Warrior's Prayer」みたいなもんだ。日本人にはちとキビシイ始まりだな(苦笑)。コンセプトアルバムのようだが……。
続く#2は激クサドラマティックGtイントロからBlast爆走!! いきなりじょばばばばばーーーーーーーっっっ!!! (大失禁)このクサGtは中期Running Wildを思わせるドラマティシズム!! そう、まさに爆走するRunning Wild!! すなわち究極のMetal!!!(俺にとって)
0:36から2ビート疾走に。0:59からのやや田舎臭いGtメロもイイ!! Zagan氏のムサい中低音吐き捨てVoiceも健在だ。スローパート1:47からのGtメロがまた郷愁を誘う!! 涙!! その後再び疾走!! 2:34からクサメロBlast爆走!! ぶび●●●●●●ーーーーーーーーーっっっ!!!!!! (大脱糞)さらに5:02からドラマティック2ビート疾走!! ぶば●●●●ーーーーーーーーってかこの辺はモロに古き良きGerman Metal!! 堪らん!!
#3は旧作にもあったタイプのクサ哀愁ヴァイオリン鳴りまくりチューン!! ぷう?ん(爆)。Zagan氏がダミ声で歌いまくるFolk色強い曲。笛も入るぞ!! 基本ミドルテンポだが、1:33から劇的勇壮爆走!! 2:03からの哀愁泣きメロがクサすぎるくらいにクサい!! 俺がクサすぎるというのだから相当クサいのだ!! オオッ!! イクッ! イクウウウウウウウーーーーーーーーッッッ!!! びゅるっ! びゅるるるるううううーーーーーーっっ!!! このどこか懐かしいメロディ、やっぱお前ら日本人だろ? うはああああああっっっぷ4:07からのヴァイオリンソロはNew Trollsもビックリなほどクラシカル!! その辺の様式美バンドなど裸足で逃げ出すだろう!!! 終盤で再び勇壮爆走&クサ疾走!! もうニヤニヤが止まらねえよ!!!!
#4は彼らにしては若干ストレートな2ビート疾走チューン。Power Metallicで硬質な印象。しかしやはりクサさを忘れてはいない! 2:50からのクサメロ疾走Gtソロが悶絶級に堪らん!! またイクびゅるるっるるるるうううーーーーーーーっっっ!!!!!
また語りのみの#5に続く#6はミドルテンポから始まる。随所でクサい! アップテンポになる2:22からがまた感動を呼ぶクサ疾走!! 何故このバンドはこんなにも泣けるのか??? うおおおっっ3:19からのメロディック疾走はまさに正統German Metal!!! 
#7は序盤はやや地味めなミドルテンポ。しかし1:21からの勇壮薄メロ爆走がまた堪らん!! この辺はBlack Metal色が強いかもな。スローパート4:33からのヴァイオリンソロがまた哀愁!! 特に5:25からのくだりに感動!! 
#8もモロにMANOWAR「The Warrior's Prayer」なおっさんの語り&SE。てかパロディじゃねーの? というぐらい似てるな。
#9はMaidenを思わせるメロディック裏打ち爆走からスタート!! ミドルパート0:37からのGtメロがまたヒロイックかつ哀愁!! さらに「Keeper?」時HELLOWEENを思わせる疾走!! これもGerman Power Metal色が強い曲だ。てかほとんどがそうだな(笑)。
#10は再びヴァイオリンをフィーチュアしたミドル?スローテンポから始まる。しかしZagan氏のVoが始まると共に疾走!! スローパート2:34から入る詠唱も朗々としていて良いな。その後Zagan氏のGrim絶叫と共にBlast爆走!! バックで鳴るヴァイオリンがまたイイ!!
#11も語り&SE。
#12はヴァイオリン&アコギによるスローバラード調の曲。泣けますな!! 朗々としたノーマルVoが良い。これもZagan氏なのか? 中盤の盛り上がりは感動モノ!! しかしそれだけではない!! 曲が終わるのか? と思わせる6:35からさらに劇的にクラシカルに盛り上がりBlast爆走!!!! た、堪らねえええ恵ええーーーーーーーーーーっっっ!!!! 死ぬううううううううぶぼば●●●●●ーーーーーーーーっっっ!!!!! 
ラスト#13は笛をフィーチュアした牧歌的なイントロから始まるFolk色強い疾走曲。VoはノーマルVoで、野郎複数名で合唱している。1:50からヴァイオリンがクラシカル疾走!! マンドリンも活躍!!
個人的には劇的感動曲#12で締めて欲しかった気もするが、まあこのクオリティを前に細かいことは言うまい。#13はボートラだしな。

作風としては2ndに近い印象を持った。
しかし個人的には彼らのアルバム中でも最高傑作と呼びたい出来映えだ!!
てかもう2009年ベストアルバムはコレに決定!!!!!!


225555.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

Black Messiah 「OF MYTHS AND LEGENDS」

2007.04.28.Sat.19:13
2006年 Germany

疾走クサPagan/Folk/Viking/Black MetalバンドBlack Messiahの3rdアルバム!!
本作レコーディング時はKey入りツインGt6人編成。リーダーのZagan氏はVoの他Gt、ヴァイオリン、マンドリン兼任。Ba、Key、Drは既に脱退。Ba、Keyは新メンバーが加入し、現在は5人編成。Drは募集中とのこと。
#1はKeyによる壮大ながら穏やかな印象のある約2分のイントロダクション。
#2は期待通りのメロディック爆走チューン!!blast beatにメロウなリフ!!これぞBlack Messiah!!Zagan氏の中音域Grim Voも健在だ。中盤でミドルテンポになるが、またすぐ爆走!!3:41からのメロディック2ビート疾走パートはPower Metalファンもガッツポーズ&ヘッドバンギングしそうなカッコよさだ。
#3はクサいヴァイオリンが堪らないミドルパートで始まり、0:32から裏打ち疾走。0:56から高速2ビート疾走!!2:36からミドルになり、再びヴァイオリンソロが堪能できる。アグレッシヴ疾走パートと、優雅なヴァイオリンミドルパートの対比が見事な曲だ。
#5は民謡テイスト溢れるヴァイオリンが見事なミドルチューン。歌メロも民謡チック。笛も聴けますよ!!
#6はオーセンティックHM風なイントロが新鮮(笑)。前作で聴けたような心安らぐ感動的シンフォメロが2ビート疾走!!終盤3:24ではblast爆走!!!素晴らしい!!この曲が本作中いちばん好きかな?。
#7のイントロはGAMMA RAYがやりそうな(笑)大仰さ!!やはり独逸産ですのう(感涙)。1:24から爆走!!
#8はクラシカルで優雅なヴァイオリンによる2分強のインスト曲。New Trollsとかのクラシカルロック好きな人にも聴いて欲しい美しさ!!
#9はやや地味めなミドルチューンだが、後半で聴けるヴァイオリンソロが素晴らしい!!
#10はDschinghis Khan「Moskau」のカヴァー。この曲って有名なんですか?(汗爆)。私は知りませんでした(無知)。原曲と聴き比べてみたが、Black Messiahオリジナルとして聴いても違和感がないほど彼ら流にアレンジされている。覚えやすいサビメロが○。ところでこのイントロ、HELLOWEEN「Future World」に似てない?(笑)
ラスト#11はひたすら爆走のアグレッシヴチューン!!彼らにしてはストレートな曲だ。

メロのクサさでは個人的に前作のほうが上かな?という印象だが、今作も決して悪くはない。ヴァイオリン、メロディ、疾走&爆走を愛するMetalファンなら全員必携のアルバムである!!
あとジャケは今作の勝ち(爆)。最高でしょうコレは!!


img473.jpg

official
myspace

Black Messiah 「OATH OF A WARRIOR」

2007.03.17.Sat.09:50
2005年 Germany

Key入りトリプルGt(収録曲大半の作曲を手がけるリーダーのZagan氏がGt、Vo、ヴァイオリン、マンドリンを兼任)6人編成Symphonic Viking/Black Metalバンドの2ndアルバム。現在はまたメンバーが入れ替わっており、Dr不在の5人編成となっている。
2ビート疾走にクサい泣きのGt、そしてヴァイオリンが音の要となっており、特に#2、3のGtソロ、#3後半のポルカ的(昭和歌謡的?)メロディはあまりにもクサすぎで、「お前ら実は日本人だろ?」と問いつめたくなる(笑)。
#4、7の哀愁クサヴァイオリンソロも素晴らしい!!特に#7の4:30前後のくだりは悶絶級!!!イけます(爆)。
#8はスローチューンだが、この曲ではZagan氏の漢の渋みが効いた歌声が堪能できる。この曲のヴァイオリンソロもイイ!!
#10は全篇blast爆走!!その上なんと女性Vo入り!!爆走Fast Melodic Blackの名曲!!!4:20からのGtソロがまたクサい!!さらにポルカ調パート再登場!!盛りだくさん過ぎ!!(笑)
ラスト#11は古色蒼然たるKeyのイントロが逆に新鮮な曲。序盤スローテンポだが1:40からblast爆走!!

とにかく全篇悶絶クサメロ満載の名作!!


img456.jpg

official
myspace

Black Messiah 「Sceptre Of Black Knowledge」

2005.08.28.Sun.21:26
1998年 ドイツ

今年リリースされた7年振り(!)の2ndアルバム「Oath of a Warrior」で、最高級クサメロ疾走ヴァイキング/ブラックメタルを聴かせてくれたバンドの1stアルバム。
この頃の正式メンバーは中心人物のZAGAN氏(Vo、Gt、Ba、ヴァイオリン、マンドリン)と、NABAHM氏(Dr)の2人のみだったようだ。
邪悪なオーラ溢れるジャケを見れば分かるように、この頃は現在よりも若干ブラックメタル寄りの音を出している。
が、7年のブランクがあったということを考えると、驚くほど音楽性に変化はない。
ファストメロディックブラックに、民謡/フォーク調メロディを導入したスタイルだ。
#2の7分14秒、#3の1分46秒のクサ民謡/歌謡曲調メロディは、現在の作風に通じるものだ。ヴァイオリンもこの頃から既に活躍している。素晴らしい!!
ZAGANさえいれば、基本的音楽性が大幅に変わることはないのだろう。
#7はkeyを大幅に導入した、シンフォブラックの名曲!!
#4では女性Voパートも聴くことができるし、まさにメロディックブラックの隠れた名盤だ!!!
ちなみにLast Episodeから出てたんですねぇ。


img159.jpg

official
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。